スカーレットのあらすじ第7話〜第12話!喜美子と草間に変化が!?

NHK朝の連続テレビ小説、スカーレットの二週目が始まりました!滋賀の信楽へ引っ越してきて、新しい環境に馴染んできたころ、借金取りが家にやってきて、喜美ちゃんたちはどうなるんだろう?と続きが気になりましたよね。スカーレットのあらすじ第7話〜第12話と感想をまとめています♪

 

スカーレットのあらすじ第7話

第2週【意地と誇りの旅立ち】
スカーレット第7話の放送日:2019年10月7日(月)

 

昭和22年の冬、喜美ちゃんたちが、信楽にやって来て、半年ほどが経ったある日、川原家に大阪から、二人組の借金取りが押しかけてきました。

 

父・常治が帰るまで居座るという二人に対し、喜美ちゃんたちは戸惑います。

 

工藤という借金取りに、風呂を沸かしてほしいと頼まれた喜美ちゃんは、「どないしよう。」懸命に考える喜美ちゃんに向かい、工藤が話しかけます。

 

「わしにも五歳の娘がおる。」「人間には、ええ面、悪い面がある。」

 

と言われて、ハッとした喜美ちゃん。工藤の話を聞いて、複雑な心境になり、手が止まります。

 

その頃、家の中ではもう一人の借金取りの本木と妹の直子が、ゆで卵を巡ってにらみ合いしていました。割って入る喜美ちゃんでしたが、直子が本木の腕に噛みついて、大騒動に!

 

逃げる直子を捕まえた本木の前に、元居候の草間が、颯爽と姿を現しました。食って掛かる本木を、あっという間に背負い投げで撃退する草間衝撃的な光景を目の当たりにした喜美ちゃんに、ある思いが芽生えて…⁉

 

 

スカーレットのあらすじ第8話

スカーレット第8話の放送日:2019年10月8日(火)

 

借金を立て替え、川原家のピンチを救ってくれたのは、なんと、元居候の草間でした。しかし、父・常治は、草間の好意が受け入れられず、なけなしのお金をかき集め、返そうとします。喜美ちゃんは常治の行動に納得が出来ず、激しくぶつかり合います。

 

すると、

 

「女にはない、男の意地や誇りがあるんじゃあ!」

 

と、一喝されます。

 

父の本音を明かされ、その言葉が、喜美ちゃんの胸に刺さります。その晩、喜美ちゃんはずっと悩み続けていました。そして、夜が明け、ある事に気が付き、一目散に常治の下へ駆け出します。

 

「わかってん、うちもわかってん!」

 

喜美ちゃんが分かったのは、昨晩、常治に言われた、意地と誇りの事でした。

 

「女にも、意地と誇りはあるんじゃあ!」

 

 

 

喜美ちゃんの唐突な宣言は、騒動を見守っていた、草間の心境にも変化を与えました

 

あくる日、草間は道場を探しに出かけます。子供たちに柔道を教えるためです。待ちに待っていた喜美ちゃんは大喜び!他の子も誘って、道場に向かいますが

 


スポンサーリンク

スカーレットのあらすじ第9話

スカーレット第9話の放送日:2019年10月9日(水)

 

冬休み、川原家の元居候・草間が教える「草間流柔道」は、子供たちに大人気です。

 

 

本格的な稽古指導に、喜美ちゃんたちは、奮闘します。意外にも、大手窯元の娘・照子は、三味線などの習い事のおかげで、男子顔負けの活躍ぶり。大きな夢のためだと言いますが

 

一方、信楽では、草間に残ってほしいと声が上がりますが、草間は再び旅立つつもりのようです。その話は、喜美ちゃんの耳にも入り、引き留めようと説得します。理由を尋ねると、

 

「生き別れた、大切な人を捜している。僕の、奥さんだよ。」

 

草間に打ち明けられ、驚く喜美ちゃん。草間が、結婚していたことに驚いたようです。草間の話によると、戦中、共に満州に渡り、4年前、先に帰国したと言います。しかし、それ以来、行方知れずに。周囲の人間や、草間本人も諦め掛けている中、喜美ちゃんは、

 

「はよ見つけんかい!カンカンやで!」

 

と、檄を飛ばします。

 

喜美ちゃんの、真っ直ぐな一言に勇気をもらった草間お礼に、奥さんの写った写真を見せてくれますが、喜美ちゃんの反応はというと

 

まあまあ、やな。」

 

スカーレットのあらすじ第10話

スカーレット第10話の放送日:2019年10月10日(木)

 

ある日、隣町の草津で、人さらいの事件が発生。住民たちの間に不安が広がります注意喚起がされる中、喜美ちゃんの友人・照子が行方不明に!午後になっても見つからず、照子の母親は大慌て!信楽では、地元総出で捜索が行われる事態に発展してしまいます。

 

一方、喜美ちゃんは、近くに住む一人暮らしのおばあちゃんの洗濯物を洗って届けるというお手伝いを始めていました。お小遣いももらえるし日々の日課になっていました。そこのおばあちゃんに人さらいの話を聞いた喜美ちゃんは、とらわれた照子のことが心配で、近くの神社に駆け込み、必死に祈ります。

 

すると、そこに、照子と見知らぬ男が現れ、何かもめている様子喜美ちゃんは照子を守ろうと威勢よく立ち向かいますが、ビクともしません。

 

一人もがいていると、照子から、その人は窯元の陶工さんだと聞かされます。それを聞いて一安心の喜美ちゃんでしたが、結局、照子の家出の理由は分かりませんでした

 

川原喜美子・10歳。冬の出来事が幕を閉じ、あっという間に月日が流れていきました

 

スカーレットのあらすじ第11話

スカーレット第11話の放送日:2019年10月11日(金)

 

昭和28年(19532月、川原喜美子(戸田恵梨香)は、15歳になり、中学卒業も目前喜美子は、学業優秀、得意な絵も、絵画展で金賞を取れるほど、健やかで、立派な中学生へと成長していました。幼馴染の信作(林遣都)らと共に、毎日を楽しく過ごしています。

 

喜美子には進学の話もありましたが、家庭の事情で難しく、就職することになりました。就職先は、信楽で一番大きな陶芸会社「丸熊陶業」に内定しています。友人・照子(大島優子)の生家です。

 

この当時、日本の火鉢のほとんどが信楽焼でした。そのため、大変忙しく、人手を多く募集していました。父・常治の頼みもあり、内定は早々に決まりました。

 

ある日、喜美子は、丸熊陶業から呼び出されました。内定取り消し、そのお詫びのためです。

 

「男性ばかりの会社に、若い女性を入れるのは難しい。」

 

それが理由で、内定話を取り消しにされてしまったのです一人落ち込み、悩む喜美子は、ようやく家族に打ち明けます。すると、父・常治が失踪!数日後、帰宅した常治が喜美子に告げたのは

 

 

スカーレットのあらすじ第12話

地元での就職が取り消されてしまい、喜美子は落ち込んでいました。しかし、父・常治が、数日間の失踪の末、ツテを頼りに、大阪で新たな就職先を見つけてきてくれましたテというのは、「荒木さだ」という常治のいとこらしいですが、詳しくは分かりません。

 

喜美子は内心、信楽を離れたくありませんでしたが、家族のために、本音を隠し、就職を受け入れることにしました

 

後日、担任の寺岡先生が訪ねてきて、成績優秀な喜美子を進学させたいと申し出てきます。しかし、断らざるを得ない状況のため、諦めることになりました

 

あくる日、喜美子が信楽を離れるという噂を聞いた照子が、柔道対決を挑んできて、友人の信作が立会いの下、一進一退の攻防が続きましたが

 


 

その夜、何時もの様にお風呂を沸かす喜美子は、父・常治に対し、胸の内を吐露します。

 

「うちは信楽の子や!大阪には行きたない!」

 

正直で、真っ直ぐな喜美子の想いを受け止めた常治は、ある風景の話を聞かせると

 

スカーレットあらすじ第7話〜第12話の感想

草間さんが喜美ちゃんの家を出て行ってから、今度はいつ登場するのかな…、と思っていたら、第2週目に戻ってきて、借金取りに居座られて困っている喜美ちゃん一家を救うという、しかも、背負い投げ、すごかったですね。『心に栄養が足りない』といわれ、物静かな様子とは違った一面にびっくりしました。

 

スカーレットは、放送が始まったばかりなのに、誰かの発言でハッと気づいてその後の人生に影響するような出来事がありとても興味深いです。