『有馬記念』2018年結果!優勝馬はブラストワンピース!池添騎手!

スポンサーリンク

有馬記念、2018年の優勝馬はブラストワンピース、グランプリ男の池添騎手でした。

 

レース結果と池添騎手のインタビューを掲載しました。

スポンサーリンク

『有馬記念』2018年のレース結果

YouTube

 

着順 馬番 出走馬 騎手 人気
1 8 ブラストワンピース 池添謙一 3
2 12 レイデオロ ルメール 1
3 15 シュヴァルグラン ボウマン 9
4 11 ミッキーロケット マーフィー 8
5 14 キセキ 川田将雅 2
6 6 サトノダイヤモンド アヴドゥラ 6
7 16 サクラアンプルール 田辺裕信 15
8 3 モズカッチャン M・デムーロ 4
9 1 オジュウチョウサン 武豊 5
10 4 マカヒキ 岩田康誠 12
11 10 ミッキースワロー 横山典弘 10
12 9 リッジマン 蛯名正義 13
13 13 スマートレイアー 戸崎圭太 16
14 5 パフォーマプロミス C・デムーロ 7
15 2 クリンチャー 福永祐一 11
16 7 サウンズオブアース 藤岡佑介 14

 

『有馬記念』2018年池添謙一騎手のインタビュー

YouTube

 

インタビューの文字起こしは以下です。

 

ずっとこの馬はG1とれると言い続けてきて、ダービー、菊花賞とれなくて、やっとG1とれる馬だと証明することができて、すごく嬉しいです!ありがとうございます!

 

レースプランについて聞かれると。

 

真ん中の枠(8)だったので、閉じ込められるっていうのも気を付けながら、あとは、攻めて競馬したいと思ったので、ゲート少し出していって、それであの位置だったんですけど、もう本当に上手に道中走ってくれてましたし、最後、詰め寄られたんですけど、踏ん張ってくれました。

 

残り600メーターあたりからぐんぐん追い出していったというふうに見えました。

 

そうですね、前もしぶとい馬なので、後ろもレイデオロいるのわかってたんですけど、ま、このタイミングかな、って思って、行きました。

 

直線、確かに仰るように、真後ろからレイデオロも来ていましたが、そのあたりの手ごたえは?

 

ブラスト自身は一生懸命のびていてくれてましたし、もう本当、頑張ってくれ、頑張ってくれと思いながら追ってたんですけど、さか登り終わって詰め寄られたのわかってたので、なんとかしのいでくれて本当に頑張ってくれたと思います。

 

3歳馬、ずっとコンビを組んできて、ダービーでも悔しい思い、菊花賞でも悔しい思いをしてきた、今の気分を改めて言葉であらわしてください。

 

いやー、本当最高です。ありがとうございます。

 

来年、4歳馬のブラストワンピース、まだまだ強くなりますか?

 

まだまだこれから成長してくれると思いますし、パワーのチャンピオンとして頑張れる馬だと思うので、また応援していただきたいと思います。

 

そして、「ブラストワンピースの単勝を握っていた方も多いと思います。メッセージお願いします。」のインタビューに対して、池添騎手の顔がほころんで笑顔で答えるシーンが印象的でした。

 

有馬記念というグランプリで結果を出すことができて、ブラストワンピースを応援し続けてくれたファンのみなさん、本当にありがとうございます!

見守っていてくれてありがとうございます!

まだまだ頑張ってくれると思うんで、これからもブラストワンピース応援してください!

ありがとうございました!

 

池添騎手は今回で、有馬記念で4回目の優勝です。来年にも期待がかかりますね。

 


スポンサーリンク

『有馬記念』2018年レースの模様と感想

オジュウチョウサンがトップに出てきてリード、キセキへと先頭が入れかわり、2番手にオジュウチョウサン。この時点では、ブラストワンピースは真ん中あたり。

 

その後、先頭は3キセキへ。2番手のミッキーロケットとは3馬身以上の差でリード。この時点でもブラストワンピースは中盤の先頭。

 

このまま逃げ切るのかと思いきや、ブラストワンピースがじわじわと追い上げてきて、残り100メートル時点でブラストワンピースがトップに躍り出て、後ろからレイデオロも追いついてきますがそのままゴール!

 

オジュウチョウサンがどのような走りを見せてくれるか、ジョッキーが武豊騎手ということもあって注目していたのですが、最初にトップを走ってくれたし、まずまずの結果でよかったんじゃないの、って思いました。

 

垂れ幕は最多で8枚と人気でしたね。

 

すごくいいレースでした!

タイトルとURLをコピーしました