ドクターX5話のあらすじと感想!背中にメスを入れたくない理由とは?

スポンサーリンク

ドクターX5話のゲストは岩下志麻と山下容莉枝!日本看護師連合会名誉会長である三原雅恵(岩下志麻)は、ダンベル型神経鞘腫だと分かりますが東帝大学病院でのオペを拒否。実は彼女がオペを受けたくないのにはある理由があったのです。その理由とは…?

 

ドクターXは、今ならU-NEXTで配信中です!あらすじにはネタバレを含みますので、知りたくない…、と思ったら動画を見てくださいね♪登録はもちろん無料です^^*
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
スポンサーリンク

ドクターX第5話のあらすじ

【第5話の放送日時】2019年11月14日(木)21:00~21:54

 

【ゲスト】
三原雅恵(岩下志麻)
日本看護師連合会名誉会長で春日のお局と言われています。シングルマザーで一人息子がおり、未知子には以前孫がお世話になり今ではひ孫もいます。白州民枝(山下容莉枝)
東帝大学病院の看護師長として看護師達をまとめています。三原のオペを成功させる為に看護師達と一丸になる姿が見られました。

 

パリに行ったニコラス丹下(市村正親)から好きなだけオペをして良いと言われた大門未知子(米倉涼子)は、オペを連続して行おうとすると助手の看護師達は講演会に行ってしまいました。

 

残った大間正子(今田美桜)がオペの看護師を希望しますが、慣れていない為に断られてしまいます。

 

日本看護師連合会名誉会長の三原雅恵(岩下志麻)が東帝大学病院にやって来ると、蛭間重勝(西田敏行)と蛭間華子(藤真利子)が出迎えました。

 

働き方改革について講演する三原は、賄賂や談合は行わないという話や患者の為なら過労死しても良いと話します。昭和ともいえる考え方に対して浜地真理(清水ミチコ)は、看護師長の白州民枝(山下容莉枝)に労働基準監督署にバレたら大ごとになると言うのでした。

 

浜地は三原の講演会を強制的に終わらせます。
東帝大学病院を去ろうとする三原を看護師達が追いかけて来ました。

 

その時、腕にタトゥーをしているカップルの男性を杖で叩いて注意しました。親からもらった体に傷をつけるなということ、タトゥーを入れることによる病気のリスクを話します。

 

通りかかった未知子には、孫を治してもらったお礼を言いますが、服装や言葉づかいがドクターらしくないと注意しました。

 

未知子は右胸を押さえた三原の様子が気になります

 

加地秀樹(勝村政信)と原守(鈴木浩介)と多古幸平(戸塚純貴)は、ガールズバーに飲みに行くことにしました。

 

潮一摩(ユースケ・サンタマリア)と村崎公彦(藤森慎吾)も誘いますが、論文があるから断られてしまいました。飲みに行ったガールズバーのナースステーションには正子の姿がありました。実家への仕送りの為に働き始めたのです。

 

さらに、そこには飲みを断ったはずの潮と村崎もいました。会話を聞いたところによると常連のお客さんのようでした。

 

海老名敬(遠藤憲一)は、三原の家に講演会のことを謝りに行き、蛭間からのおわびの品を渡しますが、賄賂が嫌いな三原は箱の底にある賄賂を見てお菓子は受け取りませんでした。

 

日本医師倶楽部の会長選挙に口添えしてもらいたい蛭間の魂胆がバレていたのです。

 

突然三原が倒れて海老名は蛭間に三原が東帝大学病院に搬送されたことを連絡しました。検査を受けないという三原に対して白州が未知子を呼びに来ます。恩がある未知子の言うことなら聞くだろうと考えてのことでした。

 

未知子と多古が三原を検査に呼びに来ます。三原はCTとMRIは断りましたが、血液検査だけ受けることにしました。

 

術前カンファレンスで、海老名は三原が半年前に別の病院で撮ったCTの結果を見せると、ダンベル型神経鞘腫だと分かりました。潮と加地と未知子の間で、誰がオペをするのかもめたので蛭間に相談して決めることになります。

 

AIによる診断では、手術後の神経麻痺のリスクは34%あることと、三原が背中を切らせたくない為、東帝大学病院でのオペは難しいと考えられたので三原は退院することになりました。退院前に正子と話す三原でしたが体は触らせませんでした。

 

三原を迎えに来た息子と孫は、未知子に三原のことでお礼を言います。そこで三原が孫とも温泉に一緒に入らないということを聞きました。

 

遅い三原を心配した息子が様子を見に行くと、三原は吐血していました。背中を見た未知子は、MRIは火傷の危険性がある為に行わずオペもその時はしませんでした。未知子は三原の秘密を誰にも言わないことと背中を傷つけないことを約束します。

 

定時を過ぎてもまだ残っている未知子は、原から声をかけられて出て行きました。オペのモニターシステムで遊んでいる蛭間に、白州が結婚記念日の花束とインスタ映えするレストランの予約をプレゼントしてモニター室から出て行きました。

 

未知子と城乃内博美(内田有紀)と三原の指名による正子の3人だけで極秘オペが行われます。そこにモニターの電気が付いているのに気がついた浜地が、電源を切ろうとした時にオペをしているのがバレてしまい、浜地が止めようと走りますが看護師達が道を空けてくれません。

 

蛭間の元に浜地から電話がありました。オペは横側から行われましたが、背中からが良かったのではないかと言う博美に対して、未知子が三原の背中を見せると背中を切らない理由を納得してもらえました。

 

東帝大学病院に来た蛭間はオペを止め、側臥位からアプローチをする理由をたずねましたが、未知子と博美から一喝されました。

 

三原の好きになった相手は極道の男で、思い出を刻んでおきたいと三原は背中に刺青を入れていたのでした。手術後、未知子は看護師一同からお礼を言われます。

 

蛭間の元に神原晶(岸部一徳)がやって来て、メロンと必勝ダルマと2000万円の請求をします。三原の信頼を得られた蛭間は、日本医師会倶楽部の会長選挙で有利になると思われてそれを承諾しました。

 

晶に言われて特別室に寄った未知子は、お礼として三原の背中にある昇り龍の刺青を見せてもらいました。

 

正子はガールズバーを辞めて本業だけで働いて行くことに決めました。

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

ドクターX第5話の感想と見どころ

第5話ではニコラスがいなかったので蛭間がたくさん見られて良かったです。

 

モニタールームのレバーで遊ぶところや華子とインスタ映えするレストランで食事している様子が微笑ましたかったです。どこか愛嬌があって完全な悪って感じじゃないので憎めない感じです。

 

今回の話でオペを受けることになった三原ですが、なぜ背中を見せないのか気になっていましたが刺青があったのですね。昇り龍の刺青は綺麗でした。役柄上、極道の妻のイメージが強い岩下志麻さんですが、今回の着物姿もシュッとしていて素敵でした。

 

看護師の正子も活躍が見られる回でした。冒頭のオペでは慣れていないからか頼りない感じがしましたが、三原のオペでは一生懸命仕事をこなして未知子からも認められているのが分かりました。

 

ガールズバーで働いていた時はずっと続けていくのかなとびっくりしましたが、看護師だけで頑張っていくことに決まって良かったです。

 

ナースステーションがモチーフのガールズバーって面白いなと思いましたが、それを選ぶのはやっぱりナースの仕事が好きなんだなという感じがしました。

 

そこで加地達と潮達がばったり会ったのも面白かったです。潮がガールズバーに行くのが意外でしたが常連さんなのは驚きです。

 

『クレヨンしんちゃん』とのコラボもあり、三原のひ孫の名前がしんのすけで飼っている犬がシロという名前でした。孫がしんのすけを追いかける様子はみさえっぽかったし、しんのすけがシロを追いかけるところも本物にそっくりでおしりフリフリするところまで忠実でした。

 


スポンサーリンク

ドクターX第6話の予想や見どころ

キッズビジネスで成功した青年実業家である六角橋飛(平岡祐太)が、皆月むつみ(宝辺花帆美)のオペを未知子にやってもらいたいと頼みに来ます。

 

未知子は引き受けますが、オペ中に術式を変更した未知子に博美が怒り、2人はケンカしてしまいました。

 

そんな中、博美と六角は良い感じの雰囲気になりますが、六角が肝細胞がんだと分かりカンファレンスで未知子がオペを希望しますが、六角から指名された博美は海老名を担当医に指名したのでした。

 

同じ神原名医紹介所のフリーランスの医師として相棒でもある未知子と博美が喧嘩するところはあんまり見たくない感じです。

 

未知子がオペ中に術式を変更するのはよくあることですが、いつも近くでそれを見ていた博美が怒るくらいなので緊急事態が起きたのかなと思いました。

 

博美が良い雰囲気になる六角のオペは博美が海老名を指名してもニコラスや蛭間がそれを認めないんじゃないかなと思いました。なにより今の海老名は医者の立ち位置ではないので、オペの担当医は無理な感じがします。いつも通り未知子がオペを任されると予想します。

 

ドクターX第5話のまとめ

ニコラスがパリに行っている間、未知子はオペが自由にできるようになりました。

 

蛭間は日本看護師連合会名誉会長の三原に講演会をしてもらう為に東帝大学病院に呼びますが、古い考え方の三原の講演は労働基準監督署にバレたらまずい為、浜地によって追い出されてしまいます。

自宅で倒れた三原は東帝大学病院に搬送されましたが、三原は検査は受けないと言いました。

過去のCTの画像により診断名はダンベル型神経鞘腫と分かり背中を切られたくない三原と未知子は約束を交わして背中は傷つけずに側臥位から手術を行いました。

 

ドクターXを見逃しちゃった>< もう一度見たい!と思ったら、今すぐU- NEXTに登録してご覧ください!登録はもちろん無料で、しかも、600ポイントもらえるので、ポイントを使えば無料で見ることができますよ♪過去のドクターXシリーズも配信中!

▼▼▼今すぐU-NEXTでドクターXを見る▼▼▼
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

タイトルとURLをコピーしました