まだ結婚できない男9話あらすじ感想!桑野と有希江のデートが意外!

スポンサーリンク

桑野が腹痛で病院に運ばれ、そのお見舞いに来たまどか達は、素直になった桑野の様子に驚きます。そんな中、早紀の舞台に誘われるまどかと有希江ですが、まどかが行けなくなり、代わりに桑野が行くことに。桑野とデートした有希江の感想は!?まだ結婚できない男9話もあらすじと感想を紹介します!

 

スポンサーリンク

まだ結婚できない男9話のあらすじ

まだ結婚できない男 9話 あらすじ

 

【第9話の放送日時】2019年12月3日(火)21:00~21:54

 

バリアフリーの目線に立ち、車椅子に乗ってトイレに入る桑野信介(阿部寛)は、トイレのスペースの狭さが気になりメジャーで幅を図ります。するとお腹の調子が悪くなってしまった様子でした。

 

桑野の職場で村上英治(塚本高史)は結婚の良さを語りますが、桑野とは意見が食い違ってしまいます。そんな桑野は腹痛を訴えて救急車で中川良雄(尾美としのり)の病院に運ばれました。

 

桑野の病名は急性胃腸炎で、吉山まどか(吉田洋)、田中有希江(稲森いずみ)、戸波早紀(深川麻衣)がお見舞いにやって来ます。桑野は弱っているからか素直になっていて、3人に来てくれたお礼を言いました。

 

早紀の家でまどか、有希江、森山桜子(咲妃みゆ)が集まり、入院した桑野が素直だった話をします。まどかは桑野に対して厳しいと有希江に注意されました。

 

帰り際にまどかは桑野とばったり会うと、桑野に体に良い黒丹茶を渡しました。桑野はまどかを映画に誘いますが、解説をしたい桑野に対して気楽に楽しみたいまどかに桑野は気を悪くしてチケットを取り上げてしまいます。

 

舞台の稽古をする早紀は、男女は本心と態度が食い違うことがあるのだと注意されてしまいました。

 

有希江のお店でまどかはまた桑野と喧嘩したことを早紀に話します。早紀はケンカをしても実は好きということがあると言いました。早紀は舞台の案内をまどかと有希江に渡します。

 

桑野の職場に木村(伊藤正之)が訪れます。木村は離婚して一人暮らしをすることになり、その家を桑野に設計してもらうように頼みに来たのでした。

 

まどかは仕事の打ち合わせのため、早紀の舞台を見に行けなくなってしまいます。そんな時、まどかの事務所に桑野が来ます。職場に架空請求してくる業者に対抗するためにまどかに頼みに来たのでした。

 

まどかは桑野に早紀の舞台を見に行けないことを話すと、桑野が代わりに行くことになり、まどかは有希江に連絡して、有希江と桑野は2人で舞台を見に行くことになりました。

 

舞台の最中、早紀は桑野が見に来ているのに気づいてしまいます。以前、早紀は桑野に演技をダメ出しされたので桑野には来てほしくなかったのです…。

 

舞台を観に来たお客さんはみんな笑っているのに、桑野だけが笑っていませんでした。公演が終わった後、早紀は有希江に桑野の文句を言います。

 

桑野と有希江はもんじゃ焼きを食べに行くと、中川圭子(三浦理恵子)と中川ゆみ(平祐奈)に気付かれてしまいます。

 

もんじゃのうんちくを語りながら真剣にもんじゃを焼く桑野ですが、有希江は桑野が頑張って作るもんじゃをこわして食べてしまいました。そんな有希江のレクチャーに従って、桑野ももんじゃを食べるのでした。

 

有希江のお店にまどかが訪れます。桑野と出掛けたのが楽しかったと言う有希江に、まどかが桑野の悪口を言うと、桑野が気になっているのか聞かれてしまいました。

 

早紀はタツオの散歩中、工藤(RED RICE)に出会い、追いかけられます。行き止まりまで追い詰められましたが、工藤は早紀が落としたタツオのうんち袋を届けてくれただけでした。

 

木村が再び桑野の職場にやって来ます。元妻に訴えられて、建築の差し止めを要求されたと言うのです。裁判になると言いますが、相手の担当弁護士はまどかでした。

 

桑野はまどかの事務所に行き、自分が木村の家を建てることになったことを話しました。

 

まだ結婚できない男9話の感想と見どころ

今回の見どころは、桑野と有希江がもんじゃ焼きを食べるシーンです。想像通り桑野はもんじゃのうんちくを語り、真剣にもんじゃを焼きますが、その動きはロボットみたいでシュールで面白かったです。

 

意外だったのは、有希江が桑野のレクチャーをムシしてもんじゃの土手をこわして食べたところです。それから有希江のレクチャーにより、桑野もそれに従って食べますが、まさか有希江のレクチャーが始まるとは思いませんでした。

 

その後まどかと有希江が話すところはなんとなくバチバチしていました。桑野と有希江はお似合いだと思いますが、今回は桑野もまどかを映画に誘っているんですよね。

 

ただ、まどかと口喧嘩になってしまい、その話は流れてしまいましたが、まどかも桑野に黒丹茶を渡したり、優しい一面もあるんですよね。どっちとくっつくのだろう?と思います。どっちともくっつかない可能性もありますが^^;

 

桑野が急性胃腸炎で倒れてしまい、まどかと有希江と早紀がお見舞いに行きますが、元気のない桑野はいつもの桑野らしくなくて心配になってしまいました。素直にお見舞いに来てくれたお礼を言ったりするのは桑野らしくないなと思いました。

 

桑野からバナナを差し出されて、まどかだけ上手く取れず、勢い余って桑野のベッドにぶつかって動いてしまうところが面白かったです。何でいつもバナナなんだろう?と気になっていたのですが、今回の話で分かりました。

 

まどかが前にバナナが好きと言ったから、桑野はそれからずっとバナナをあげているみたいです。そう思うと桑野はずっと覚えていて優しいですね。

 

あと、早紀がタツオの散歩中にいつも出会う工藤は、何で無言で追いかけてくるんだろうと怖かったですが、早紀が落とした物を届けたかったのですね。サングラスを取った顔は優しそうでギャップがありました。


スポンサーリンク

まだ結婚できない男10話の予想や見どころ

桑野に家の設計を依頼した木村(伊藤正之)が元妻に訴えられて建築の差し止めを要求されたため、裁判をすることになりました。伊藤の元妻の弁護担当はまどかで、桑野は伊藤の証人として出廷することになります。

 

ところが、桑野とまどかは言い合いが止まりません。しかし、まどかのある言葉に桑野はハッとさせられます。さらに桑野とまどかの言い合いを見ていた有希江にも響くものがあったようです。

 

一方、まどかは母親の体調が悪いと聞き、長野の実家に戻り、母親が働く弁護士事務所を継ぐかどうか迷っていました。それを知らない桑野は、まどかにある設計図を見せます。

 

今までずっと独身生活を送って来た桑野ですが、まどかや有希江、早紀との関わりで何かしら心境に変化はあったのでしょうか。

 

桑野はまだ結婚できないのか、それとも、もしかしたら結婚の道のりが見えてくるのか、展開が気になるところです。これまで変わり者の桑野を中心に繰り広げられてきたこのドラマですが、いよいよ次回は最終回になります。

 

まだ結婚できない男9話のまとめ

桑野は腹痛を訴えて救急車で良雄の病院に運ばれます。お見舞いに来たまどかと有希江と早紀は病気のためか素直な性格になっている桑野にお礼を言われます。

 

早紀は自分が出演する舞台にまどかと有希江を誘いますが、まどかは仕事の都合で行けなくなってしまい、桑野と有希江が2人で行くことになります。桑野達は舞台の後はもんじゃ焼きを食べに行き、有希江は楽しかったとまどかに報告します。

 

桑野の職場には設計を依頼した木村が訪れ、元妻に訴えられて建築の差し止めを要求されたと話します。その元妻の担当弁護人はなんとまどかだったのです。

タイトルとURLをコピーしました