スカーレット131話ネタバレあらすじと感想!武志の病名が明らかに

スポンサーリンク

病院で検査をすることになった武志は、医者(稲垣五郎)に親御さんも一緒にと言われ、喜美子と病院を訪れます。喜美子にだけ病名が明かされました。スカーレット131話のネタバラあらすじと感想をまとめています!

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット131話ネタバレあらすじ

スカーレット 131話 ネタバレ

 

<放送日:2020年3月6日(金)>

 

 

喜美子は、武志から体調の異変と、病院で精密検査を受けることを告げられます。武志は、「親御さんもいっしょに…。」と医療機関から促されたため、後日、喜美子と2人で病院に向かいました…。

 

診察室に入ると、武志の担当医である大崎医師(稲垣吾郎さん)の姿がありました。喜美子が以前出会った風変わりな男性です。その後、詳しい検査を受けて結果を待つことになりました。不安を抱える喜美子でしたが、武志の前ではみじんも見せず、明るく振る舞います…。

 

ある日、不安を抱えながら日々を過ごす喜美子の元を、直子が突然、大阪から訪ねて来ます。

 

重大報告があると言う直子の話に喜美子が耳を傾けます。その報告内容とは「鮫島と別れた。」という、驚くべきものでした。「自分がわがままばかり言うので捨てられた。」と明かす直子の目には、うっすらと涙がにじんでいました…。

 

年末が近づく頃、武志の検査結果が出ました。喜美子と武志は結果を聞くため大崎医師の元を訪れます。大崎医師からは「今まで通りの生活で構わない。」と言われますが、武志の不安は拭えません。

 

その後、喜美子だけが診察室に残り、改めて詳しい診断結果を聞かされました。

 

白血球と染色体に異常が見られた武志は「慢性骨髄性白血病」と診断されました。病気のことを詳しく知らない喜美子でしたが、胸の内の激しい動揺は隠せませんでした…。

 

スカーレット131話の感想

武志は体調の異変に気付きながらも、作品造りを優先していて病院へ行くのが遅れてしまった。ずっと一人で不安を抱えていたのでしょうね。もっと早く病院へ行っていれば、こんなことにはならなかったのかな。

 

川原家は長生きの家系ではないのかな。お父ちゃんは早くになくなったし、信作の両親はまだまだ元気なのに。

 

喜美子はこれからも武志に病気のことは伏せて明るく接して行くのだろうか。けど、武志は幼い頃からずっと両親のことを見て、気を使って振舞っていた子だから、敏感だから、喜美子が隠してもわかると思う。

 


スポンサーリンク

スカーレット131話ツイッターの感想

 

スカーレット131話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!武志の病名が明らかないなったスカーレット131話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました