スカーレット93話ネタバレあらすじと感想!八郎が決断したことは!?

スポンサーリンク

八郎が東京から戻って来ましたが、自宅に直行せずサニーから喜美子に電話をします。作品づくりに悩んでいた八郎は、東京に出かけたことで、自分がやりたいことが明確になりました。八郎が目指す陶芸は!?八郎の帰宅に意味深な言動をする三津でした。スカーレット93話のネタバレあらすじと感想をまとめています♪

 

別人のように吹っ切れた八郎はぜひ動画でご覧ください!

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット93話ネタバレあらすじ

スカーレット 93話 ネタバレ あらすじ 感想

 

 

東京に個展の下見に行っていた八郎が信楽に帰ってきました。電話で八郎から呼び出された喜美子は、喫茶店で「ジョージ富士川」と再会します。実演会を開催するため信楽を訪れていたジョージに、ばったり遭遇したというのです。

 

相変わらず気さくなジョージは、「誰にでもある熱くなる瞬間」について力強く語ります。喜美子も八郎もジョージの言葉に感銘を受けます。ジョージは喜美子の持つ「信楽焼のカケラ」に興味を示し、川原家を訪れることになりました。

 

早速、工房を訪れたジョージに喜美子はカケラを見せます。室町時代の焼き物で、薪(まき)の炎と灰によって色付けされたものだと説明されます。「信楽ならではの色合いやな。」と言うジョージの言葉に、喜美子は誇らしさを感じました。

 

ジョージが颯爽と帰った後、三津は八郎の帰宅に喜び、大はしゃぎします。以前のような、ぎこちない師弟関係ではなくなってきているようでした…。

 

その後、喜美子は新たな目標を八郎に明かします

 

かつて、喜美子が焼き物のカケラで背中を押されたように、「自分の熱い気持ちを形にして、誰かを励ましたい。」と、作品作りに対する決意をにじませます。

 

翌日、不測の事態が発生します。かわはら工房の電器窯が故障してしまったのです。絵付け小皿の納期までは時間が無く、喜美子たちは焦りを募らせますが…⁉

スカーレット93話の感想

八郎が東京から戻って来てからどんな展開になるのか楽しみにしていました。なんだか、八郎、明るくなってちょっと別人のようでした。作品づくりに悩んでいたけど、芸術は喜美子に任せて、団地の食卓に並ぶ和食器セットづくりに向ける熱い思いが伝わって来ました。

 

八郎には相手の幸せを願っての優しさがあるので、自分が作った食器が幸せな家族の食卓に使われることに喜びを感じられるのだと思う。そんな八郎にとっては、芸術作品で賞をとるよりも、他人が喜ぶ方が幸せだと思うので、踏ん切りがついて進む道が見えてきたから、団地の奥様達に喜ばれる和食器を作って、個展も成功しそう!

 

八郎は本当に優しい人ですね。いつも夜食にと喜美子が作ってくれるおにぎりを、喜美子に作ってあげるなんて、本当に優しい人だな。喜美子が作る可愛らしいおにぎりと違って、ホラーとも思えるおにぎりだけど、愛情がいっぱい詰まっていますね。

 

八郎が戻ってきて、三津はどんな対応をするんだろう?って思ってました。わかりやすいアプローチはなかったけど、お帰りなさいを3回言ったところが気になりました。昨日、信作は百合子にプロポーズしたとき、「結婚してください」って3回言ったから。スカーレットは伏線も多いし、セリフにはない意味ありげな演出もあるので、今日の三津のセリフは八郎へのアプローチだと思います。

 

 


スポンサーリンク

スカーレット93話ツイッターの口コミ

 

スカーレット93話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!久しぶりにジョージさんが登場したスカーレット93話はぜひ動画でご覧ください!百合子が本当にかわいいです♪

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

タイトルとURLをコピーしました