スカーレット88話ネタバレあらすじと感想!2人の距離が分かる演出

スポンサーリンク

銀座の個展の件などで意見が対立し、微妙な空気が流れていた八郎と喜美子でしたが、2人の関係はどう展開して行くのか目が離せません。88話では、一見落ち着いた関係に見えますが、2人の関係について見事な演出が。この演出は映像じゃないとわかりません。スカーレット88話のネタバレあらすじと感想です♪

 

▼今すぐスカーレットを見る▼

 

スポンサーリンク

スカーレット88話ネタバレあらすじ

スカーレット,88話,ネタバレ

 

母・マツは、参加している合唱団で張り切り過ぎてしまい、未だに声はかすれたままです。そんな中、マツが台所でネズミを発見します。するとマツは、突然ホウキを持ち出してきてネズミを追い払います。マツのあまりの変貌ぶりに、喜美子と百合子は衝撃を隠せませんでした…。

 

気を取り直して、喜美子は発注を受けた「絵付け小皿」200枚の作陶に取り掛かります。喜美子は、今日中に200枚分を仕上げるつもりです。三津も手伝うことになりましたが、作陶に集中する喜美子の姿に圧倒されます。

 

その頃、喫茶店を訪れていた八郎の元に、柔道着姿の照子と信作が帰ってきます。信作は照子に投げ飛ばされたらしく、八郎に泣きつきます。

 

理由を聞くと、信作の結婚条件が「結婚相手の姉を投げ飛ばすくらい強くなる」ということで、照子に特訓を受けていたというのです。結婚相手が百合子という事を知らない八郎は、信作に深く同情します。

 

一方、喜美子の作品に感銘を受けた三津は「自分以上の才能がある。」という八郎の言葉を伝えます。謙遜する喜美子でしたが、八郎に認められたことの喜びを感じていました。

 

喜美子は、集中した甲斐もあり、「絵付け小皿」200枚分の形作りを完了させました。納品期日までは間がなく、渾身の制作作業が続いて行きました…。

 

スカーレット88話の感想

 

八郎の優しさが伝わってくるシーンがいくつかありました。喜美子が200枚の小皿に取り掛かるために工房へ行くと、すぐに作業ができるように八郎が準備をしてくれていたこと。八郎の作ったコーヒー茶碗を割ってしまったことを告げられた時、ケガはしなかったのかと聞いていました。信作が結婚を認めてもらうには、相手の姉を投げ飛ばせる男にならなければ、と聞いて大変だと同情しました。八郎は繊細で相手のことを思いやれる人ってところが散りばめられていました。

 

喜美子は純粋で前向きに一生懸命で、相手のためを思って行動するけど、八郎と違って相手の立場を自分の物差しで判断してしまうところがあって、そのあたりが八郎と対照的ですね。喜美子は一生懸命な分、なぜ空回りするのかどんなに考えてもわからないタイプなのだと思います。

 

銀座の個展をやるやらないで意見の食い違いがあったけど、お互いにやるべきことをやろう、と丸くおさまったかのように見えました。ですが、今回は、八郎と喜美子が揃って画面に写るシーンがなかったです。表面上は意見の食い違いがなくても、2人に距離が開いて行くことが描かれていましたね。スカーレットの演出は本当にすごいです。

 

才能がある人って自分に特別な才能があるって気がつかないので、三津から、喜美子は才能があると八郎が言っていた、と言われても嬉しいけど、八郎は自分の先生だし、それほど才能があるとは気づいていないと思います。宇多田ヒカルさんのお母さんの藤圭子さんは、この子天才なの!と絶賛して周囲に言っていましたが、宇多田ヒカルさんは、単なる親バカだと思っていたし、今でも自分が天才だとは思っていない。そんな感覚。

 

百合子と結婚する条件として、喜美子を投げ飛ばせる男になるため、照子に練習相手になってもらっている信作だけど、喜美子は突然聞かれたので、そのくらいたくましい男じゃなくちゃ、と口走っただけで、それを信作一家は真に受けているだけだと思うのですが。

 


スポンサーリンク

スカーレット88話ツイッターの口コミ

 

スカーレット88話見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中です。U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット88話はぜひ動画でご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました