保育園と幼稚園のどっちがいい?子供とママのメリットとデメリット!

保育園と幼稚園のどっちがいいか?悩みますよね?保育園は0歳児から入園できて長時間預かってくれるて、幼稚園は3歳くらいから預かってくれる。という違いは知っていても、詳しい違いってよくわかりませんよね?娘を入園させる時に調べましたので、保育園と幼稚園の違い、子供と母親にとってのメリットやデメリットをまとめました。

 

保育園と幼稚園の違い

保育絵と幼稚園の違い-1

 

保育園と幼稚園は、未就学児が登園する場所という点では共通していますが、そのほかのところでは異なるところがあります。もちろん園それぞれによって特徴があって違いがありますが、基本的に保育園と幼稚園では違うところがあります。まずは、保育園と幼稚園の違いについて簡単に紹介します。

 

保育園とは

保育年齢対象:0歳から小学校入学前までの乳幼児

標準的な保育時間:7時半から18時ころまでで標準保育時間は8時間くらいまで

保育料:自治体が保護者の所得に応じて設定します。

給食:給食を出すことが義務です。

管轄:厚生労働省

 

幼稚園とは

保育年齢対象:3歳になった春から小学校入学前までの幼児

標準的な保育時間:9時から14時頃まで延長なしで標準保育時間は4時間くらい

入園料:私立は設置者が設定し、公立は自治買いが設定

給食:任意になりお弁当のところが多い。

管轄:文部科学省

 

最近では、幼稚園でも14時くらいの園の時間が終了しても預かり保育をしているところもあります。ご自分の住んでいる近くの幼稚園や保育園の情報を収集してみましょう。

 

保育園と幼稚園の目的の違い

 

管轄の違いからか、保育園は保護者のかわりに養育をする場所ですが、幼稚園は教育を行う場所という位置づけになっています。

 

保育園と幼稚園のメリットデメリット

保育園と幼稚園のメリットとデメリットを、子供視点と母親視点から紹介していきますね。

 

保育園のメリット

保育園の場合は、ママの負担が軽いです。両親とも事情により昼間は子どもの養育が難しいということが前提になります。そのため、ママの負担が軽くなるようになっています。

 

保育園では給食が義務づけられているのもそのためですし、親が参加するべき行事もなるべくすくなくなっています。共働きの世帯にとってはありがたいですよね。

 

また、保育園ではたくましくなるといわれています。それは、小さい頃から親元を離れて集団生活をするためです。先生がぴったりとくっついてくれているわけではありません。そのため自分のことは自分でするようになり、自立するのが早くなるといわれています。

 

また、入園が0歳からなので、年代の異なる子供達と触れ合うことが出来るので、コミュニケーション力もつき、同じ3歳児でも保育園児と幼稚園児とでは前者の方がたくましく育つ傾向にあります。

 

そして、給食が義務付けられているため、食育になるといわれています。いろいろなものを食べるため、好きなものだけを持参する弁当が多い幼稚園とは違い、出されたものを食べることになるからです。

 

保育園のデメリット

 

デメリットですが、保育園に預けていると働くママすべてが感じることかもしれませんが、『子どもと過ごす時間が短くなる』ことです。保育園では、行事も少ないので保育園に行くこともないので、子どもに手をかける時間が少なくなっていきます。

 

夕方帰ってきて、お風呂に入れてご飯を食べたら寝るだけという場合も多いです。そうなると土日などのお休みの時くらいしかしっかり向き合える時間がないということも。

 

そのため、子どもが寂しい気持ちになることも。保育園から帰ってきてきちんと向き合ってあげる時間をとってあげたいですね。

 

ママ友は、子供が入園してからしばらくの間、子供が「抱っこして!」とずっと膝から離れなかったそうです。そのため、夕飯の準備はすぐに終わるように、時間のある時に用意しておいたと言っていました。

 

幼稚園のメリット

 

幼稚園は行事が保育園よりもたくさんあるため、クラスメイトとの距離が近くなり親しくなります。子供はもちろん、ママ同士も交流する機会が多いです。

 

保育園に預けているママさんたちは仕事を持っているケースが多く、行事もほとんどないため、ママさん同士が交流する機会は少ないですが、幼稚園の場合は行事が多いこともあり、ママさん同士の交流の機会が保育園に比べて多いです。

 

幼稚園のデメリット

 

親が子供と接する時間がとれます。幼稚園は保育園と違い、子どもが家に帰ってくる時間が早いので親と過ごす時間がとれます。また幼稚園は保育園とは違い親が参加しなければいけない行事も多いため、子供に手をかける時間が増え思い出も多くなります。

 

ただ、その分ママの負担が大きいです。お昼ご飯がお弁当のところが多かったり、参加する行事が多かったりするため、忙しくなります。そのため、自分の生活リズムに合うような園がみつかるといいですよね。

 

  保育園 幼稚園
年齢 0歳児~ 3歳~
昼食 給食 弁当持参が多い
預ける時間 約8時間 約4時間
管轄 厚生労働省 文部科学省
費用 所得による 施設による
行事 少ない 多い
目的 養育 教育
メリット 食育
異なる年代の子供と交流
自立が早い
クラスメイトとの交流が濃い
家族との交流時間が持てる
デメリット 家族との交流時間が短い ママの負担が多い

 

 


スポンサーリンク

まとめ

 

保育園と幼稚園のメリットやデメリットをまとめました。結論としては、それぞれの特長もありますので、一概にはいえません。子どもの性格によっても変わってきますし、住んでいる環境やライフスタイルによっても変わってきます。

 

幼稚園は働くママには、預かり時間が短くて難しかったのですが、最近は、預かり保育をしている幼稚園も増えてきて選択の幅が増えました。

 

子どもが楽しく過ごせて、健やかな成長をしてくれるのが1番です。子ども自身が自分で園を探せないので、ママができる限りでよい環境を与えてあげられるといいですね。