トイ・ストーリー4のあらすじとフォーキーを探す大冒険の結末は!?

スポンサーリンク

ピクサー・アニメーション・スタジオの大ヒットアニメ映画、子供も大人にもファンを持つトイ・ストーリー4がついに公開。トイ・ストーリー3で完結だと思われていたので、9年ぶりの続編は感激ものです!本作では新しいオモチャや前作では登場しなかったボー・ピープの姿もあります。トイ・ストーリー4のあらすじや登場人物、みどころなどについて紹介しておきます!

 

スポンサーリンク

トイストーリーの公開日や予告動画

YouTube

 

公開(日本):2019年7月1日(金)
上映時間:100分
監督:ジョシュ・クーリー
脚本:ステファニー・フォルソム、アンドリュー・スタントン

 

トイストーリー4のあらすじ|要点

トイストーリー4-1

 

ある日、ウッディたちの持ち主であるポニーは、自分で新しいオモチャを作りました。そのオモチャはスプーンとフォークが合体したもので、名前はフォーキー。突然ウッディたちの目の前に現れました。

 

ポニーが自分で手作りしたお気に入りのオモチャでしたが、フォーキーは他のオモチャたちとちがって、スプーンとフォークでできた自分はオモチャじゃない・・・、食事が終わったら捨てられると思い、家を出ていきます。

 

ウッディは、オモチャのしあわせは、子供のそばにいることだと思っていたので、フォーキーを探し出してポニーのところへ連れ戻すことにしました。

 

ここから、フォーキーを探す冒険がはじまります。

 

冒険の途中で、昔の仲間のボー・ピープと再会したり、新しいオモチャと出会ったりして、今までとはちがう旅になります。ウッディは無事にフォーキーを見つけてポニーのところへ連れ戻すことができるのか・・・。

 


スポンサーリンク

トイストーリー4のあらすじネタバレと感想

トイストーリー4を見てきたので、あらすじと感想を書いておきます^^

 

最後に重要なネタバレがあるので、書こうか迷った結果、書くことにしました!というわけで、結末までのネタバレを知りたくない方は途中でやめてくださいね。結末ネタバレについては、直前で再度お知らせします^^

 

ウッディたちの新しい持ち主のボビーは、クローゼットからオモチャを取り出して遊ぶのが楽しみです。ですが、ボビーが遊ぶオモチャは限られていて、遊びたいオモチャだけクローゼットから持っていきます。

 

ウッディは最近、ボビーに遊んでもらえなくなったので、いつもクローゼットの中にいます。それでもウッディは仲間達をとても大切にしています。

 

そんなある日、ボビーが保育園へ体験入園することになりました。ボビーは行きたくありません。お友達もいないし、知らないところに行きたくありません。

 

ですが、両親に連れて行かれます。その時、ウッディはボビーのことが心配になりボビーのリュックに潜り込み、一緒に保育園へ行ったのです。

 

ウッディが心配したとおり、ボビーは不安でいっぱいです。

 

ボビーのテーブルの上にクレヨンなどの遊び道具が置いてあったのに、他の園児がゴミ箱に捨ててしまいました。その様子をずっと見ていたウッディは、ゴミ箱へ行き、ボビーのテーブルにゴミ箱から拾ったものを置きます。

 

すると、ボビーは笑顔になり、なにやら作りはじめます。出来上がったのは、先割れスプーンのフォーキーでした。ボビーは自分で作ったフォーキーのことがとても気に入り、一番大切なオモチャになりました。

 

ですが、ゴミ箱に捨ててあったスプーンやアイスの棒からできた自分はゴミだ。ゴミ箱に行かなくちゃ、ゴミ箱に行きたい!とフォーキーはチャンスさえあれば、ゴミ箱へ自ら入っていくのでした。

 

フォーキーが逃げ出さないように、ウッディは日夜フォーキーを見守っています。

 

ある日、ボビーの家族は移動遊園地へお出掛けすることになりました。もちろん、フォーキーをはじめオモチャたちも一緒です。

 

レンタルしたキャンピングカーで遊園地へ向かっている途中、フォーキーは逃げ出してしまいます。フォーキーを連れ戻すため、ウッディも車から飛び降ります。フォーキーを見つけたウッディは遊園地へ向かう道中で、君はゴミじゃない、オモチャだとフォーキーを説得しますが、最初はなかなか分かってくれませんでした。

 

もう少しで遊園地というところで、ウッディは足をとめて、アンティークショップのウィンドウを覗きこみます。ウッディの視線の先にはランプがありました。もしかして、ボーがいるかもしれない、と思いお店の中へ入って行きます。ですが、ボーの姿はなく、ギャビービャビ―に出会います。

 

ギャビーギャビ―はウッディと同じ、背中の紐をひっぱると声が出るボイス・ボックスが内臓された女の子の人形です。ですが、不良品のため、最初から声が出ません。一度も誰かのオモチャになったことがない持ち主のいない迷子のオモチャです。アンティークショップには60年間いて、誰にももらわれることもなく飾られていました。

 

今まで1度も子供に愛されたことがない迷子オモチャの原因は、ボイス・ボックスが壊れているからだと思い、ウッディのボイス・ボックスるが欲しいと言い、フォーキーを人質にして交換しようと要求してきます。

 

ウッディは身の危険があるなか、人質になったフォーキーを救い出そうとします。ですが、ギャビーギャビ―の仲間には腹話術のベンソンたちがいて、フォーキーの救済は思うようにいきません。

 

ウッディはアンティークショップから飛び出ることになってしまい、公園で倒れていたところ、子供に拾われます。子供は右手でウッディを拾いあげると、左手にもったオモチャと対面させます。

 

すると、その相手はボーでした。

 

再会した二人は、ボーのスカンクの乗り物でその場を脱出します。ボーはスカートを脱ぐとパンツスタイル。言動も頼もしく、フォーキーの救済にも積極的にウッディをリードするのでした。

 

実は、ボーはそのアンティークショップに長年いて、ギャビーギャビ―のことも知っていたのです。

 

ボーはデューク・カブーンにもお願いをして、みんなでフォーキーを救済しようと力を合わせますが、救うことはできませんでした。ボーはあきらめようといい、みんなウッディの元を去っていきます。それでもウッディは一人でフォーキーを救おうとギャビーギャビ―たちとたたかいます。

 

ですが、ボーも戻ってきて、めでたくフォーキーを無事に救いだすことができました。

 

そして、ウッディはギャビーギャビ―にボイス・ボックスをあげるのでした。

 

ボビーのところへ戻ろうとしたとき、アンティークショップの常連客がやってきました。そのお客の中には小さな女の子がいます。ギャビーギャビ―は、ボイス・ボックスもあるしもう不良品の人形ではないから、その女の子に気に入ってもらえるかもしれないと期待します。

 

ですが、その女の子は古い人形だといい、いらないと言うと、ギャビーギャビ―はとても落ち込みました。見ていたウッディはギャビーギャビ―も連れてボビーのところへ行こうと誘いみんなでボビーのところへ向かいます。

 

ボビーがいる遊園地へ着いたとき、ギャビーギャビ―は一人で泣いている女の子を見かけます。女の子は両親とはぐれて迷子のようでした。ギャビーギャビ―は、泣いている女の子に寄り添うことができるかもしれない、と思い拾ってもらえるか挑戦します。

 

女の子の後ろにそっと座り、オモチャの仲間の一人が女の子の視線がギャビーギャビ―に行くようにボールを転がすと、予想通り、女の子はギャビーギャビ―に気付きました。抱き上げると背中の紐をひっぱり、声が聞えると、泣いていた顔が少し笑顔になりました。

 

女の子はギャビーギャビ―をしっかりと抱いて両親の元へ歩いていくのでした。

 

その様子をずっと見守っていたウッディたちに、初めて誰かに愛されたギャビーギャビ―は幸せそうに微笑みました。

 

ウッディたちはボニーの元へ急ぎます。仲間達と合流したとき、みんなボーに再会できて抱き合いますが、再会もつかの間、ウッディたちはボーとわかれて、ボニーのところへ帰ります。やっと再会できたウッディとボーにまた別れの試練が・・・。

 

みんなボニーが乗っているキャンピングカーへ飛び移りました。もちろん、ウッディも。

 

ここから結末のネタバレです。はたして、ウッディとボーはまた別れるのか、それともロマンスが実るのか。知りたくない方はこの先は読まないでくださいね。

 

ウッディは、保安官の星のバッチをジェシーに譲り、仲間達と分かれて、ボーと生きることを選んだのです!

 

その後、ウッディはボーやダッキーやバニーたちと遊園地で楽しく暮らすのでした。

 

めでたし、めでたし。

 

トイストーリー4の見どころポイントと感想

トイストーリー3で完結だと思っていた人が多かったこともあり、トイストーリー4の評価は分かれているようです。

 

実際に映画館で観た感想では、観に行って良かった!です。

 

笑いあり、感動ありで、オモチャの世界ですが、人間社会にもあてはまるところもあるので、ただの娯楽映画ではないです。涙が出るシーンもありました。

 

一度も愛されたことがないギャビーギャビ―は、はじめて持ち主が現れて、愛される、大切にされる、ことを経験できました。

 

同じ女性であるボーは、かつては持ち主がいましたが、ウッディたちと分かれてからはギャビーギャビ―と同じく、持ち主がいない迷子のオモチャでした。ですが、ボーは新しい世界で楽しんでいます。

 

とても対照的だと思ったし、私達人間にもあてはまると思いませんか?

 

また、ギャビーギャビ―が女の子に愛されるシーンでは涙が出ました。初めて誰かに必要とされる、大切にされる、愛されるという実感をはじめてもつことができて、幸せを感じられてよかった、と思ったほどです。

 

これも人間の感覚と同じだと思いました。

 

また、自分のことをゴミだと思い込んでいるフォーキーが人に大切されることに気付いたり、オモチャの物語なんですが、人間にもあてはまる感覚があるので、大人にも人気の映画なんだろうな、と思います。

 

トイストーリー4では、ギャビーギャビ―の仲間のベンソンが不気味なんだけど、笑えました。ウディたちを追いかけてくる走る姿が、進撃の巨人の人食いのヨタヨタと走ってくる姿と似ていて不気味だったし、顔そのものが不気味です。

 

ベビーカーにベンソンが乗っているところを、アンティークショップを訪れたお客が見て悲鳴をあげるシーンでは劇場で笑い声がおこりました^^;

 

強烈なキャラクターすぎて、キアヌ・リーブスが声優をしたデューク・カブーンがかすんで見えたほどです。

 

新キャラのダッキーとバニーも毒舌でインパクト大でした^^

 

トイストーリーの登場人物(キャスト)と新キャラクター

ウッディ(トム・ハンクス)
カウボーイのプレミアがついている人形。
おもちゃたちのリーダー的存在でみんなを励ましたり、仲間のことを大切にしている。
新しい持ち主のボニーの家で、新しい生活を楽しんでいる。

 

バズ・ライトイヤー(ティム・アレン)
ウッディの親友の人形。
最初は、ウッディと仲が悪く対立していたが、途中から大切な仲間になった。
ウッディはプレミア付きの古い人形だが、バズ・ライトイヤーはレーザービームや翼をもつスペース・レンジャーの人形。

 

ジェシー
『トイ・ストーリー2』から登場。
カウボーイハットと三つ編みが印象的な元気なカウガール人形。

 

ボー・ピープ(アニー・ポッツ)
陶器でできたかわいらしい女の子の人形。
ウッディとは相思相愛だったけどはなればなれになってしまい、トイストーリー3には登場しなかった。見た目はかわいらしいけど、恋に積極的。本作では元の持ち主がボー・ヒープを手放したので本作ではめでたくウッディと再会。

 

トイストーリー4では、今までのワンピースを着てかわいらしい女の子のイメージとちがい、パンツで勇ましいシーンが。本作ではどんな活躍を見せてくれるのか期待が膨らむ登場人物。

 

ミスター・ポテトヘッドとミセスポテトヘッド
じゃかいもの顔した仲良し夫婦のオモチャ。
奥さん一筋でちょっと意地悪なところもあるミスターポテトと愛情ゆたかで夫をそばで支えるミセスポテトヘッド。

 

レックス
恐竜のティラノサウルスのオモチャ。
アンディが持っているオモチャの中で一番大きい。
恐竜なのに、気が弱く超怖がりでドジで天然でやさしい。

 

ハム
ブタの貯金箱。
おしゃべりが大好きで毒舌だけど頭の回転がはやい。

 

エイリアン
別名はリトルグリーンメン。目が3つあるエイリアンのオモチャ。
最初はクレーンゲームの景品だった。
ピュアでKY(空気読めない)なところもあるキャラ。車から落ちそうになったときミスターポテトに助けられたことを、ずっと感謝している。

 

ロッツォ
見た目はおっとしてかわいいクマだけど、ずる賢くて実は悪役。
『トイ・ストーリー3』でウッディたちの敵役として登場。
本作では、ロッツォの相棒のビッグベビーも出演するかも!?

 

ギャビー・ギャビー
背中についているヒモを引くと声を出すかわいい人形。だけど、製造不良のため音が出ない。60年間も、アンティークショップの片隅で忘れられていた人形。

 

▼新しいキャラクター▼

トイストーリー4-2

 

フォーキー(トニー・ヘイル)
ウッディ達の新しい持ち主であるボニーが作ったおもちゃ。自分はオモチャじゃなくて食事をするためのフォークとスプーンでゴミだと思い、捨てられるのを恐れてボニーの側から逃げ出す。

 

ダッキー&バニー
移動遊園地の景品のぬいぐるみ。
ダッキーはアヒルのぬいぐるみ。バニーは青いうさぎのぬいぐるみ。見た目のかわいいさと違って毒舌。いつか子供に持ち帰ってもらえることを夢見ている。

 

デューク・カブーン(キアヌ・リーブス)
バイクのスタントマンとバイクがセットになったオモチャ。
実在するカナダ人がモデル。スタントマンだけあって、曲乗りが得意だけど、高く飛ぶことができず子供達に嫌われるのでは・・・とトラウマに。性格は豪快でちょっと個性的。

声を担当するのは、マトリックスなどで有名なキアヌ・リーブス

 

トイ・ストーリー4の見どころ

トイストーリー4-3

 

見どころはいくつかありますが、最大の見どころを2つとりあげます。

 

一つ目は、自分はオモチャじゃなくてゴミ箱に捨てられる、と思っているフォーキーを探し出し、ゴミじゃないよ、ポニーにとって大切なオモチャだよ、とどんなふうに気付かせるのか。

 

フォーキーのように自分には価値はないって思うことってありませんか?

 

オモチャの映画だけど、人間にもあてはまるな、と思うのでフォーキーが自分には価値がある、とどんなふうに気付くのかは大きな見どころです。

 

二つ目は、ウッディとボー・ピープの恋の行方です。トイストーリー3ではボー・ピープが登場しなかったので、これから先はどうなるのか!?と気になっていた人も多いと思います。

 

本作では、恋の進展はあるのでしょうか!?気になったら映画館へいくしかないですね♪

 

【関連記事】

トイストーリー4の公開を記念してイベントが開催されいますので、別記事でまとめました。映画とあわせてイベントにも参加してみてはいかがでしょうか^^

 

▼トイストーリーのイベント情報2019年の紹介▼

トイストーリーのイベントの2019年開催情報のまとめ!
トイ・ストーリー4の公開にあわせて、イベントがいくつか開催されています。2019年に開催されるイベント情報や実際に行って来たイベントについては混み具合やどんなイベントだったのかなど紹介しておきます。トイストーリーのイベントに行って2019年...

 

タイトルとURLをコピーしました