スカーレットのあらすじと登場人物やキャスト!気になる見どころは!?

スポンサーリンク

NHK朝の連続ドラマ小説のスカーレットのあらすじと登場人物やキャストについてまとめました!戦後、貧しい環境で育ち陶芸の世界に飛び込んだ主人公の喜美子を戸田恵梨香がどのように演じてくれるのか楽しみなドラマです!スカーレットのあらすじや見どころをまとめました!

 

スポンサーリンク

スカーレットのあらすじ

スカーレットのあらすじ

 

時は戦後まもない頃。大阪から滋賀・信楽にやってきた絵が得意な女の子がいました。名前は、川原喜美子(戸田恵梨香。子供時代:川島夕空(かわしまゆあ))。喜美子は三人姉妹の長女です。

 

両親と二人の妹との暮らしはとても貧しく、がんばり屋の喜美子は、幼いながらも一番の働き手です。15歳となった喜美子は、大阪の下宿屋で女中を始めることになります。大都会での暮らし、個性豊かな人々との出会いは、喜美子を成長させていきます。

3年の後、信楽に戻った喜美子は、信楽焼に心惹かれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込んでいきます。やがて愛する男性と出会い、結婚し、男の子を授かります。

 

しかし、相変わらず生活は苦しく、貧乏のまま…。さらに、幸せは長く続かず、大きな波乱が巻き起こることに…⁉

 

ですが、それでも、陶芸への情熱は消えることなく、ただ、ひたすらに、黙々と邁進していく喜美子。お人好しで元気いっぱい。誰にでも優しく、困っている人を放っておけない彼女が辿る激動の半生…。

”生きる場所、生きる意味、生きる喜び”。ひとそれぞれに目的・感じ方は違います。
”そこで何を見出し、何を残し、何を伝えていくのか?”答えは一つではないのかもしれません。

 

ひとりの女性陶芸家の飽くなき信念の灯火【スカーレット】が、今、輝き始めていきます…。

 

スカーレットのあらすじを各放送回でまとめていますので、ドラマを見逃した方はご覧ください♪

 

▶︎スカーレットのあらすじ1話〜6話

▶︎スカーレットのあらすじ7話〜12話

 

スカーレットの登場人物とキャスト

川原喜美子(かわはらきみこ)
キャスト:戸田恵梨香
本作のヒロイン。細かい事にはこだわらない、お人好しな性格。周囲に頼られる存在。女性陶芸家の草分けとして、波乱の人生を歩み始めるが…⁉

 

川原常治(かわはらじょうじ)
キャスト:北村一輝
喜美子ら三姉妹の父。いろいろな商売に手を付けてきたが、人の好さがアダとなり、全く金が身につかない。喜美子の明るく楽天的な性格は、この父親譲り。

 

川原マツ(かわはらまつ)
キャスト:富田靖子
喜美子ら三姉妹の母。大阪・大地主の娘。穏やかでおっとりした性格。少々体が弱く、喜美子を頼っている。秘めたパワーを持っているらしいが、果たして…⁉

 

ジョージ富士川(ジョージふじかわ)
キャスト:西川貴教
世界的な芸術家。こてこての大阪ことばが特徴。口癖は「自由は不自由やで!」。フランスの美術学校に留学経験あり。喜美子とは大阪で一瞬出会っているが、思わぬ場所で再開することに…⁉

 


スポンサーリンク

スカーレットの見どころと期待していること

今作は滋賀県と大阪府が主な舞台になっています。滋賀県は、歴史的には非常に価値があり、かつては「近江を制した者が、天下を制す。」とまで謳われたほどです。

 

しかし、昨今は滋賀と言えば「琵琶湖」くらい(失礼承知‼)の、なんとも寂しい認知度です。
だからこそ、今作品を通じて新たな滋賀の魅力の発見が出来るはずです。まずはそこが楽しみな点です。

 

そして、何と言っても、個性的なキャストからは目が離せません。
滋賀篇からの“財前直見・大島優子・林遣都・佐藤隆太・イッセー尾形ほか(敬称略)”。

 

大阪篇からの“水野美紀・溝端淳平・TKO木下武宏・羽野晶紀ほか(敬称略)”。実際に関西出身の方が多いので、自然と物語に花を添えてくれそうです。

 

一番の見どころとしては、圧巻の窯焼きシーンではないでしょうか。

 

今作のために特別に設けた窯焼き工房。実際に火を入れ焼き上げているわけですが、その火の熱さは軽く1,000度を超えると言います。それだけに、画面全体から熱気と気迫、そしてリアリティーが生み出されると思います。

 

たとえ貧しくても、負けん気が強く、お人好しで、誰にでも優しい喜美子が、陶芸にどう向き合っていくのか?そして、周囲の人間たちとどのようなストーリーを織り成すのかにも注目していきたいと思います。

 

主題歌を担当されるSuperflyさんの『フレア』という楽曲にも、よく耳を澄ませてみたいと思います。

 

原作のないオリジナル作品が日本の朝に”笑いと勇気、希望と感動”を与えてくれると、期待したいと思います。

 

▼スカーレットへ期待する声▼

 

戦後の混乱期に「男の世界」と言われる陶芸家の道に飛び込んだ女性が主人公ということで、波乱万丈な人生を生き抜く女性がどのように描かれているのかとても興味深いと思ったからです。結婚や子育てに奮闘する姿だけでなく、陶芸家という職人気質のある女性の姿を、戸田恵梨香さんがどう演じるのかが楽しみです♪

 

NHKの朝ドラを、半分、青いから続けて観ています。朝の習慣になっているので、今回も観たいと思っています。主演の戸田恵梨香さんも好きなので、楽しみです^^

 

タイトルとURLをコピーしました