相棒season18第17話あらすじと感想!冠城が罠にハマる!?

スポンサーリンク

都内で見つかった両手の親指を切断された遺体。猟奇的な犯行を重ねる“指切り男”の正体とは?そして、冠城が思いをよせる女性にも魔の手が迫る…!?ゲストは西田尚美、朝倉あき、松尾諭。相棒 season18第17話のあらすじを紹介します♪

 

スポンサーリンク

相棒 season18第17話のあらすじ

相棒season18 17話 あらすじ

 

【第17話の放送日時】2020年2月26日(水)21:00~21:54

 

【ゲスト】

遠峰小夜子(西田尚美)
“平成の毒婦”とよばれる女詐欺師で連続殺人事件の被告。一度見た人の顔は絶対に忘れない特殊な能力をもつ

 

新崎芽依(朝倉あき)
以前都内でキッチンカーの店主をしていた時に特命係と知りあう。人の顔を覚えられない”相貌失認”の特徴をもっている

 

連城建彦(松尾諭)
弁護士。これまで事件を通して何度か特命係と関わりをもってきた人物

 

<第17話「いびつな真珠の女」>

 

都内で女性が殺害される事件が発生。被害者は首をしめられ、両手の親指を切断されていました。

 

じつは2年前にも同じような事件があり、犠牲者はこれで3人目。“指切り男”とよばれる犯人が再び動きだしたのでしょうか?

 

さらに調査の結果、被害者の口の中からいびつな形をした黒真珠が発見されます。過去の2件の被害者にはなかったもので、同一犯の犯行か、それとも模倣犯のしわざか、右京も事件に興味をもちます。

 

一方その頃、特命係の冠城(反町隆史さん)は心ここにあらずといった様子でぼんやりしていました。以前事件を通して知りあった新崎芽依から久しぶりに連絡がきたものの、もう2週間も音沙汰がないのです。芽依を心配する冠城に、意外な人物から連絡がはいります。

 

冠城に連絡してきたのは、弁護士の連城建彦でした。連城から伝言をうけ、冠城がむかったのは東京拘置所。そこにいたのは“平成の毒婦”とよばれる連続殺人事件の被告・遠峰小夜子でした。

 

指を切られた女性のニュースを見たという小夜子は、かつて知りあった男で指に異常なまでの執着心をもつ人物がいたと冠城に告げます。男の情報を聞きだそうとする冠城ですが、小夜子はのらりくらりと質問をかわします。

 

さらに、小夜子は冠城に自分の見た夢の話をします。

 

冠城が大切な人を見失い、途方にくれている夢だといいます。身近な人が行方不明なのではないかという小夜子のことばを聞き、冠城は嫌な予感にとらわれます。小夜子に翻弄され、次第に操られていく冠城

 

指に執着を持つ男が飲食店関係者だったと聞き、捜査1課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)に探りをいれます。

 

その結果、被害者の女性が通っていたバーが見つかります。特命係と捜一コンビはそろって店を訪ねますが…

 

相棒 season18第17話の感想と見どころ

今回は過去の相棒シリーズに登場した人物がたくさん出てきて、相棒ファンとしてはとても面白いストーリーでした!その中でも、西田尚美さん演じる遠峰小夜子はバツグンの存在感でしたね!

 

小夜子はかつて真珠養殖への投資をもちかけ多くの男性をだましてきた詐欺師でした。その中の何人かを殺害した容疑で今は拘置所におり、season17でも一度登場しています。

 

じつはその時、小夜子が相当な危険人物だと見ぬいた右京が、彼女には近づかないようにと冠城に警告しています。これまでも女性がらみの事件にたびたび巻きこまれてきた冠城なので、右京の心配もよくわかりますよね。

 

そんな右京に、小夜子に会うことはもうないと言っていた冠城ですが、今回再会してまんまと彼女に操られそうになってしまいます。最初に会った時、小夜子はすでに冠城に目をつけていたんですね。

 

しかも今回は冠城が好意をよせている芽依が行方不明になったせいで、何かを知っているそぶり見せる小夜子に冠城はどんどん翻弄されていきます。その様子はとても危なっかしくて、見ていてヒヤヒヤしてしまいました。

 

小夜子のストーリーは今後も続きそうな終わり方だったので、また登場するのが楽しみですね。これまでの相棒シリーズの中でもかなりの強敵といえる小夜子なので、次の右京との対決にも期待したいです。

 

そして、冠城と芽依の関係がどうなるかも楽しみにしていましたが、今回はとても切ないラストシーンになりました。こちらもこれからの展開を期待して待ちたいと思います。なかなか幸せをつかめない冠城さんに、今度こそ春がきますように!

 


スポンサーリンク

相棒 season18第18話の予想や見どころ

相棒第18話のタイトルは「薔薇と髭との間に」。右京と旧知の仲であるゲイバーのママ・ヒロコから捜査の依頼を受けた特命係。1億円強奪事件を調べるうちに、関係者の殺人事件も起きて…、ゲストは細田善彦さん、夙川アトムさん、清水昭博さん、深沢敦さんです。

 

このところ過去の相棒シリーズに出てきた人物の再登場が続いていますが、来週もまたまた懐かしいキャラの登場です!深沢敦さん演じるゲイバーのママ・ヒロコは初代相棒である亀山薫の知人。亀山が相棒だった時代には、何度か出演しています。

 

今回久々の登場になるヒロコママですが、相変わらずお元気そうでしたね!予告で右京に対して「彼(冠城)が、薫ちゃんのかわりになった右京さんの相棒ね?」と話しかけるシーンもありました。

 

寺脇康文さん演じる亀山は、相棒を卒業してからこれまで一度も再登場はありません。それでも時々亀山の名前が出てくるシーンがあって、そのたびに相棒ファンはちょっとテンションが上がったりするのです。

 

次回は昔から亀山と仲のよかったヒロコママが出てくるということで、亀山の近況が分かるようなシーンがあったりするのでしょうか?そんなところにも注目したいですね!

 

相棒 season18第17話のまとめ

“平成の毒婦”とよばれる遠峰小夜子に翻弄された第17話。小夜子は予想以上の強敵で、これからも特命係との対決は続いていきそうですね。

 

小夜子に操られる冠城を止める右京を見て、この2人が相棒でよかった!と心から思える回でした。そして、芽依を見つけるために必死に捜査する冠城さん、とてもカッコよかったです!

 

小夜子と特命係の関係、そして冠城と芽依の関係。決着がつくのはいつになるのか、話の続きを楽しみにしたいと思います♪

タイトルとURLをコピーしました