安倍川花火大会への行き方!毎年行っている地元人からのアドバイス!

スポンサーリンク

安倍川花火大会は、静岡県内でトップに入る大きな花火大会です。私は地元ということもあり、小さな頃から毎年見に行っていますので、知り尽くしている安倍川花火大会の行き方や混み具合や穴場情報などご紹介しておきますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

安倍川花火大会への行き方

安倍川花火大会-1

 

安倍川花火大会の会場へは、つぎの3つの方法があります。

 

・歩き
・シャトルバス
・自転車

 

徒歩だと、JR静岡駅から約35~40分ほどかかります。ということで、シャトルバスが運行されます。シャトルバスの運行情報を書いておきますので、バスで行きたい方は参考にしてください。

 

自転車で行かれる方には駐輪場情報を書いておきます。

 

▼シャトルバスで行く
【運行経路】県庁南⇔中町⇔会場
【往路】安倍川花火大会会場行き(16:00~19:00)
【復路】県庁南・中町行き(花火大会終了後~22:30)
【乗車時間】県庁南から約15分、中町から約11分
【料金】大人片道190円、小人片道100円
【支払方法】
現金、静鉄ICカード「LuLuCa」、TOICA、Suica、PASMO、ICOCA、PiTaPa、manaca、Kitaca、はやかけん、nimoca、SUGOCA

 

小銭を用意するか、ICカードに残額があるか確認しておきましょう。

 

シャトルバスが出ているので、花火会場まで楽ちんだと思いますよね?ところが、バスに乗るまで並ぶしとっても混みます><

 

「40分も歩くなんて遠すぎる・・・」、と思われるかもしれませんが、会場までデパートなどがあり、催し物があるので、寄り道しながら行くとそれほど遠くは感じませんよ。

 

以下は、静岡駅北口から花火会場までのマップですが、矢印の道沿いのショップでイベントを開催しているので、早めに会場へ向かいながら歩くと子供連れでもそれほど遠く感じないです。

 

安倍川花火大会-2

掲載元:静岡市の公式サイト

 

▼自転車置き場
田町小学校、静岡商業高等学校、安倍川中学校、駒形小学校、南安倍公園、安倍川町公園、駒形公園、南安倍スポーツ広場。

安倍川花火大会の混み具合

昨年、行ったときの混雑状況について書いておきますので、参考にしてください。

 

私は、花火大会がスタートした後の、20時頃に花火会場へ向かいました。会場への道は混雑していましたが、歩くこと自体は問題ありませんでした。ですが、他の人に押されることはあり、会場に近づくにつれて混雑してきました。帰りは、押されながら帰るということはありませんでした。

 

場所取りはしませんでしたが、花火はしっかりと最後まで見ることができました^^

 


スポンサーリンク

安倍川花火大会へ初めて行く方へのアドバイス

電車から徒歩で40分と少し歩きますが、大型の花火がたくさん上がりますのでオススメです。静岡駅の北口から歩いていきましょう。南口から行ってしまうと遠くなってしまいますので注意してくださいね。

 

会場近くまできたら、会場の方へ降りて行かず、是非とも安倍川橋を越えて反対側の岸へ行ってください!反対側の岸の方が空いていて、ゆっくり見ることができます

 

安倍川橋は車の交通規制をしますので、行き来することが可能です。

 

17:00~22:00まで規制をしていますので、花火大会が終わったあともゆっくり橋を越えて帰ることができますので安心してください。

 

反対側の岸はどこで見ても問題はありませんが、メイン会場のようにシートを敷いてある場所がありませんので、レジャーシートなどを持参することもオススメします。

 

夜店もたくさん並ぶこともあまりありませんので、ゆっくり買い物することができますよ。

 

そして、一番最後の花火が一番大きくて一番キレイな花火です。お時間があれば最後まで見ることをオススメします。

 

安倍川花火大会の特徴と見どころ

供養祭りの一部として開催されていて、平和の願いをこめた花火大会です。1万5000発という量の大型花火は静岡県内トップクラスです^^

 

大型スターマインなどの大型スケールの花火がたくさん上がります。キャラクターが夜空に浮かび上がる花火など、バラエティ豊富です。

 

花火の説明をしてくださるアナウンスの方も、安倍川花火大会の名物なんです。「スターマインです。」という掛け声がかかると、地元のみなさんも一緒に「スターマインです!」と言うほどなんですよ^^

 

花火だけでなく、たくさんの夜店も見どころで、たくさんの夜店が並び、売り子さん達の威勢のいい掛け声が響きわたり、とてもにぎやかで楽しめる花火大会です。

 

安倍川花火大会の穴場スポット

安倍川花火大会は安倍川の両岸で見ることができます。

 

メイン会場の田町側は混んでいて歩くのも一苦労なんですが、反対側の岸はとっても穴場なんです。とは言っても混んではいますが、メイン会場ほどの混み具合ではなく、ゆっくり夜店をまわることもできますよ。

 

安倍川花火大会の感想

地元の花火大会ですので、小さいときから毎年行っています。小さいときから変わる事のないこの花火大会が大好きで毎年楽しみにしています。

 

昔ながらの、古き良き日本の花火大会です。

 

 

メイン会場は田町側ですが、私は毎年反対側の岸で見ています。

 

何度かメイン会場の方へ行ったことはありますが、人が溢れかえっている状況で、ゆっくり花火を見ることができません。こちらの反対側の岸は混んではいますが、メイン会場ほどの混み具合ではありません。

 

ゆっくり歩いて夜店の場所まで行くことができますし、道は封鎖されているので道の真ん中にレジャーシートなどを敷いて見ている方もいます。

 

今現在は子どももいて、子どもと見に行くので、反対側にいると花火もゆっくり見ながら子どもの安全を確保できます

 

夜店も小さいときから変わらないお店もまだまだあり、小さい頃に戻ったような感じがして楽しいです。花火の種類も若干変わってはいますが、やはり「スターマインです。」の掛け声から始まるスターマインはとてもキレイです。

 

安倍川花火大会の開催日時や開催場所

【名前】第66回安倍川花火大会

【開催日】2019年7月27日(土)

【開催時間】19:00~21:00

【開催場所】安倍川橋上流側河川敷

【住所】静岡県静岡市葵区田町7地先

【電車】JR静岡駅北口より徒歩40分

【車】駐車場なし

【打ちあげ数】1万5000発

【雨天の場合】午前7時頃に開催の有無を決定

開催することが決まれば、その後天候が崩れても開催。

【交通規制】会場周辺の交通規制あり(17:00~22:00)

安倍川花火大会の交通規制の詳しい情報はコチラをご覧ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました