スカーレット139話ネタバレあらすじと感想!ドナーは見つかるの!?

スポンサーリンク

武志を救うために、喜美子、八郎をはじめ、照子の家族や武志の友人たちもドナーの検査を受けたいと申し出てくれました。まずはじめに喜美子の結果が知らされますが…。武志と一致するドナーは見つかるのでしょうか!?スカーレット139話のネタバレあらすじと感想をまとめています。

 

ネタバレを含みますのでご注意ください。スカーレット139話を見るなら、U-NEXT経由のオンデマンドがおすすめです。

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット139話ネタバレあらすじ

スカーレット 139話 ネタバレ

 

<放送日:2020年3月16日(月)>

 

昭和59年(1984)2月。武志が病院を退院して、再び喜美子と暮らし始めます。そして、喜美子のドナー検査の結果が判明する日を迎えます。白血球の型が一致し、骨髄移植が可能となれば、武志を救う道が開けます。

 

その後、喜美子はかすかな望みをかけて病院を訪れます。

 

診察室で待つ大崎医師からは、白血球の型が一致しなかったという結果報告を受けました。大崎医師は落ち込む喜美子の後を追い、「患者の会」の存在を教えてくれます。白血球の型が一致しなかった家族が開いている会合でしたが、喜美子は八郎の結果を待つことにします…。

 

数日後、八郎の検査結果も判明しましたが、残念ながら一致はしませんでした。落ち込む八郎に、喜美子は「後ろ向きなことを言ったら、罰金や。」と言い出し小瓶を持ってきました。

 

しかし、照子や信作たちも検査を受けてくれることになり、可能性は少しずつ広がっていきます。喜美子は、知り合いたちに希望を託しますが…。

 

一方、武志が友人たちに病を打ち明けると、ショックを受けながらも、力強い励ましの言葉が返ってきます。後日、友人たちは真奈と一緒に喜美子の元を訪れ、ドナー検査への協力を申し出ます。多くの協力者が集まり、希望は膨らみますが…。

 


 

その後、多くの方々がドナー検査に協力してくれましたが、適合者は現れません、全滅でした。不安な日々を過ごす喜美子に、ちや子から一本の電話が掛かってきます。「気分転換にお茶でもしよう」と、2人は会う約束をします…。

 

スカーレット139話の感想

残念ながら、たくさんの人が検査してくれたのにドナーが一致する人は一人もいなかったけど、最後にちえこさんから電話があったので希望が持てそう。ちえこさんは議員さんだし、顔も広いし、信楽で探しているより、もっと多くの人に検査に協力してもらえそう。だから、きっと一致する人が見つかって、武志は救われるような気がします。

 

落ち込む八郎に、喜美子が罰金だと言ったことで八郎も前向きになれましたね。喜美子はイノシシのように突進するタイプだけど、地に足がついていてうろたえたりしないところは、小さな頃からの苦労を乗り越えた影響かな。

 

喜美子も武志もいい人たちに恵まれましたね。本当に困った時、相手の本質が見えるものですが、喜美子たちの周りには思いやりがあって素敵な人たちばかり。このような人たちばかりだったら平和な世の中になるのにね。

 

大崎先生が喜美子に紹介した『患者の会』で出会いがあって、そこでもドラマがあって展開していくのかな。

 


スポンサーリンク

スカーレット139話ツイッターの反応

 

スカーレット139話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット139話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました