スカーレット129話ネタバレあらすじと感想!武志の体に異変!?

スポンサーリンク

陶芸教室に参加した女性から手紙を受け取った喜美子は、陶芸教室を開くことを決め、武志は寝る間も惜しんで見事に作品を完成させましたが…。今回から稲垣五郎さんが医師役で登場!スカーレット129話のネタバレあらすじと感想をまとめています!

 

▼▼▼スカーレットを見るならクリック▼▼▼

 

 

スポンサーリンク

スカーレット129話ネタバレあらすじ

スカーレット 129話 ネタバレ

 

<放送日:2020年3月4日(水)>

 

 

喜美子は照子に付き添い、敏春の定期健診の結果を聞くため、市内の病院を訪れました。照子が不安な気持ちを募らせる中、喜美子は優しく励まします。

 

喜美子たちが待つ中、一人の男性が姿を見せます。男性は「大崎茂義(稲垣吾郎)」という名の医師で、敏春の担当医の代わりに結果を伝えに来たのです。大崎医師は白衣を着用せずに病院内を動き回るなど風変わりな一面があり、喜美子たちを驚かせます。

 

その後、敏春は血糖値が高いことが分かりましたが、命の心配はないと診断され、照子たちは一安心します。2人目の孫が生まれるという事もあり、今後は食事などに気を遣うことを約束しました。

 

一方、武志は次世代展の作品作りで忙しく過ごしています。八郎が定期的に様子を見に訪れ、喜美子を交えた交流が続きます。喜美子も秋には4度目の窯焚きを終え、今年度の作品作りを早々に完了させました。

 

そして、11月半ばを迎えた頃、ついに武志の作品が完成しました。「最善を尽くした。」と胸を張る武志に対し、掛井先生は「最高の結果が出せたな。」と労いと賛辞の言葉を贈りました。

 


 

後日、作品の完成を祝い、武志のアパートで宴が開催されます。大輔・学・竜也を含めた4人で盛り上がる中、武志に異変が起こります。屈んだまま動かない武志を心配して竜也が声を掛けますが、鼻血が流れた武志は平静を装います…。

 

竜也→照子経由で武志の異変を知った喜美子は、武志を心配してアルバイト先へ向かうと、武志は「風邪や風邪、薬飲んだら治った。」と言いましたが…。

 

スカーレット129話の感想

敏春は命に関わることなく安心した照子と喜美子だったけど、まさか武志に病が降りかかってくるなんて、想像もしていないよね。やっと親子三人で交流できるようになったのに、どうなっちゃうの!?実話の通りになるの!?

 

稲垣五郎さんは、これからも武志絡みで登場するのだろうか。白衣を着るのが嫌でちょっと変わったドクター役が板についていました。やっぱり存在感ありますよね。

 

陶芸教室に参加した女性の手紙の字が綺麗な上に、人間性が出ていたな。

 

真奈は武志にアプローチつづけていたと思うけど、鈍感な武志はまだ気づかないなんて、どこまで喜美子に似てしまったんだろう(笑。

 

 


スポンサーリンク

スカーレット129話ツイッターの口コミ

 

スカーレット129話の見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!稲垣五郎さんのドクター姿を見られるスカーレット129話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

 

タイトルとURLをコピーしました