相棒season18 8話あらすじと感想!教授に起こる不可解な事件…

スポンサーリンク

相棒season18の今週は、2週連続スペシャルの前篇。横領容疑で逮捕された大学教授の保釈金が奪われた!教授の周辺で起こる不可解な事件に特命係が挑む。その裏にある真相とは?相棒 season18 8話のあらすじと感想を紹介します!

 

スポンサーリンク

相棒 season18の8話あらすじ

【第8話の放送日時】2019年12月4日(水)21:00~21:54

 

【ゲスト】
◆皆藤武雄(中村育二)
東修大学の教授。研究費を横領した容疑で拘置所に収容中。右京と面識がある。

◆桝本修一(山崎樹範)
『週刊真相』の記者で、冠城の幼なじみ。皆藤の横領事件を記事にしようとする。

◆高瀬佳奈恵(中村優子)
東修大学准教授。皆藤の保釈金を運搬中に襲われ、奪われてしまう。

 

<第8話 2週連続スペシャル前篇「檻の中~陰謀」>

テーザー銃を使った路上強盗が発生。被害者は、東修大学の准教授・高瀬佳奈恵でした。彼女は、同じ大学の教授で、研究費を横領した容疑で逮捕された皆藤の保釈金3000万円を届ける途中、3人組の男たちに襲われ現金を奪われたのです。

 

病院で手当てを受け、捜査一課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)に事情を聞かれる佳奈恵。彼女は、皆藤が保釈を急いだため、保釈金を現金で用意したと証言します。

 

そこへ、事件を知った右京が現れます。実は、右京は佳奈恵や皆藤と面識がありました。20年ほど前、右京が捜査二課にいた頃に東修大学の学長の横領事件があり、その時学長を告発したのが皆藤だったのです。右京は、当時自分の研究に執念を持っていた皆藤が横領事件を起こしたことに疑問をおぼえます。

 

一方その頃、冠城は幼なじみの桝本と久しぶりに再会していました。桝本は元新聞記者で、今は『週刊真相』の記者として皆藤の横領事件を調べています。皆藤の保釈がのびている理由を探るため、桝本は冠城に協力を依頼します。

 

偶然同じ事件に関わることになった右京と冠城は、拘置所にいる皆藤に面会します。右京は、はじめ横領を否認していた皆藤が、なぜ一転して容疑を認めたのか、そしてなぜ保釈を急ぐのかたずねますが、はぐらかされ本当の理由を知ることはできません。

 

その後、特命係の二人は東修大学を訪れ、佳奈恵から話を聞きます。それによると、何者かの告発により、研究費の経理データが改ざんされていたことが発覚。データにアクセスできるのは皆藤だけだといいます。

 

さらに別の研究員から、ここ三ヶ月の間に研究室の周辺で不可解な事件が続いていることを聞かされます。皆藤が受けた雑誌のインタビュー記事が急に差しかえられたのをはじめ、研究の支援金が打ち切られたり、研究員が傷害事件やストーカー被害にあったというのです。

 

右京は研究員の話をもとに、傷害事件とストーカー事件の現場に同じ男がいたことをつきとめます。そして、サイバーセキュリティ対策本部・青木(浅利陽介さん)の協力を得て、事件現場にいた男が研究支援を打ち切ったライフケアテクノロジーと関係しているのではないかと推理します。

 

皆藤のまわりで連続して起こった不可解なできごとの裏にひそむ真実とは?この後、事件はさらに広がりを見せ、特命係の前にたちはだかります!

 

相棒sesason18 8話の感想と見どころ

今週は2週連続スペシャルの前半ということで、事件の真相は来週のお楽しみですが、事件の解決にむけていろんな伏線や見どころが用意されていましたね。

 

中村育二さん演じる皆藤教授は、謎めいた人物でその言動の目的がいまのところ明らかになっていません。“天才教授”といわれるだけあって、拘置所に来た右京と面会した時も冷静な態度で、右京に何を言われても平然としていました。次週も、右京と対決するシーンが楽しみです。

 

そして、山崎樹範さん演じる記者の桝本も、謎の多い人物です。准教授の佳奈恵とも何か関係がありそうですし、さらにストーリーの中盤で、桝本の妻が海外で起きたテロ事件の犠牲になったことが明らかになります。それが事件に関わっているようで、どうやらただの雑誌記者ではなさそうですね。

 

ちなみに、このテロ事件があったのは東南アジアにあるサルウィンという架空の国ですが、サルウィンと聞いてピンときた方もいたのではないでしょうか。

 

相棒シリーズの初代相棒役である、亀山薫(寺脇康文さん)。これまでの歴代相棒役の中で、一番長く右京とともに特命係で活躍してきた人物です。そんな亀山が、親友の死をきっかけに警視庁を退職し、移り住んだのがサルウィンなのです。

 

亀山は、警視庁を退職し相棒としての役目を終えて以降、今まで一度もドラマに再登場していません。ごくまれに、会話のなかに出てくる程度です。二代目相棒の神戸尊(及川光博さん)が、映画やドラマスペシャルで時々登場するのとは対照的ですね。

 

海外に移り住んだという設定上仕方のないところはあるかもしれませんが、相棒ファンから今も慕われている亀山が、いつかなにかの形で再登場してくれることを期待しています♪

 


スポンサーリンク

相棒 season18 9話の予想と見どころ

第9話は2週連続スペシャルの後篇、タイトルは「檻の中~告発」です。皆藤の横領事件がえん罪であったと分かり、保釈されることに。しかし、そこから事件が再び動き出し、事態はさらに予想外の展開になります。ゲストは今週に引き続き、中村育二さん、山崎樹範さん、中村優子さんです。

 

今回の前篇では、事件の真相だけでなく、誰がどのように事件に関わっているのかもほとんど分からないままでした。ただ、桝本の妻が犠牲になったテロ事件が、今回の一連の事件に関係しているのは間違いなさそうです。さらに予告では、皆藤が研究している遠隔操作技術が関わってきそうなシーンも用意されていました。

 

そして、予告に「僕としたことが、大きな勘違いをしていたようです」という右京のセリフがあります。この言葉が出る時は、事件の結末に大どんでん返しが用意されているかも?なにしろ普段は天才的な推理力で事件を解決する右京さんなので、その彼が勘違いをするということはよっぽどの難事件ということなのです。

 

2週にわたって展開する大事件の結末、最後まで目が離せそうにありません!

 

相棒season18第8話のまとめ

2週連続スペシャル、前篇の今週は、事件の真相はまだまだ闇の中といった感じでしたね。教授の皆藤だけでなく、佳奈恵や桝本など怪しい人物がたくさん登場し、一体誰が事件の中心にいるのか、右京や冠城もまだたどり着けそうにありませんでした。

 

次回、右京と皆藤の天才同士の対決が次回どのように決着するのかとても楽しみです。そして、事件の裏にある真相に特命係がどう迫っていくのか、来週を楽しみに待ちたいと思います(^^)

タイトルとURLをコピーしました