スカーレット87話ネタバレあらすじと感想!八郎の決断に喜美子は…

スポンサーリンク

喜美子に銀座での個展はやめよう、と言われた八郎でしたが、八郎は自分で決断します。八郎の決断を意外に思う喜美子。さらに、八郎と三津が会話しているのを見た喜美子は…。スカーレット87話のネタバレあらすじと感想です♪

 

▼スカーレットをすぐに見る▼

 

スポンサーリンク

スカーレット87話ネタバレあらすじ

スカーレット,87話,ネタバレ

 

喜美子は、大量の小皿を発注した「橘ひろ恵」と待ち合わせをします。久しぶりに再会を果たした2人は、依頼内容の打ち合わせをします。依頼内容は、ひろ恵の夫の会社関係で、結婚式の引き出物「小皿5枚セット」を40組、計200枚という大型注文でした。

 

大量注文の依頼を快諾し、意気揚々で帰宅する喜美子。工房では、八郎と三津が、三津の提案した食器セットの絵を前に談笑中でした。2人の仲の良さを目の当たりにした喜美子は、居心地の悪さを感じます。

 

八郎は三津から東京での流行などを聞き、「和食器セット」を作ることを考案します。さらに、個展に出品する作品作りにも着手したことを聞かされます。

 

複雑な心境でいる喜美子に、八郎は「個展は中止しない。」と告げます。そして、個展会場の下見のために、東京に行くことも明かされます。喜美子は、小皿作りの取り掛かりを遅らせ、一緒に同行したいと申し出ますが、八郎からは明確な答えは聞けませんでした…。

 

喜美子と八郎の間に微妙な空気が流れ、三津は心配そうな表情を見せます。八郎も喜美子に事情を説明しようと、部屋に向かいます。そこで喜美子は、依頼された「絵付け小皿」を集中して作りたいと打ち明けます。

 

八郎は喜美子を想い、「喜美子のやりたいようにやったらいい。」と後押しします。喜美子は気持ちを切り替え、小皿作りに専念することにしました…。

 

スカーレット87話感想

やっぱり八郎は銀座で個展を開くことにしましたね。喜美子は八郎のためを思って個展はやめようと提案したけど、八郎がやめないことに疑問を抱いたところを見ると、提案じゃなくて、八郎はやめると思っていたのでしょうね。喜美子のようなタイプの人っていますよね。相手によければと思って発言しているので自分では気がつかないという。

 

芸術として陶芸を目指していた八郎だったけど、やっと自分の才能に気づきましたね。天才肌でなく職人気質の才能を活かして、八郎らしい作品を作って欲しいと思いました。三津が師匠に対しても自分の思っていることを発言するおかげで、八郎のいい刺激になってよかったです。

 

八郎と三津が楽しそうにしているのを見て、モヤモヤしていた喜美子は、八郎と一緒に銀座に下見に行きたいでしょうね。もしかして、三津が同行したりして…。

 

お互い好きなのに、夫婦ってこうやって距離ができていくのかな…。と思わせる演出が上手だと思いました。お互い、相手のことを思って行動して相手に優しく接しているのに、すれ違っていく。

 

喜美子は八郎に相談もなく、200枚もの大量の注文を引き受けてきたけど、八郎に電気窯が一つしかないと言われ、個展の作品も作らないといけないのに、どんな段取りをしてきたのか?と言われました。喜美子は急ぎの仕事だったから、と言いましたが、八郎が個展をやめるはずだと思っていたのと収入の面でも引き受けて当然だと思ったから、八郎に相談するなんて1ミリも思わず自分1人で即決したのでしょうね。喜美子は八郎を頑張って支えているようだけど、空回りしているように見えます。

 

 


スポンサーリンク

スカーレット87話のツイッターの口コミ

 

スカーレット87話見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中です。U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット87話はぜひ動画でご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました