相棒season18 7話 あらすじと感想!アポ電強事件の犯人はダレ?

スポンサーリンク

多発するアポ電強盗事件を解決するため、特命係が代理婚活パーティーに潜入!?被害者の情報を流した犯人は、一体誰なのか?警視庁が一丸となり、真相に迫る!ゲストは河西健司、山口美也子、松井紀美江。相棒season18第7話のあらすじ 感想見 どころを紹介します♪

 

スポンサーリンク

相棒season18 7話 あらすじ ご縁

相棒season18 7話 あらすじ 感想

 

【第7話の放送日時】2019年11月27日(水)21:00~21:54

 

【ゲスト】
津田保(河西健司さん)
保育士の娘がおり、代理婚活パーティーに参加していた。アポ電強盗の被害者の情報を流したと疑われる。

大井川君枝(山口美也子さん)
アポ電強盗の被害者。医師の息子の代わりに、代理婚活パーティーに参加していた。

阿久津貴子(松井紀美江さん)
ジュエリー会社を経営している、代理婚活パーティーの参加者。アポ電強盗に情報を流している?

 

都内でアポ電強盗が発生。被害者の大井川君枝は、医師の息子が通勤中に傷害事件を起こしたという偽の電話を受け、示談金を用意していたところを強盗に襲われ現金を奪われました。電話をしてきた犯人は、息子のことを詳しく知っていて、どこからか情報が流出したと思われます。

 

今年に入って同じようなアポ電強盗が多発しており、伊丹(川原和久さん)や芹沢(山中崇史さん)のいる捜査一課、角田課長(山西惇さん)率いる組織犯罪対策部などが、合同で捜査に当たります。

 

事件の直前に、ある特殊詐欺グループがネットで闇バイトの募集をしていましたが、犯人はまだ特定されていません!

 

被害者の情報の出所を探るため、特命係の冠城(反町隆史さん)は、君枝の息子が勤務する病院を訪れます。看護師に聞きこみをしますが、犯人が電話で言っていた「病院では院長に期待されている」「看護師たちから慕われている」というイメージとは全く違う人物であることが分かります。

 

伊丹の婚活デートの話をヒントに、右京は被害者の家を再び訪問。君枝が、縁麗会という代理婚活パーティーに参加していたことを知ります。君枝が書いた息子のプロフィールシートには、犯人が電話で言った息子の話がそのままのっていて、右京は代理婚活パーティーから情報が流出したのではないかと推理します。

 

君枝がプロフィールシートを交換した人物を捜査するため、特命係の二人は代理婚活パーティーに参加することに。右京は、サイバーセキュリティ対策本部の青木(浅利陽介さん)の親の代理人として、冠城はパーティーのスタッフとして、会場に潜入します。

 

容疑者は二人。ジュエリー会社を経営し、家事手伝いの娘を持つ阿久津貴子、そして保育士の娘を持つ津田保。調査の結果、貴子の会社は資金繰りが厳しく倒産の危機にあることが判明。さらに、津田は偽名を使ってパーティーに参加していたことが分かります。

 

特殊詐欺グループに情報を流したのは一体誰なのか?警視庁の面々が、一丸となって真相に迫ります!

 

相棒season18 7話 感想と見どころ

今回は、アポ電強盗や特殊詐欺など、現実の世界でもよく聞くような事件を題材にした話でしたね。相棒では、その時々で世間で話題になっている事件などを取り入れたストーリーがよく登場します。

 

話をより身近に感じられて、興味深く見ることができました。

 

代理婚活パーティーというのも、実際流行っているようですね!なかなか出会いの場がない、婚活パーティーに自分で参加する時間がない、という本人の代わりに親同士が情報交換する場ですが、気に入った相手のプロフィールシートを持ち帰って話を進めるというスタイルは、現代版のお見合いみたいな感じでしょうか。

 

今回は事件がアポ電強盗だったため、普段の殺人事件と違って捜査一課だけでなく警視庁のメンバーみんなの活躍が見られたのがとてもよかったです!最終的に詐欺グループの犯人を追いつめるシーンでは、伊丹刑事や角田課長の連携プレーも見られました。

 

角田課長、普段は「ヒマか?」と言いながらコーヒーカップを片手に特命係に顔を出す場面ばかりで、ご本人のほうが暇なのでは…?と思ってしまうのですが、犯人を追う刑事たちにテキパキと指示を出す姿は、とてもかっこよかったですね♪

 

そして、もうひとつの見どころが、刑事部のお偉いさんである中園参事官(小野了さん)です。中園参事官といえば、刑事部長である内村(片桐竜次さん)の顔色をいつもうかがっている印象が強く、捜査に勝手に首をつっこむ特命係のこともよく思っていないようです。

 

しかし、今回はアポ電強盗の犯人をおびき出すため、自らおとり捜査に協力。見事犯人の逮捕につながります。

 

ぶつぶつ文句を言いながらも、右京と冠城におだてられると嬉しそうな表情を隠しきれないところが、なんだかかわいいなと思ってしまいました^^

 


スポンサーリンク

相棒season18 8話の予想や見どころ

第8話のタイトルは「檻の中 前篇」。来週、再来週の前後篇スペシャルです。横領容疑で逮捕された大学教授の保釈金が奪われた!教授の研究室周辺で起こった不審な連続事件の真相とは…。

 

ゲストは中村育二さん、山崎樹範さん、中村優子さんです。

 

年末年始には、スペシャルの放送されることが多い相棒。前後篇スペシャルと聞くと、今年もそろそろ終わりだな~なんて思ってしまいます。二週にわたって放送されるということで、またスケールの大きい話になるのではないかと期待がふくらみます。

 

予告には、海外の難民キャンプのような映像がありました。相棒シリーズのスペシャル回や映画では、たびたび海外が舞台になったり、海外で起こった事件がきっかけになったりしています。今回も、国内の事件だけにとどまらないような予感がしますね。

 

中村育二さん演じる大学教授の皆藤は、かつて右京が事件で出会ったことのある人物です。“天才教授”と言われていて、予告を見た感じでは、なかなかクセのある人のような印象でした。天才的な推理力を持つ右京と皆藤、天才同士の対決も見どころになりそうです。

 

相棒season18 7話のまとめ

アポ電強盗、特殊詐欺事件、代理婚活パーティーなど、現代の問題や流行りがギュッと凝縮された今回の相棒 season18第7話。普段とは違って、警視庁のみんなが一丸となったチームプレーも見どころでしたね。

 

その中でも、独自のルートから事件の真相に迫る特命係はさすがの活躍でした!代理婚活パーティーに潜入して、いかにも参加者のようにふるまう右京さんの演技力もなかなかのもので、そんな才能もあるのかと思ってしまいました。どこまでも完璧な右京さんです^^

 

来週は、シリアスでスケールの大きい話になりそうです。今年の放送も残りわずか、しっかり楽しみたいと思います♪

タイトルとURLをコピーしました