スカーレット121話ネタバレあらすじと感想!信作が両親と口論に!?

スポンサーリンク

喜美子と八郎の今後が気になるところですが、今週は、サニーが舞台です。信作と両親が言い争いをしています。平和な大野家にどんな大事件が起きたのでしょうか!?スカーレット121話のネタバレあらすじと感想をまとめています♪

 

信作と百合子のシーンがたっぷりなスカーレット121話はぜひ動画でご覧ください。

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット121話ネタバレあらすじ

スカーレット 121話 ネタバレあらすじ 感想

 

<放送日:2020年2月24日(月)>

 

 

創作意欲が湧き上がり、喜美子は新しい作品作りを始めます。「誰かの人生を豊かにしたい。」と作陶に燃えていた頃、信作の実家の喫茶店には不穏な空気が漂っていました…。

 

カフェ・サニーでは、信作と父・忠信と母・陽子がにらみ合いを続けていました。対立の発端は、信作が商店街の福引き大会で当てた「有馬温泉 ペア招待券」にありました。福引を当てたのは自分だと主張する信作に対し、福引券を貯めたのは自分たちだと陽子たちは反論します。

 

招待券の有効期限が明日までということもあり、親子の権利争いは過熱します。そこに百合子が姿を現し、信作は賛同を得ようとします。しかし、百合子は2人に対して日頃から感謝の思いを感じていて、恩返しのつもりで招待券を譲ろうとします。

 

百合子は「ありがとうだけでは足りない。」と、父・常治や母・マツが恩を受けていたことにも触れ、お礼をしたいと信作に提案します。信作も渋々ながら同意し、招待券をめぐる騒動は決着を迎えました…。

 

翌日、大野夫妻と娘2人が悠々と温泉旅行に出かけて行きます。2人が留守の間、信作と百合子が店番をすることになりました。信作はビシッと服装を整えて、都会のマスターを気取ります。しかし、肝心のコーヒーの淹(い)れ方も知らず、前途多難な予感が漂います。

 

そこに、出張帰りの敏春が姿を見せます…。

 

スカーレット121話の感想

信作と両親が真剣な言い争いをしているから、まさか信作が異動で引越しでもするの?と思ったら、福引で当てた温泉旅行だったとは。大野家の言い争いは平和ですね。

 

どうせ当たらないと思って、くじの券を信作に譲ったら、見事に温泉旅行を当ててしまって、お互いに自分に権利があると主張するって当然だよね。こういうことは、最初から話を決めておかないと揉め事になります。

 

旅行の前日に、温泉旅行が当たったのを思い出したって、信作らしいです。

 

スカーレットの中で一番、百合子が好きです。優しくて、しっかりしていて素敵な女性。私が男だったら、百合子と結婚したい。

 

ずっと、喜美子と八郎のことで気が張っていたので、サニー特集は穏やかな気持ちで見られそうで楽しみです♪

 

信作と百合子が二人きりになったし、新婚気分に浸るのか、事件が起きるのか楽しみ。最初のお客は誰だろう、と思ったら、敏春…。何かあったのか気になる。

 


スポンサーリンク

スカーレット121話ツイッターの口コミ

 

スカーレット121話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット121話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

タイトルとURLをコピーしました