スカーレット91話ネタバレあらすじと感想!照子が離婚する!?

スポンサーリンク

八郎が東京出張へ出かけた後、照子が「離婚する!」とかわはら工房へやって来ました。驚く三津に笑顔で迎える喜美子。すると信作が照子の夫・敏夫の手紙を持って駆け込んで来ました。スカーレット91話は仲良し幼馴染が揃いました。スカーレット91話のネタバレあらすじと感想です♪

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スカーレット91話ネタバレあらすじ

スカーレット 91話 ネタバレ あらすじ 感想

 

八郎が個展の下見のために東京に行っている間、喜美子は新たな作品作りを始めます。喜美子は作品作りに精を出しますが、作風に迷い、作業は停滞気味でした…。

 

そんな中、幼なじみの照子が深刻な顔で工房を訪ねて来ます。

 

突然、「うち、離婚するから!」と発言し、居合わせた三津を驚かせます。しかし、喜美子は「一年に一度の恒例行事や。」と笑顔で迎え入れます。

 

その恒例行事とは、照子の夫・敏春が同窓会に参加している間、川原家に転がり込んで来るというもの。その後、敏春から謝罪の手紙を受け取った信作が全力で届けに来る。そして、その様子を見て気が済んだ照子が帰宅するという、信作だけが損をするものでした。

 

喜美子たちが談笑している中、信作が全力で駆け込んで来ます。例の手紙を届けに来て、久しぶりに幼なじみ3人が揃いました。3人は、照子発案の「今やから言うけど大会」などで盛り上がります。そして、喜美子が大阪に発つ前に見つけた、「信楽焼のカケラ」に話題が及びました。

 

旅のお供として喜美子を見守っていてくれたカケラに対して、3人は「ありがとうございました!」とお礼を伝えます。その晩は3人で夜通し語り明かしました。

 

翌朝、一足早く信作が自宅に帰り、新たな一日が始まりました。喜美子は気分一新して、再び作品作りに集中していくのでした…。

 

スカーレット91話の感想

最近は、八郎と喜美子の関係が危なそうでヒヤヒヤしていましたが、今回は、幼馴染3人が揃ったシーンでとてもほのぼのとしました。あんな幼馴染がいるって幸せです。

 

照子の夫は年に一度の同窓会に出かけると、初恋の人と朝まで飲んで帰ってくるから、ってことで毎年喜美子の家に泊まりにくるとかで、子供4人もいると朝まではめ外せるのは今日くらいしかない、って言っていましたが、4人の子供は祖父母が面倒をみるのでしょうか。と疑問に思いました。

 

喜美子が作品作りにいまいちのれないのを見て、「八郎がいないからですか?」と聞いた三津にドキリとしました。三津はどんな時でも八郎のことを考えているんだと思いました。また、喜美子と八郎のことが気になるからですね。八郎が東京から帰って来たら、また積極的にアプローチを続けるのかな!?八郎は三津のことは付き合う対象と思っていないのだから、大人しく陶芸だけ学んで欲しいです。

 

喜美子も照子も、信作が結婚することは知っているけど、まさか百合子だとは一ミリも思っていないんですね。あんな小さな町なのに、バレないのが不思議です。信作の結婚相手が百合子だと知ったら、2人、そしてマツも相当びっくりするでしょうね。

 

 

スカーレット91話ツイッターの口コミ

 

 

スカーレット91話の見逃し動画

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット91話はぜひ動画でご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

タイトルとURLをコピーしました