スカーレット92話ネタバレあらすじと感想!百合子と信作が破談!?

スポンサーリンク

信作から電話があり、サニーに呼び出された百合子は、破談になると言い出し不安でいっぱいになりました。覚悟を決めて信作の待つサニーに行くと、「え〜と、ごめん…」と厳しい顔で話を始めた信作でした…。百合子に気になる人はいないのか?と聞かれた三津は意味深な返事を。スカーレット92話ネタバレあらすじと感想を紹介します♪

 

ネタバレを含みますので、知りたくない方は先に動画をご覧ください!

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット92話ネタバレあらすじ

スカーレット 92話 ネタバレ あらすじ 感想

 

喜美子は、幼なじみの照子と信作の3人で夜通し語り明かしました。翌日、照子と信作を見送った喜美子は小皿作りを再開します。気分を一新した喜美子は、集中力を高めて作陶に臨んでいきました。

 

一方、信作は喜美子や照子からのアドバイスを思い出し、百合子を実家の喫茶店に呼び出します。普段と違う信作の行動に百合子は違和感を覚えます。不安な気持ちを三津に伝え、「破談かもしれない…。」と弱気になります。

 

翌日、信作への疑心暗鬼は拭えぬまま、百合子は約束通り喫茶店を訪れます。三津がこっそり様子を探る中、厳しい表情をした信作が現れます…。

 

元々、多数決から始まったお付き合いでしたが、信作は「そんな流れで結婚はあかん。」と姿勢を正し、改めて百合子に「結婚してください!」と3回も大声でプロポーズ。「百合子がかわいい、大事にしたい、好きや!」とまくしたて、「ゆっくり夫婦になろう。」と思いのたけを伝えます。

 

百合子は不安が募っていたため、今回のプロポーズは余計に嬉しく感じました。もちろん、断る理由などはなく、涙交じりに「ありがとう」と3回返事をしました。後を付けていた三津とも喜びを分かち合い、百合子の溢れる笑顔が夕日に輝いていました。

 

その夜、幸せいっぱいの百合子が三津に、「気になる人もいないの?」と聞くと、「修行しに来てるんですよ」と意味深な答えをしましたが、百合子は「そやな」と納得するのでした。

 

八郎が東京から帰宅する頃、喜美子の「絵付け小皿」の制作は大詰めを迎えていました。自分の求める色が出せたのか、間近に迫る完成に胸が高鳴ります…。

スカーレット92話の感想

信作から電話で「サニーに来て」と言われたとたん、百合子はなぜか破談になる…、と勘違いしました。第三者からすると破談なんてありえないのに、恋をすると女性は自信を無くしちゃいますよね。百合子は本当に女の子って感じです。

 

スーツを着てプロポーズをした信作だったけど、そこまでの流れがネガティブで百合子は不安になるよ。けど、男らしいプロポーズで信作よくやった!と拍手をしたくなりました。

 

信作のプロポーズを聞いていた信作の両親も大喜びだったし、信作ママと百合子がハグしてたし、結婚したらすごく幸せな家庭になりそう!

 

八郎にアプローチする三津は危険な女だと思うけど、百合子が破談になる…と不安になったとき、蹴りを入れてやると言ったり、サニーまで様子を見に行ったりと、思いやりのある子だと思いました。

 

かわはら工房に来た時、元彼のヒロシのことを忘れられないと言っていたのに、もう忘れてしまったと言った三津。百合子に気になる人はいないの?と聞かれ、修行しに来ているから、と答えた三津でした。このシーンから、三津の心の中に八郎がいることがわかりましたね。

 

三津は、あんなに好きだったヒロシのことをあっさりと忘れるくらい、八郎のことを好きになってしまいましたね。気になる人がいないのなら、「いない」と言えばいいのに、「修行しに来てるから」と返事したところもポイント。スカーレットの脚本、好きだな♪

 

百合子がとっても綺麗になったと思います。艶っぽいというか、演技だけでなく、恋をしている女性独特の美しさがかもし出ていますね。百合子役の福田麻由子さんの演技力なのかな!?役柄や写真でも別人のようになるので、すごい演技派なのでしょうね。信作がプロポーズしたとき、「百合子かわいい」って言ってたけど、本当にかわいいと思います^^

 


スポンサーリンク

スカーレット92話ツイッターの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

スカーレット92話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット92話はぜひ動画でご覧ください!百合子が本当にかわいいです♪

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました