10の秘密3話 あらすじと感想!解雇され新たに追い込まれた圭太…

スポンサーリンク

白河圭太(向井理)が手に入れた帝都建設の不正の証拠が入ったUSBを持って、元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)は、娘の瞳(山田杏奈)を誘拐した犯人の元へと向かいました。そんな折、圭太は、ようやく復帰した職場で苦境に立たされることになってしまいます。10の秘密3話のあらすじと感想をまとめています♪

 

スポンサーリンク

10の秘密 3話のあらすじ

 

10の秘密3話 あらすじ 感想

 

 

【3話の放送日時】1月28日(火)夜9時〜9時54分

フジテレビ系列 全国ネットで放送

 

誘拐された瞳(山田杏奈さん)を救い出すため、元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵さん)は、白河圭太(向井理さん)にあるデータを手に入れて欲しいと指示しました。

 

それは、自殺した帝都建設の元社員・矢吹幸雄(中林大樹さん)が生前に手に入れていた、会社の不正の証拠でした。

 

圭太は由貴子に指示された通りに矢吹の家に忍び込み、不正の証拠データを移したUSBを由貴子に託します。由貴子はそのUSBを携え、瞳を誘拐した犯人・二本松謙一(遠藤雄弥さん)に会いに行きました。

 

菜七子(仲里依紗さん)と共に、瞳を待ち続けていた圭太の元に、やっと瞳が帰って来てくれました。しかし、圭太には、どうしても拭い去ることの出来ないある疑惑がありました。

 

この誘拐は、由貴子と自分がずっと隠してきた10年前の秘密が原因なのかもしれない…。圭太は、10年前に起きた事件のことを話し始めました

 

圭太は、瞳が信頼を寄せていたというピアニスト・伊達翼(松村北斗さん)に会いに行きます。実は、翼も、10年前の秘密について瞳から相談されていたと言うのです。

 

まるで、何かを知っているかのような、意味ありげな態度の翼は、圭太に対して、しつこく探りを入れてきます。

 

瞳が誘拐されてから、仕事も疎かになってしまっていた圭太でしたが、ようやく仕事に復帰することができました。しかし、そんな時、取引先から裏金を受け取っていたことが会社に知られてしまいます。

 

そのせいで会社を解雇されてしまった圭太は、どうすることもできない状態にまで追い詰められてしまいました。

 

この事態を打破するため、圭太は逆襲することを決意します。矢吹の残した会社の不正データを盾に、帝都建設に乗り込むことにしました。

 

10の秘密 3話の感想と見どころ

由貴子の指示で、帝都建設の不正の証拠を手に入れた圭太。そのデータを誘拐犯との交渉に使うと言っていましたが、誘拐犯の目的は、本当にそれだけだったのでしょうか?

 

帝都建設は、由貴子の恋人である宇都宮竜二の会社でもありますが、不正の証拠を掴んだ社員が自殺するというのは何ともきな臭い感じがしますし、そもそも恋人だと言う宇都宮から、由貴子はなぜ逃げているのでしょう。

 

このドラマには、謎解きの楽しさももちろんあるのですが、度々挿入される、圭太と瞳父娘のエピソードも、とても興味深く観ております。

 

9年前に由貴子が出て行ってから、娘のことだけを考えて生きてきた圭太の目には、瞳は父親に隠し事もしない、天真爛漫な娘と映っていました。

 

父親って、そういうものなのでしょうかね?自分の娘はいくつになっても赤ちゃんのままで、自分の庇護が必要な存在なのだと思っているのか、それとも、ただそう信じていたいのか…。

 

瞳の秘密を知り、打ちひしがれ、自分を責める圭太の姿を見ると、さすがに気の毒に思えてしまいます。

 

でも、暗い顔で呟いた「父親が重い」という瞳の言葉の裏には、思春期の娘が抱くようなただの父親への嫌悪などではなく、自分のために全てを捧げてくれる父への罪悪感も溢れているように感じます。

 

次々と明らかになる秘密と共に、事件も起きていきます。

 

今回、ようやく職場復帰が叶った圭太ですが、早速事件に巻き込まれてしまいました。果たした圭太のリベンジは叶うのでしょうか?

 


スポンサーリンク

10の秘密 4話の予想や見どころ

誘拐された瞳が戻ってきて、ようやく職場に復帰できた圭太でしたが、ほっとしたのも束の間、取引先から裏金をもらっていたことがばれて、会社を解雇されてしまいました。

 

追い詰められた圭太は、会社の不正の証拠を手に入れていることを帝都建設の社長・長沼豊(佐野史郎さん)に伝え、取り引きを持ちかけました

 

帰ってきた瞳は、翼に会いに行き、圭太が10年前の事件について話してくれたことを報告します。父親が解雇され、苦境に立たされていることも知らず、謎が解けたことに嬉しそうな瞳。そんな瞳に、翼は不安になってしまうようなある言葉を告げます。

 

圭太は、由貴子と帝都建設の人間が瞳を誘拐したのではないかと疑っていたのですが、宇都宮竜二の話を聞き、もしかしたら犯人は別にいるのかもしれないと思い始めました。

 

家に訪ねてきた母・白河純子(名取裕子さん)から電話をもらい、圭太が急いで家に戻ると、そこには圭太の家に忍び込んでいたという由貴子がいたのです

 

10の秘密 3話のまとめ

帝都建設の不正の証拠を盗み出した圭太と、その証拠を携え、誘拐犯と対峙する由貴子。9年前に道が分かれたはずの夫婦が、誘拐された娘を救い出すために、図らずも協力することになったのですが…。

 

誘拐事件を表沙汰に出来なかったため、仕事にしわ寄せが来てしまい、上司からは渋い顔をされていた圭太。やっと職場に復帰できたと思ったのも束の間、裏金をもらっていたことが、会社に知れ渡ってしまいます。

 

新たな窮地に立たされた圭太は、起死回生できるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました