ハワイ好きなら知っておくべき!日焼け止めが禁止になった理由!

スポンサーリンク

 

 

ハワイは、年間900万人~1.000万人が訪れる世界的な観光地で、大好きな日本人も多いですよね。

 

その大人気観光地のハワイが、「日焼け止め」のクリーム・ローション・軟膏の使用を制限することになりました。

 

日焼け止めの使用制限をすることになった理由や施行される日、使用できる日焼け止めについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

ハワイ州が日焼け止めを禁止にした理由

 

ハワイ-日焼け止め-1

 

 

ハワイは火山活動が活発な島々で、ハワイ島のキラウエア火山は現在も溶岩を排出しています。

 

その諸島群で構成されたハワイ州の周囲は珊瑚礁の宝庫です。

 

珊瑚礁保護を目的にした有害物質の販売及び流通を禁止する州法が2018年5月制定されました。

 

州知事が署名して2021年1月1日から珊瑚礁に対しての有害物質が含まれる製品・商品の販売と流通が禁止されます。珊瑚礁保護を目的にした法律制定・施行は世界初の法律です。

 

販売が禁止される有害物質は紫外線を吸収する化合物、「オキシベンゾン」「オクチノキサート」です。

 

むずかしそうな名前だけど。。。

 

「オキシベンゾン」は、日焼け止め・ファンデーション・洗髪剤の化粧品に多く配合されています。

 

UV-B・UV-Aの幅広い紫外線を吸収する機能を持っており、石油合成成分(有害化学物質)で皮膚障害を起こす可能性がある成分です。

 

「オクチノキサート」は紫外線を吸収する機能を持つ有機化合物で、日焼け防止剤(紫外線吸収剤)として多く使用されています。

 

反面、女性ホルモンの内分泌攪乱作用の副作用が指摘されていて、女性ホルモンに感受性の高い子供・妊婦への影響が懸念されています。

 

 

つまり、人間にもよくないってことね!

 

法案では、「オキシベンゾン」「オクチノキサート」が成長途中の珊瑚を死滅させ、珊瑚の白化を加速して、「珊瑚礁・海洋生物の遺伝子を傷つける」原因としています。

 

ハワイ人問題事務局(OHA)など、多数の環境保護団体が法案を支持しています。

 

上記の化合物「オキシベンゾン」「オクチノキサート」が珊瑚礁の白化原因とされ、ハワイ州内での販売・流通が禁止になるのです。

 

この2つの化合物は、有名な日焼け止め剤「コパトーン」を始めとした3,500種類以上の製品に含まれています。

 

「うっかり禁止されている日焼け止めを使ってしまったらどうなるの?」

 

という心配はありませんので安心してください。

 

なぜなら、ハワイ州内から製品・商品が無くなるので、使用することができなくなっていくからです。

 

この州法の影響で日焼け止め剤を購入できなくなると、今まで大量に使用されていた日焼け止め剤の使用が減ります。

 

日焼け止めがないと

紫外線が心配だわ…。

 

「日焼け止め剤を塗布しないと紫外線を防御する保護剤がないので、皮膚癌のリスクが増えるのでは?」

 

と心配になりますが、有害化合物が含まれていない日焼け止め製品、天然成分の日焼け止め製品の開発・流通に切り替わると想定されます。

 

日焼け止めの悪影響

 

ハワイ-日焼け止め-2

 

 

日焼け止め剤に含まれる有機化合物「オキシベンゾン」「オクチノキサート」が有害物質とされ、ハワイ州諸島を取り巻く珊瑚礁群・海洋生物生態系に悪影響があると調査報告がありました。

 

調査結果では、年間1万4,000トンの日焼け止め剤が珊瑚礁群に流れつき、「オキシベンゾン」「オクチノキサート」が付着して発育を阻害し、白化の原因とされました。

 

 

ハワイ日焼け止め-4

 

 

「オキシベンゾン」「オクチノキサート」が配合された日焼け止めを使用禁止にすることで、汚染を抑えて、発育を阻害された珊瑚礁群は回復するとしています。

 

人体にも影響はある可能性がある有機化合物ですので、生物にとっては敵ですよね。

 

ハワイ州は日焼け止め剤に含まれる有害化合物を禁止することで、海洋環境保護の最先端に位置付けられます。

 

珊瑚礁群・海洋生物生態系と人間の健康保護へ大きな変革をもたらす法律になることに間違いありません。

 


スポンサーリンク

施行される年月日

 

ハワイ-日焼け止め-3

 

 

「オキシベンゾン」「オクチノキサート」の有機化合物を含む日焼け止め剤の販売・流通をハワイ州の全土で禁止する法案は、2021年1月1日から施行されます。

 

「オキシベンゾン」「オクチノキサート」が含まれる薬剤は、医師の処方箋がある場合を除き、販売・購入ができなくなります。

 

ハワイ州では「オキシベンゾン」「オクチノキサート」の有機化合物が含まれる日焼け止め剤の販売・流通が禁止されます。

 

今後は、「オキシベンゾン」「オクチノキサート」の有機化合物が含まれていない日焼け止め剤が販売になります。

 

ハワイ州に観光に行ったのに、

 

「ハワイでは日焼け止めを一切付けてはいけないのか?」
「ハワイで日焼け止めは一切買えなくなってしまうのか?」

 

ということではありません。

 

有毒な有機化合物が含まれていない商品は販売されますので安心してください。

 

最後に

 

常夏の島「ハワイ」で、日焼け止め剤の販売・流通が州法で禁止されるニュースに衝撃を受けた人も多いと思います。

 

2021年1月1日から特定の有機化合物が含まれる製品・商品の販売・流通がNGとなりますが、施行まで2年半の猶予期間があります。

 

現在は、州内のドラッグストア・スーパーマーケット・CVSで幅広く販売されていますが、2021年1月1日から商品棚から姿を消すことになります。

 

日焼け止め剤には、ナチュラル素材のみを使用した製品のみが販売されることになります。

 

また、日焼けを防ぐ衣類の販売も始まっています。

 

ハワイ州で日焼け止め剤の使用が禁止されることではありません。有害有機化合物が含まれない日焼け止め剤は使用できますので安心してください。

 

と言っても、

 

今まで使っていた日焼け止めが使えなくなるは心配ですよね・・・。
それに、ナチュアルな日焼け止めで対策できるのかも不安・・・。

 

せっかくハワイで楽しもうと思っていたのに、日に焼けることを心配しながら過ごしたくないですしね。

 

ですが、いいものを見つけちゃいました。

 

飲むだけで全身の日焼け止め予防をしてくれる錠剤があったのです。

 

SIMIホワイトは飲む日焼け止め!

 

SIMIホワイトという医薬品で、なんと日焼け対策に加えて、できてしまったシミを薄くしてくれる効果もあるんです!

 

シミホワイト1

 

日焼け止めと違って全身に効き目があるので、塗り忘れた部分があっても大丈夫だし、パンケーキを食べに行く時やショッピングの時の日焼け止め対策も出来るのでハワイを思いきり楽しむことができます。

 

飲むだけで日焼け止めができるなんて!

 

私はハワイに行った際にはドルフィンスイムにも参加するので、飲むだけで日焼け止めできるなんて嬉しい限りです。

 

SIMIホワイトの特長

SIMIホワイトには1日分のL-システインが最大限の240mgも入っているので、深刻なシミにも効果を発揮します。

 

1回3錠で、一日2回、合計で6錠飲みます。

 

シミホワイト2

 

L-システインには、細胞を守ろうとして作られるメラニンを薄くする作用がありますが、医薬品にしか使えないってご存知でしたか?

 

サプリには入れることができないので、できてしまったシミの改善や日焼け対策できます、と言えるのは医薬品だけなのです。

 

2021年1月1日からハワイでは「オキシベンゾン」「オクチノキサート」が含まれているコパトーンなど有名な日焼け止めが使えなくなりますが、医薬品のSIMIホワイトを飲めば日焼け止め予防とシミ改善が出来るので安心です。

 

2021年になる前から使うことにしました^^

 

日焼け止め対策とシミ改善できるのは医薬品だけですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

▼SIMIホワイトを見てみる▼
 

タイトルとURLをコピーしました