NHK

NHK

連ドラ『カーネーション』の最終回のあらすじと感想

nhkの連ドラ『カーネーション』はファッションデザイナーのコシノ三姉妹の母親、小篠綾子さんの生涯を描いたドラマ。連ドラの中で一番好きになったドラマですが、特に最終回は感動しました。最終回の簡単なあらすじと感想をまとめました!
NHK

イゾラド 部族最後のひとり|NHKスペシャル「アウラ 未知のイゾラド 最後のひとり」

部族で唯一の仲間を亡くし、言葉が通じる相手もいなくなり、一人で生きるアウラと名付けられたイゾラドの16年間の記録がNHKスペシャルで放送されました。唯一の仲間を失い、『死』という単語で言語学者に何かを伝えようとするアウラ。