スカーレット132話ネタバレあらすじと感想!武志の余命に喜美子は…

スポンサーリンク

喜美子は大崎医師に武志の余命を告げられ一人で抱え込みます。喜美子の異変に気づいた照子は怒りは自分にぶつけろと迫ります。何も知らない八郎は、武志に助言をしてしまいます…。スカーレット132話のネタバレあらすじと感想です。

 

戸田恵梨香さんが照子に怒りをぶつけるシーンがすごかったです。必見のシーンはぜひ動画でご覧ください。U-NEXTに登録するとオンデマンドでスカーレットが視聴できます♪

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット132話ネタバレあらすじ

スカーレット 132話 ネタバレ

 

<放送日:2020年3月7日(土)>

 

県立病院で精密検査を受けた結果、武志は「慢性骨髄性白血病」と診断されました。聞き馴染みのない病名に喜美子は困惑しますが、武志が病気に侵されていることは理解できました…。

 

その後、担当医の大崎医師から病気の詳しい症状を聞かされます。

 

武志は現在、「慢性期」に当たるとし、この時期は通院による投薬治療で構わないと言います。しかし、時間と共に確実に症状が悪くなり、急激に悪化すると死に至ると告げられます。

 

さらに、武志に残された余命は3~5年と宣告され、喜美子に衝撃が走ります。喜美子は力なく「短いなぁ…。」とつぶやきますが、大崎医師からは唯一治る可能性がある「骨髄移植」について教えられます。

 

しかし、武志の白血球の型と一致するドナーを見つけるのは容易ではありません。しかも、両親がドナーになれる確率はわずかに1%未満という、厳しい現実を目の当たりにします…。

 

大崎医師は病名を告知した上で、「しっかり最後まで生きて欲しい。」と喜美子に伝えます。激しい動揺を隠す喜美子でしたが、一人になると武志の病気のことが頭から離れません…。

 

ある日、照子が竜也を引き連れ、武志のお見舞いにやって来ます。喜美子は堪らず、抑えていた感情が爆発し、怒りと悲しみを吐き出します。照子が黙って受け止める中、静かな部屋に、喜美子の慟哭が響きました…。

 

 

その後のある日、川原工房に八郎と武志がいて、テーブルの上に八郎が若い頃書いていたノートが開かれていました。

 

八郎は、「焦りやな」と言い、「若い頃はなんであんなに焦ってたんやろう!?」「焦らんでええ。武志はゆっくり行けや。時間なんていっぱいあるで」と武志に助言するのでした。

 

スカーレット132話の感想

余命は3〜5年。最後までしっかりと生きて欲しいって、ドナーが見つからない限り、5年以内に死んでしまうってことだよね。残酷です。悲しすぎます。

 

戸田恵梨香さんの演技すごかったです。10代から、成人した子供の母親まで演じて、今回、悲しみや怒りを照子にぶつけるシーン、すごかった。すごい女優さんです。

 

スカーレットの脚本は本当にうまくできていますよね。今回は、余命宣告をされて悲しみのどん底にいる喜美子に照子が息子と大阪旅行に行く設定。そして、八郎に時間なんていくらでもある。って武志にアドバイスする設定。残酷ですが、対照的な設定をすることで、喜美子の悲しみがクローズアップされる。

 

大崎先生は、稲垣五郎さんでぴったりじゃなくて、稲垣五郎さんでなくてはいけなかった理由が今日証明されましたね。

 

 


スポンサーリンク

スカーレット132話ツイッターの口コミ

 

スカーレット132話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!戸田恵梨香さんが照子に胸の内をぶつける迫真の演技スカーレット132話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました