相棒season18 6話 あらすじと感想!右京が視力を失って…

スポンサーリンク

相棒 eason18 6話では、特命係の杉下右京が目にけがをして視力を失ってしまうという衝撃のストーリー!事件の真相とともに、右京がどのように捜査していくのかも気になりますね。ゲストは山崎一、佐藤寛子など。相棒 eason18第6話のあらすじと感想をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

相棒season18 6話のあらすじ 右京の目

相棒season18 6話 あらすじ 感想

 

【第6話の放送日時】2019年11月20日(水)21:00~21:54

【ゲスト】
真山誠一(山崎一)
右京が目をけがしたアパートを管理する会社の課長。

白川友里(佐藤寛子)
区役所に勤務するケースワーカー。目をけがした右京を病院に運びこむ。江波和江(山本道子)
右京の知り合いで、アパートの清掃員として働いている。

 

とあるアパートの一室に向かう特命係の杉下右京と冠城亘(反町隆史さん)。そこには、右京の知り合いでアパートの清掃員・和江が待っていました。

 

空き室のはずの部屋から物音がすると和江から相談を受け、特命係の二人が確認に訪れたのでした。

三人は部屋に入りますが、中は無人。しかし、テーブルの上に怪しげな木箱が置かれているのを発見します。

 

好奇心から箱を開けようとした和江ですが、異変に気づいた右京は、代わりに箱を開けます。

すると突然、箱からスプレーが出て、右京の目を直撃。目をけがした右京は、視力を失ってしまいます。

 

そこに、騒ぎを聞きつけた区役所のケースワーカー・友里が顔を出し、右京は友里とともに近くの病院へ向かうことに。治療の結果、角膜障害をおこしており、視力が戻るには一週間程度かかると診断されます。

 

翌日、特命係の部屋には、目の見えない右京の姿がありました。サイバーセキュリティ対策本部の青木(浅利陽介さん)が持ちこんだ情報をもとに、木箱のスプレーが特定の誰かを狙って仕掛けられたものではないかと推理する右京と冠城。

 

さらに青木は、特命係の二人に昨日の夜動画サイトにアップされたという動画を見せます。そこには、マンション建設予定地に不法侵入した若者が、男性の遺体を見つける様子が。すでに、捜査一課の伊丹(川原和久さん)たちが、現場検証に行っているといいます。

 

事件現場に出向いた右京と冠城。伊丹や芹沢(山中崇史さん)が捜査していますが、遺体の男性の身元はいまだに分かっていません。右京は伊丹たちに、マンション建設予定地の所有者である不動産会社を調べるように依頼します。実は、右京が目をけがしたアパートも、同じ会社が所有しているのです。

 

その後、不動産会社を訪ねた伊丹たちは、被害者の男性が営業担当の森田佑真であることを突き止めます。一方、右京と冠城は、和江と上司の真山(山崎一)から改めて謝罪を受けることに。そこで和江から、右京がけがをした時に、アパートから逃げる人物を見かけたと告げられます。

 

右京のけがと森田の殺人事件。二つの事件には、一体どのような関係があるのでしょうか?そして、目の見えない右京は、どのように事件を解決するのでしょうか?

 

相棒season18 6話の感想と見どころ

今回は、物語のはじめから右京が視力を失ってしまうという衝撃的な展開でしたね。一週間で視力が戻るとはいえ、両目をガーゼでおおった姿はかなり痛々しく、壁伝いに手さぐりで歩くのも大変そうでした。

 

目が見えないにも関わらず、いつも通り特命係に出勤してきたり、事件現場に向かったりする右京さん。周囲の人たちに休んでいてください!なんて言われてしまいますが、見えないからこそ物音やにおいにいつもより敏感に反応し、事件の真相に近づいて行くのが面白かったです。

 

視力を失うという大変な状況の中でも、所どころにコミカルなシーンがあって楽しめました。目が見えないのにいつものように紅茶を入れようとしたり(案の定半分以上こぼれていました!)、スマホの音声認識とかみ合わない会話をしてみたり、普段は見られない右京さんの姿が印象的でしたね♪

 

そして、病院で出会った目の見えない少女との交流も見どころでした。右京が少女と二度目に会った時、ビーズで作ったキーホルダーをプレゼントされるという心温まるシーンも。実はこのキーホルダーが、事件解決への重要なアイテムとなります。

 

予想外の展開で、思わず「なるほど!」と言ってしまいました。

目線や顔の動かし方で、目が見えていないことを表現するのはとても難しいだろうなと思います。今回、盲目の少女・片倉莉奈を演じた土屋希乃さんの演技は、まるで本当に目が見えていないかのようで、とても自然で素晴らしかったです。

 

土屋希乃さんは、現在11歳。CMやEテレの番組などに出演歴があります。大きな瞳がとても印象的な女優さんですね。演技もとても上手かったので、今後の活躍に期待したいと思います♪

 


スポンサーリンク

相棒season18の第7話の予想や見どころ

第7話のタイトルは「ご縁」。特殊詐欺事件を解決するために、特命係が代理婚活パーティーに潜入!?ゲストは河西健司さん、山口美也子さん、松井紀美江さんです。

 

アポ電強盗や特殊詐欺事件、代理婚活パーティーなど、社会の問題や流行りがテーマの話になりそうですね。特殊詐欺ということで、捜査一課だけでなく角田課長(山西惇さん)率いる組対五課も加わり、まさに警視庁のおなじみメンバー勢ぞろいになりそうで楽しみです。

 

さらに、代理婚活パーティーに潜入するため、右京が父親、青木がその息子となり捜査をするようです。予告では、「デートなんて!」と嫌がる青木が目の前に現れた美しい女性に驚き…というシーンがありますが、まさか青木さん、その女性と恋に落ちてしまうのでしょうか?

 

青木といえば、今はサイバーセキュリティ本部に在籍していますが、一時期は特命係にいたこともある人物。コンピューターの専門知識が豊富で、それを武器に特命係に事件の手がかりを教えたり、特命係からの依頼を受けて捜査に協力したりしています。

 

普段は愛想が悪く、特命係からの頼みごとにもいちいち嫌そうな顔を見せる青木。そんなひねくれものの彼が、女性と出会ってどんな姿を見せるのか楽しみにしたいです♪

 

相棒season18第6話のまとめ

放送開始から20年目をむかえる長い相棒シリーズの中で、いろいろな才能を見せてきた杉下右京。

 

おなじみの天才的な推理力に加え、豊富な知識と語学力、さらに身体能力も高いなど、まさに完全無欠ともいえる右京は、目が見えなくてもいつもと変わらず冷静に事件の真相に迫っていましたね。事件を解決し、無事に視力を取り戻した右京を見て、こちらまでほっとしてしまいました。

 

今回の相棒 season18では、行方不明になったり目が見えなくなったりと災難つづきの右京さん。これ以上悪いことが起こりませんように…と少し心配しながら、残りの放送も楽しみに待ちたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました