スカーレット113話 ネタバレ あらすじと感想!不思議なお願い!?

スポンサーリンク

謎の女性アンリは、バックに大金を入れて喜美子の元を再び訪れます。ですが、喜美子にとってはとても大切な作品なので、売ることはできません!ときっぱりと断ります。すると、アンリは不思議なお願いをするのでした。スカーレット113話のネタバレ あらすじと感想をまとめています♪

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット113話 ネタバレ あらすじ

スカーレット 113話 ネタバレ あらすじ

 

<放送日:2020年2月14日(金)>

 

謎の女性・小池アンリが喜美子の作品を求めて訪ねて来ます。現金100万円で喜美子の作品を購入しようと迫りますが、喜美子は断固拒否します。喜美子は、800万円という法外な値段で諦めさせようとします。しかし、アンリは800万円を持参して通い詰めます。

 

食い下がるアンリに喜美子は、正直に売るつもりはないと説明します。ようやく諦めのついたアンリでしたが、代わりに「音を聴かせて欲しい。」と申し出ます。

 

陶器を指でなぞり、作品と会話が出来ると言い出すアンリの行動に、喜美子は戸惑いつつも惹かれていきます…。

 

喜美子の展示会で作品に一目ぼれしたというアンリの真っ直ぐな想いに、喜美子は感謝の気持ちを伝えます。喜美子とアンリは理解を深めながら、また会う約束を交わしました…。

 

一方、武志は喜美子から、照子の長男・竜也の面倒を見て欲しいと頼まれます。

 

野球選手になりたかった竜也は、野球部のレギュラーを外されたとき、父・敏春が、これで野球をあきらめて家業を継いでくれると思い「よかった」と言ってしまったことで竜也が怒り、学校を勝手に辞め敏春と険悪な状態が続いているのです。

 

父親に勝手に窯業研究所に入れられてしまい、武志と顔を合わせることになります。武志が声を掛けると、幼い頃、武志のことを「タケタケ」と呼び慕っていたこともあって、素直に従い掃除をはじめまたのでした。

 

敏春がこっそり様子を伺う中、竜也の心にも変化が訪れていきます…。

 

ある日、再びアンリが「かわはら工房」を訪ねて来ます。しばらくして、喜美子の後援会の住田が大慌てで駆け込んで来ます。喜美子は住田から、「スキャンダル女優」だったアンリの衝撃的な過去を伝えられます…⁉

 

スカーレット113話の感想

アンリさんって相当なお金持ちなんですね。この時代で800万円とかってありえないですから。100万円ってふっかけたらあきらめてくれると思った喜美子でしたが、まさか自分の作品をそんな高いお金払ってまで欲しい!って言ってくれる人がいるなんてさぞかし驚いたことでしょうね。

 

八郎が常治に喜美子と結婚させてくださいって挨拶したとき、一つの作品が5万円になるんです、って力説したとき驚いていた常治でしたが、アンリさんのことを知ったらどう思うだろう〜。お金に苦労していた常治が健在だった時代と全然ちがう。高度成長期でもあったけど、喜美子頑張りましたよね。

 

アンリさんは、すばらしいものや人に出会うと触れたくなるタイプなんでしょうね。そにうち喜美子にも触れたくなるかもしれませんね。

 

アンリさんは有名人のようだけど、流行に敏感な照子が知らず、年配の住田が知っていたってことは、昔活躍していた女優さんだったんでしょうね。喜美子の作品に触れるアンリさんが子供みたいに純粋無垢な顔をしていて、心の底から喜んでいるのが伝わってきました。今後、喜美子とどう関わっていくのか楽しみです♪

 


スポンサーリンク

スカーレット113話ツイッターの口コミ

 

スカーレット113話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット113話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました