スカーレット120話ネタバレあらすじと感想!武志が大切な作品を…

スポンサーリンク

喜美子と別れてから、そして陶芸から離れてから、八郎はずっとあることを考えていて一歩を踏み出すことが出来ませんでした。そして実行しようと思っても、出来ずにいたのですが、武志が代わりに…。スカーレット120話のネタバレあらすじと感想をまとめています♪

 

武志の思わぬ行動に八郎は感謝するシーンはぜひ動画でご覧ください。

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

 

スポンサーリンク

スカーレット120話ネタバレあらすじ

スカーレット 120話 ネタバレあらすじ 感想

 

<放送日:2020年2月22日(土)>

 


久しぶりに親子3人で夕食を食べることになりましたが、武志が「雰囲気が気まずい。」と言い出します。それを聞いた喜美子は、八郎に他人行儀な態度はやめて、普通にしようと提案します。喜美子はあれこれ実践しますが、逆に意識してしまいます…。

 

動揺する喜美子に八郎は、辞めてしまった陶芸への思いを口にします。陶芸を始めた頃のドキドキした感じがないと告げるも、陶芸を恋に例えた上で、「もう一度好きになりたい。」と本音を打ち明けます。

 

冷静になった喜美子は、八郎に「うちと新しい関係を築こう。」と提案します。すると、その話を聞いていた武志が割って入り、八郎の新人賞の受賞作品を持って外に飛び出します。

 

武志は作品を地面に叩きつけ、「前に進むために壊した。」と伝えます。すっきりした表情を浮かべた八郎は、笑顔で感謝を伝えました…。

 

後日、アンリが完成した花瓶を受け取りに来ます。

 

喜美子は「誰かの人生を豊かにしたい。」とアンリに伝え、パリ旅行のお誘いを断ります。アンリからは「人を思うことが人生を豊かにする。」と励まされ、2人は笑顔で別れることになりました…。

 

一方、「窯業研究所」に通う武志にもある変化が訪れます。釉薬のサンプルの中から、雪の花が咲いたような結晶を見つけたのです。初めて出会う模様の美しさに、武志は心が惹かれていきます…。

 

スカーレット120話の感想

八郎は何度も、新人賞を受賞した時の作品を割ろうとしていたのですね。実行できず、武志が割ってくれた。あのお皿は、喜美子との結婚を常治に許してもらいたい気持ちで作ったやつ。それを壊そうと思ったのは、陶芸というよりも、喜美子への気持ちを断ち切ろう、忘れよう、と思ったからではないでしょうか。

 

八郎、喜美子に告白したようなものですね。陶芸に対してもう一回好きになりたい。ドキドキとか単語並べて、これは陶芸の話をしつつも、喜美子への告白です。恋愛テクニックでも使われますしね。

 

飛行機に乗るには、靴を脱いでとか、すごく狭いとか、八郎、信作、武志にいじられまくりの喜美子。半径10メートルの世界でしか生きていないから、飛行機の乗り方も知らないし、すぐに信じてしまうし、どこまでが本当で、どこからが冗談なのかもわからない。そんなところ、八郎は可愛くてしょうがないのかも。

 

一瞬、アンリとパリに行こうかと思ったけど、創作意欲が湧き出てきた喜美子。またすごい作品を生み出しそう。

 


スポンサーリンク

スカーレット120話ツイッターの口コミ

 

スカーレット120話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット120話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

タイトルとURLをコピーしました