相棒18第2話のあらすじと感想や見どころ!犯人が見つかるまでの出来事

スポンサーリンク

先週新シリーズが始まった相棒!第1話は、杉下右京(水谷豊)の失踪に始まり、日本最北端の天礼島で連続殺人事件が起こる怒涛の展開でしたね。今週は、先週に続くスペシャル第2弾です。殺人を犯したのは、本当に岩田(船越英一郎)なのか?そして、事件の行く末は…、では、相棒 season18第2話のあらすじと見どころや感想を紹介します♪

 

相棒season18は、今ならU-NEXTで配信中です!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スポンサーリンク

相棒18第2話のあらすじ

相棒18第2話のあらすじと感想

 

【第2話の放送日時】20191016日(水)21:0022:24

【ゲスト】
岩田ミナ(北香那さん)
天礼島を拠点に活動する財団信頼と友好の館のメンバー

岩田純(船越英一郎さん)
ミナの父親。天礼島で起きた連続殺人事件の容疑者として行方を追われている

甘村井瑠加(団時朗さん)
信頼と友好の館の代表。館で遺体となって発見される

 

相棒18第2話「アレスの進撃~最終決戦」

 

 

捜査員が到着する前に、宿から姿を消した岩田と特命係の二人。その後、右京と冠城(反町隆史さん)の姿は、信頼と友好の館にありました。

 

なんと二人は、館の中を捜索するために、岩田をおとりに使ったのです。館を見張っていた警察官も、岩田の捜索に駆り出されたようで、人影はありません。館に入りこみ、事件の手がかりを探し始める右京と冠城。

 

右京は、館にある電話から、発信履歴を元に電話をかけます。つながったのは岩田の携帯電話。事件が起こる一時間ほど前に、何者かが岩田に電話していたのです。

 

さらに、館のメンバーの部屋から、二年前に発行された週刊フォトスが見つかります。そこには、片山雛子(木村佳乃さん)が、防衛技術振興協会の顧問に就任したという記事が。これが、何か事件と関係しているのか?右京と冠城は、その意味を考えます。

 

館の捜索を終え、右京と冠城は、ミナと共に訪れた漁師小屋へ。そこで、奇妙なものを見かけます。沖の方から、小屋に向かって光を発している船があるのです。

 

規則性のある光の点滅を見て、二人はモールス信号ではないかと推測。ロシア語に置き換えて、現れた言葉に首をひねります。

 

「我々の贈り物は気に入ってもらえただろうか?間違いなく、あなた方の役に立つことだろう。恐れるな、強欲な悪魔を退治するためならば、神も許したもうはずだ…。

 

贈り物とは一体何を指し示すのか?

 

右京は、海岸で見かけたお腹を縫合されたアザラシの死骸を思い出し、館のメンバーがロシアから密輸を行っており、漁師小屋は通信基地だったのではないかと推理します。

 

一方その頃、警視庁捜査一課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)が、天礼島にやって来ました。ミナの他、生存していた館のメンバーと共に、右京と冠城の元へ向かい、二人と合流します。

 

時を同じくしてやって来た北海道警の鑑識から、秋田に流れ着いた右京のスマホからは、ミナの指紋は出なかったと情報がもたらされます。右京の居場所を外部に知らせた「裏切り者」は、一体誰なのか?

 

さらに、行方をくらましていた岩田が再び現れます。特命係と対峙した岩田は、連続殺人事件について「俺がやった 」と告白。しかし、まだやり残したことがあると言い、再び姿を消します。

 

連続殺人事件の犯人は、本当に岩田なのか?この後事件は思わぬ展開を見せ、驚愕の結末へと進んでいきます

 


スポンサーリンク

相棒18第2話の感想と見どころ

今回の見どころは、なんといっても事件の行方でしょう。はじめは、ミナを連れ戻すために岩田が起こした連続殺人事件だと思われていました。しかし、片山雛子の記事が載った週刊誌が発見されてから、少しずつ風向きが変わり始めます。真犯人は一体誰なのか?そして、事件は予想もしなかった結末へ―。最後の一秒まで、目が離せません!

 

 

さらに、俳優陣のアクションシーンも要注目!ゲストの船越英一郎さんは、陸上自衛隊の元レンジャーという役どころもあって、素早い身のこなしと力技で標的を追い詰めていきます。まさに狙った獲物は逃さない!という感じです。神出鬼没の彼が、いきなり現れてこちらに向かって歩いてくるだけで、画面越しにも恐怖を覚えてしまいました。

 

そして、実は他にも華麗なアクションを見せるキャストがいるんです!一体誰なのか、本編を見てのお楽しみです♪

 

もうひとつ、忘れてはならない見どころがあります。特命係の二人、右京と冠城の掛け合いです。

 

反町隆史さんが相棒に抜擢されて5年。これは、歴代相棒の中では、初代の寺脇康文さんに次ぐ長さです。シリーズを重ねるごとにテンポの良くなってきた二人の掛け合いは、season18でも健在。時に屁理屈にも聞こえる理屈をまくし立てる右京と、それに突っ込む冠城のやり取りには、二人を拘束しにきた捜査員が思わず割って入るほど。見ているうちに、もしかして途中からアドリブなのでは?と思ってしまいます。

 

時間を重ね、信頼関係を積み上げてきた二人を見て、撮影の裏側を想像するのも、シリーズ物ならではの醍醐味ですね♪

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

相棒18第3話の予想や見どころ

3話のタイトルは「少女」。スペシャル前後編を終え、season18最初の通常回となります。猫探しで終わるはずだった事件が、殺人事件、さらには少女の誘拐事件へと発展していくことに。ところが、誘拐されたと思われていた少女にも、何やら秘密があるようで事件の真相は、一体!?

 

普段は殺人事件などは担当せず、ちょっとした事件の解決にあたっている(はず)の特命係。でも、特命係の行くところ殺人事件ありという感じで、いつも大きな事件に巻き込まれてしまうんですよね。

 

スペシャル回のような壮大なスケールの話ももちろん面白いのですが、小さな事件が予想外に発展していく話を見ると、いつもの相棒が帰ってきた!という気持ちになります。殺人事件に首を突っ込む特命係の二人を、苦虫を噛み潰したような顔で見る伊丹刑事が今から想像できます(^_^

 

さらに来週からは、舞台も東京に戻ってきます。スペシャルではあまり出番のなかった、警視庁のおなじみの面々とのおなじみのやり取りを、楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?ストーリーとともに、おなじみの顔ぶれに会えるのもとても楽しみです♪

 

相棒season18第3話のあらすじと感想はこちらをクリックしてください

 

 

相棒18第2話のまとめ

前後編にわたり、壮大なスケールで展開した「テレビ朝日開局60周年記念スペシャル」。北海道の雄大な自然を堪能しつつ、次々起こる事件と予想外の結末に、ハラハラドキドキでしたね。右京と冠城のコンビも、安定の面白さとかっこよさでした。

 

とにかく、右京さんが無事に帰ってきてくれてよかった!

 

来週も、またまた不可思議な事件が起こりそうな予感です。特命係がどのように事件に立ち向かっていくのか…、二人の活躍が楽しみです!

 

相棒season18の第2話を見逃しちゃった>< もう一度見たい!と思ったら、今すぐU- NEXTに登録してご覧ください!登録はもちろん無料で、しかも、600ポイントもらえるので、最新作の相棒18もポイントを使えば無料で見ることができますよ♪
▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました