スカーレット138話ネタバレあらすじと感想!武志が望むのは!?

スポンサーリンク

武志の病気や余命を聞かされた八郎は、喜美子にある想いを伝えますが、喜美子から武志が望んでいることを聞かされます。武志の気持ちを知った八郎は涙を浮かべて気持ちを改めます。スカーレット138話のネタバレあらすじと感想をまとめています!

 

涙する八郎、お見舞いに訪れた真奈と武志のほっこりするシーンはぜひ動画でご覧ください。

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット138話ネタバレとあらすじ

スカーレット 138話 ネタバレ

 

 

<放送日:2020年3月14日(土)>

 

武志の入院生活を支える喜美子の元に八郎がやって来ます。八郎は名古屋での仕事を辞めて、武志のそばで暮らしたいと申し出ますが、喜美子は難色を示します。

 

その後、喜美子は八郎と居合わせた信作に武志のある思いを伝えます。喜美子から「武志は、いつもと変わらない一日を過ごしたい。」と告げられた八郎は、涙を浮かべながらも父親として、武志の力になれるように気持ちを改めます…。

 

武志の病気を周囲に伝えた後、武志を励ますために、病室には続々と知り合いたちが押しかけます。照子や信作の家族が場を盛り上げ、八郎も機会を見つけては顔を出します。

 

ある時、武志が八郎を見送ろうと立ち上がると異変が起こります。突然、武志が倒れ、喜美子や八郎に焦りを与えます…。

 

倒れた武志は検査を受けますが、大きな異常はありませんでした。

 

しかし、微熱があることに加え、感染症の疑いもあるため、しばらく入院を続けることになりました。友人の真奈もお見舞いに訪れ、武志から詳しい病状を聞きます。真奈は募る思いをメモ越しに伝え、武志の手をギュッと握りしめました…。

 


数日後、武志が退院しました。これからは2週間に一度の通院治療に切り替えます。アパートは引き払い、久しぶりに実家で暮らすことになります。喜美子や八郎の支えを受けながら、武志の病気との戦いは続いていきます…。

 

スカーレット138話の感想

退院したいと言っていた武志が突然倒れてどうなることかとヒヤリとしたけど、無事に退院できてよかった。

 

喜美子はやっぱり鈍感ですね。真奈と二人きりにさせてあげようとする八郎との会話が夫婦漫才みたいで面白かったです。

 

好きな人が病気になると去っていく人がいますが、真奈は病気ごときで去る女性じゃなくてよかった。会話ができるのに、メモに書いて意思疎通したのは、天然なのか、敢えてそうしたのかな。逢いたかったや手を繋いでいい?って言葉だと恥ずかしいし、メモ書きだと可愛い。

 

元気な時は、あれもしたい、これもしたい、って思うけど、病気になると、なんでもないいつも通りの1日を過ごしたいと思うよね。けど、武志の若さでそのように思えるってすごい。

 

八郎はやっぱり仕事を辞めて武志と一緒にいたいと言い出しましたよね。喜美子は、武志はいつも通りに過ごしたいから、と断りましたが、長い年月、二人は離れて暮らしていたから、八郎の希望通りにしてあげて欲しかったです。

 

 


スポンサーリンク

スカーレット138話のツイッターの反応

 

スカーレット138話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット138話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました