スカーレット102話ネタバレあらすじと感想!雄太郎の曲は伏線!?

スポンサーリンク

大阪でちや子さんに再会したことで、ちや子さんの仕事や女性のための活動に対する情熱を目の当たりにした喜美子。さらに、ラジオから流れてきた雄太郎のヒット曲を聞きながらスケッチをしている喜美子の目から涙がこぼれ落ちます。スカーレット102話ネタバレあらすじと感想をまとめました♪

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット102話ネタバレあらすじ

スカーレット 102話ネタバレあらすじ 感想

 

 

大阪のちや子の事務所を訪れた喜美子は、ちや子に勧められるままにラジオを付けます。ラジオから聞こえてきたのは、なんと「荒木荘」の元住人・雄太郎の歌声でした。元々、俳優志望だった雄太郎は、心機一転して歌手に転向したといいます。

 

雄太郎は喜美子が提案した「信楽太郎」という芸名で、地道に活動を続けて成功を掴んでいました。雄太郎の話題曲「さいなら」の歌詞は、喜美子のこれまでの人生と重なる部分があり、さまざまな想いが溢れて涙を流します…。

 

 

翌日、喜美子がちや子と談笑していると、話題の雄太郎や女中の先輩・大久保たちが喜美子を応援するために駆け付けます。雄太郎からは恩返しを込めて、お金を渡されます。戸惑う喜美子でしたが、雄太郎の気持ちを汲み取り、ありがたく受け取りました。

 

大久保からは、

 

「家の中の仕事ができる女は何でもできる。家の仕事いうのは、生きるための仕事やさかいな。頑張りなはれ!」

 

と叱咤激励されます。かつての仲間たちからの温かな心遣いに感謝して、喜美子たちは大阪を後にします。

 

喜美子と武志が大阪から信楽に帰ってきます。喜美子の表情は晴れ晴れとしていました。もはや窯焚きの失敗は引きずっていません。懐かしい仲間たちとの再会が、喜美子に新しい力を与えてくれました。迷いが晴れた喜美子の挑戦が、再び始まります…。

 


 

スカーレット102話の感想

百合子と信作から、大阪旅行をプレゼントされて、川原家のみんなはリフレッシュして帰ってきたら元の生活に戻ると思っているはず。だけど、ちえ子さんやちえ子さんの仲間や苦労の末、歌手で成功した雄太郎さんに再会したことで、喜美子は絶対に穴窯を成功させてみせる!とやる気満々になりましたね。

 

そもそも、「信楽にずっといたい」と言っていた喜美子に、「大阪へ行け!」と言ったのは父・常治でしたよね。その後、マツが病気だからとウソをついて信楽に戻ってこさせましたが、最初は「大阪に行け!」って言いましたからね。運命って面白いです。

 

大久保さん、いいこと言いましたね。さすがです!身にしみました!母親からいつも言われていることを大久保さんが言うとは!家事は生きるための仕事。本当に大切で尊い仕事だと思いました!喜美子は大久保さんにも背中を押されて、もう穴窯まっしぐらですね!

 

雄太郎からテレビジョンでも、ともらったお金。武志のためにテレビを買ってあげて欲しいけど、薪代に消えるのかな…。

 

喜美子は八郎を別れるんだろうな、と思っていたら、きわめつけは雄太郎の「さいなら」の曲!曲のタイトルを聞いた時、これは別れる伏線だと思いました。そして、最後は喜美子の晴れやかな笑顔。

 


スポンサーリンク

スカーレット102話ツイッターの口コミ

 

スカーレット102話見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット102話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました