スカーレット128話ネタバレあらすじと感想!喜美子が陶芸に惹かれた理由

スポンサーリンク

陶芸教室を頼まれた喜美子に照子が手伝うと申し出ますが、一人で大丈夫だと言われます。照子が心配して「どんな教室にするのか?」と尋ねると、陶芸と絵付けに惹かれた理由を語り始めました。スカーレット128話のネタバレあらすじと感想をまとめました!

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

 

スポンサーリンク

スカーレット128話ネタバレあらすじ

スカーレット 128話 ネタバレ

 

<放送日:2020年3月3日(火)>

 

 

信作から頼まれた観光客向けの陶芸教室のため、喜美子は事前に見本を作るなど準備に力を入れます。当日、照子が手伝いに駆け付けます。敏春も同行し、陶芸教室に参加する人たちへの手土産用のクッキーなどを用意してくれました。

 

 

 

その後、喜美子は照子から敏春に関する悩みを打ち明けられます。敏春が定期健診に引っ掛かり、病院で説明を受けることになったのです。敏春を心配する照子を想い、喜美子が病院まで付き添うことになりました。

 

照子は帰り際、喜美子に「どのような教室にするのか?」と尋ねてみました。すると喜美子から、

 

「陶芸に惹かれたのは八郎に惹かれたから、絵付けに惹かれたのはフカ先生に惹かれたから。人に惹かれて、人に導かれて、今の自分がある。陶芸の良さを伝える。」という力強い決意が返ってきました…。

 

やがて開始時間を迎えましたが、いつまで経っても誰も来ません。しばらくすると信作が息を切らせて工房に訪ねて来ました。説明不足が原因で、参加予定者が他の教室に行ってしまったというのです。内心、落ち込む喜美子と信作の元に、参加を希望するひとりの女性が訪ねてきます。

 

その後、陶芸教室には親子連れの参加者も加わり、喜美子は2組を指導することになりました。ホッとする信作でしたが、後輩職員の鳥居が口にした心ない言葉に表情が険しくなります。

 

信作は「人を敬え、人を否定するな!」と鳥居に厳しく説き、その姿を目撃した喜美子は深い感心の念を抱きました…。

 

武志の研究室に、大輔がやってきて、ため息をつきながら「武志が俺に遠慮してんちゃうか思うて」と話し出し、「こっちはもう終わってん。ほやから俺のことは気にすんな。」と言うと、ガチャっとドアが開く音がして、真奈が入ってきました。

 

大輔は、「そう言うこっちゃ」と言い残し、真奈と入れかわりにに研究室を出て行きました。

 

真奈は、パックジュースを差し出すと、明日も来ていいかと武志に尋ね、戸惑いながらも「ええよ…」と言う武志に、「明日も差し入れを持って来ます。さいなら。」と言い残し、帰って行きました。

 

混乱する武志…。

 

スカーレット128話の感想

喜美子は有名な陶芸家なのに、若い女性たちには人気がないってこと!?そんな中でも、喜美子の作品が好きで陶芸教室に参加してくれた一人の女性がいたけど、川原工房に参加して本当によかったって思ったに違いないし、自分で作った湯のみ茶碗は一生の宝物になりそうですね。

 

今日の信作、かっこよかったです。喜美子の作品の良さを全く理解できない鳥居に対して「わからんからと言うて、否定するな。」百合子に見せてあげたいくらい!いいこと言ったな。自分には理解ができなくても、相手をことは認めるべき。喜美子、嬉しかっただろうな。

 

喜美子も照子も信作も本当に人として素晴らしいです。こんな友人がいたら幸せ者です。希薄な世の中だから、こんな人間関係に憧れる人って結構いると思うな。

 

喜美子がアンリが言っていた「誰かの人生を思うことで、自分の人生も豊かになる」だから陶芸を教えるんじゃなくて、陶芸を通じてお互いの人生を豊かにする時間にできたらええ。喜美子、いいこと言いますね。

 

昨日は武志が倒れそうになって心配になったけど、今日は敏春さん。明日から、稲垣吾郎さんが医師役で出演されるので、悲しいストーリーになっていくのだろうか…。

 

真奈ちゃん、鈍感な武志にどうやってアプローチしてくるのかと期待していたら、差し入れ攻撃ですね。武志はいつ気づくのかな♪

 


スポンサーリンク

スカーレット128話ツイッターの口コミ

 

スカーレット128話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット128話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

タイトルとURLをコピーしました