スカーレット109話 ネタバレ あらすじと感想!八郎に女性が!?

スポンサーリンク

武志の進路も決まったことで、喜美子は八郎へお礼の電話をします。思い切って電話をすると、受話器から聞こえてきたのは女性の声でした。動揺を隠せない喜美子は、照子に相談しますが、照子が言っていることが理解できません。その女性の正体とは…、想定外のオチに一本取られました。スカーレット109話のネタバレ あらすじと感想をまとめました♪

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット109話 ネタバレ あらすじ

スカーレット109話 ネタバレあらすじ

 

昭和54年(1979)、春。武志は、京都の美術大学で陶芸を学ぶことになりました。入学式当日、喜美子はマツと共に、武志との残された時間を名残惜しみながら過ごします。

 

心配する喜美子をよそに、武志は「大学中は帰らない。」と宣言します。しかし、喜美子にこれまでの感謝を伝え、颯爽と旅立って行きました…。

 

武志の大学資金には、八郎が毎月欠かさず仕送りしている養育費が使われています。喜美子は仕送りのお礼も兼ねて、八郎に連絡しようと考えます。

 

10年以上、八郎の声を聞いていない喜美子は、躊躇しながらも電話を掛けると、受話器から見知らぬ女性の声が聞こえてきて…。

 

後日、照子が家庭菜園で取れた山盛りの野菜を持って訪ねて来ます。

 

喜美子は例の電話の件を照子に話すと、「もっと世の中を知れ!」と呆れられます。電話の女性の正体は「留守番電話サービス」の音声でしたが、流行に疎い喜美子は存在を知りませんでした…。

 

あくる日、川原家に直子や百合子たちが久しぶりに集合します。いつの間にか、気の利くしっかり者に成長していた直子に一同は興味津々です。鮫島のおごりでうな重を堪能しながら、楽しい時間を過ごします。

 

その後、マツが「幸せな死に方」について話し始めます。縁起でもないと喜美子たちは諭しますが、「幸せな死に方」には、マツの理想が込められていました…。

スカーレット109話の感想

京都へ旅立つ武志が、卒業するまで戻ってこないと言うのを聞いて、気合い入っているな、しっかりと学ぶ意欲満々だな、と頼もしく思ったら、マツの布団を敷くことができなから、喜美子に頼んだシーンでは、優しさもあるし、母親に大学に行かせてくれた感謝するしで、なんていい息子なんだろと感心しました。

 

武志が、大学に行かせてくれたことを喜美子に感謝したのは、陶芸の道に進むこと、八郎と同じ大学へ進ませてくれたことも含まれているのでは、と思いました。

 

八郎へ電話をしたら女性の声がしたので、動揺した喜美子でしたが、なんで動揺するのだろう!?八郎が再婚していても、同棲していても、彼女がいてもおかしくないですからね。八郎が穴窯を見に来た時も、展覧会のノートに名前を残した時も、喜美子は何もしなかったじゃないですか。今更なに動揺してるの!?って思っちゃいましたよ。

 

女性の声が留守番電話の案内だったとは、想定外のオチでした。喜美子の家には留守電はついていないんですね。女性の声がどうしても気になった喜美子でしたが、照子は、まだ八郎のことを思ってるんだ…、と思ったことでしょうね。

 


スポンサーリンク

スカーレット109話 ツイッターの口コミ

 

スカーレット109話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット109話の喜美子が動揺するシーンはぜひ動画でご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました