10の秘密8話 あらすじと感想!菜七子の秘密と由貴子の命の危機!?

スポンサーリンク

白河圭太(向井理)は、元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)に罪を償わせるため、宇都宮竜二(渡部篤郎)と手を組むことにしました。宇都宮と伊達翼(松村北斗)の母との接点、そして、石川菜七子(仲里依紗)が隠し続けてきた秘密とは…10の秘密8話のあらすじと感想をまとめています!

 

スポンサーリンク

10の秘密 8話のあらすじ

10の秘密 8話 あらすじ 感想

 

【8話の放送日時】3月3日(火)夜9時~9時54分

フジテレビ系 全国ネットで放送

 

新しい人生を手に入れようとしている仙台由貴子(仲間由紀恵さん)は、元夫・白河圭太(向井理さん)を陥れただけでなく、実の娘・瞳(山田杏奈さん)さえも危険な目に合わせて利用しました。

 

誘拐事件の黒幕が母だったことを知って落ち込む瞳のためにも、圭太は、由貴子を警察に突き出し、きっちりと罪を償わせなければと考えました。

 

由貴子が帝都建設から手に入れた3億円を奪った圭太。その金を、証拠として警察に提出しようと隠し場所に向かうと、3億円は忽然と消えていました。

 

由貴子から奪った3億円は、石川菜七子(仲里依紗さん)を脅して、宇都宮竜二(渡部篤郎さん)が手に入れていたのです

 

自分を切り捨てようとしている帝都建設の長沼社長(佐野史郎さん)を失脚させたい宇都宮は、圭太に指示して、偽装建築にまつわる不正の情報を週刊誌にリークさせました。

 

しかし、宇都宮の動きを察知した長沼社長は、記者を買収して記事をもみ消します。そして、宇都宮は室長の地位を追われてしまうのです

 

母を殺した犯人を突き止めたい伊達翼(松村北斗さん)は、10年前の火事についての調査を進めていました。

 

火事の現場である別荘地の建設には帝都建設が関わっていたことと、母の遺したメモに宇都宮の名前が書かれていたことを知って、翼は宇都宮を尾行していました。

 

そんな時、翼は、宇都宮と菜七子が2人で会っている現場を見てしまいます。翼からその事実を知らされた圭太は愕然としますが、きっと何か訳があるはずだと、菜七子にその理由を尋ねます。

 

もう隠してはおけないと、菜七子は、今までずっと誰にも相談できず秘密にしてきたことを、圭太に打ち明けました

 

菜七子は高校時代に塾の講師に乱暴されたことで、男に負けないように強くなろうと空手を習ったりしましたが、過去を拭い去ることができず、時々六本木で男を誘ってはお金を受け取っていたというのです。

 

宇都宮から3億円を取り返した由貴子は、偽造パスポートを持って逃亡しようとしていました。

 

警察を従えて現れた圭太は、由貴子の行手を阻もうとします。

 

ですが、取り返した3億円を手に入れた由貴子は、警察と圭太の手から逃れ、ボートに乗り込み逃亡しました。しかし、そのボートは、圭太達の見ている前で爆発してしまいました。

 

10の秘密 8話の感想と見どころ

ますます熱を帯びてきた圭太と由貴子の攻防戦。

 

由貴子は、今までの自分を捨てて、まっさらな人生を生きることを夢見ています。偽造パスポートまで手に入れて、彼女は、完全に「仙台由貴子」という人間を葬り去ろうとしているのですね。

 

由貴子の元夫である圭太は、大切な娘の心を傷つけた由貴子をどうしても許せません。「仙台由貴子として」罪を償わせるため、圭太は彼女の行く手に立ちふさがります。

 

由貴子の計画を阻止するために、いけすかない男と嫌っていた宇都宮と手を組み、暗躍する圭太。

 

しかし、お互いに信頼のかけらもなさそうな圭太と宇都宮。腹の探り合いのような2人の駆け引きは、いったいどちらに軍配が上がるのでしょうか?

 

時折、不安そうな顔を見せていた菜七子。彼女がようやくその重い口を開き、圭太に秘密を打ち明ける時がやってきました。

 

菜七子は、あまりにも悲しい過去を抱え、心の傷に抗おうと必死だったのですね。そんな、幼馴染の抱えてきた秘密を、優しく受け止めてあげた圭太。

 

この頃の圭太は、ちょっとズルくて頼りなさそうに見えていたのですが、この8話で一気に圭太株が上がりました

 

そして、秘密を打ち明けた菜七子が見せた笑顔は、とても素敵でした

 

また、10年前に母を殺した犯人を捜している翼は、その事件の鍵を握っていそうな人物、宇都宮について探っていました。

 

あの火事は、本当に瞳が起こしたものだったのでしょうか?そして、翼の母は、何故殺されなければならなかったのでしょう?

 


スポンサーリンク

10の秘密 9話の予想と見どころ

爆発の様子から見ても、由貴子が生存している可能性は低そうです。

 

しかも、警察が調べたところ、これは事故ではなく故意に爆発されたものとの見方が強まりました。そのために、元夫である圭太に疑いの目が向けられることになってしまいました。

 

母が殺された10年前の火事について調べていた翼は、昔、現場の別荘で宇都宮を目撃したと思っていました。しかし、宇都宮は、火事の起きた日には日本にいなかった、自分はその事件とは無関係だと翼に告げました。

 

そして、圭太と翼に、ある秘密を打ち明け始めました

 

突然、母親を失ってしまった瞳。心の整理がつかない瞳のために、圭太は、由貴子がなぜ殺されたのか、その理由を突き止めることにしました。

 

圭太のことが心配になった瞳が家に帰ると、そこには怪しい人影が…

 

10の秘密 8話のまとめ

由貴子に罪を償わせたい圭太は、宇都宮と手を組むことにしました。

 

宇都宮は、長沼社長を失脚させるために、圭太と共謀して、帝都建設が不正を働いていることを週刊誌に漏らします。

 

宇都宮と密会していたことを翼に知られてしまった菜七子でしたが、そのおかげで、一人で抱え続けてきた秘密を、ようやく圭太に打ち明けることができました。

 

圭太に奪われた3億円を取り返した由貴子は逃亡を図りますが、圭太はそれを阻止しようと…。

 

タイトルとURLをコピーしました