相棒 season18 9話 あらすじと感想!えん罪の真相が明らかに

スポンサーリンク

研究費の横領を疑われて逮捕された大学教授、しかし、えん罪だった。事件の裏にある真相と、さらなる闇に特命係が立ち向かう!2週にわたるスペシャル放送の後編です。相棒season18第9話のあらすじと感想を紹介します!

 

スポンサーリンク

相棒season18 9話 あらすじ

相棒season18 9話 あらすじ

 

【第9話の放送日時】2019年12月11日(水)21:00~21:54

 

【ゲスト】
◆皆藤武雄(中村育二)
東修大学の教授。研究費を横領した容疑で逮捕されたが、えん罪だと分かる

◆桝本修一(山崎樹範)
『週刊真相』の記者で、冠城の幼なじみ。昨年妻をテロ事件で亡くした。皆藤の事件に関係している?

◆高瀬佳奈恵(中村優子)
東修大学准教授。皆藤の保釈金を運搬中に襲われたが、実は横領事件をでっち上げた本人だった

 

<2週連続スペシャル後篇「檻の中~告発」>

 


佳奈恵を襲ってけがをさせた男が捕まります。取り調べで男は、ある日突然見知らぬ女から電話があり、3000万円ほしさに強盗事件を計画したこと、依頼してきた女の後をつけて東修大学で働いていると知ったこと、その女は皆藤教授に恨みがあると言っていたことなどを供述します。

 

さらに、男たちが奪ったアタッシュケースにはお金が入っておらず、その報復として佳奈恵を襲ったというのです。捜査一課の伊丹(川原和久さん)と芹沢(山中崇史さん)に事情を聞かれた佳奈恵は、保釈金を運ぶ車に乗る前にアタッシュケースの中身をすり替えたことを認めます。

 

その頃、特命係の右京と冠城(反町隆史さん)の姿は東修大学にありました。研究室にある鏡が不自然な角度で置かれていたことを思い出した右京は、そこで開発されたロボットが記録していた画像を確認します。そこには、パソコンにパスワードを打ちこむ皆藤教授の姿が映されていました。

 

右京は、佳奈恵がその画像からパスワードを盗みとり、経理データを改ざんした上で教授が横領しているという告発文を送ったのではないかと推理します。しかし、佳奈恵がそこまでして皆藤を逮捕させたかった理由が分からずにいました。

 

横領の容疑が晴れ、皆藤は保釈されます。佳奈恵の元を訪れた右京は、ライフケアテクノロジーからの見返りのため、そして皆藤への個人的な感情から佳奈恵が犯行を計画したのではないかとたずねますが、そんな右京に佳奈恵は言い放ちます。

 

「あなたはまるで分かっていません―」

 

一方、冠城は桝本に会いに行きます。冠城は桝本に何か言いたいことがあるのではないかと問いただしますが、桝本は皆藤の事件にはもう興味がないと言い、引きとめる冠城を振り切って立ち去ってしまいます。

 

その後、サイバーセキュリティ対策本部・青木(浅利陽介さん)の調べで、皆藤の研修室の周辺で起きた事件に関わっていた男が3ヶ月前サルウィンから帰国していたこと、男の雇い主が武器開発会社である東亜ダイナミクスであることが判明します。

 

皆藤の保釈をきっかけに事件は新たな展開を見せます。特命係は、事件の真相とその裏にある闇にたどり着くことができるのでしょうか?

 

相棒 eason18 9話の感想と見どころ

先週と今週、2週にわたって放送されたスペシャルですが、予想外の展開で最後まで目が離せませんでしたね!先週の前篇を見た時には、佳奈恵が私利私欲のために皆藤をおとしいれたのだと思いましたが、まさかあんな結末が待っているとは…、右京さんですら、

 

「僕としたことが、大きな勘違いをしていたようです!」

 

と言うくらいですから、視聴者も当然だまされるはずです。

 

驚いたのが、事件に関わっている会社として登場した東亜ダイナミクスが、今シリーズ最初のスペシャルでも登場していたことです。社長の桂川役の村上新悟さん、そういえば確かに洞爺湖サミットのシーンで片山雛子(木村佳乃さん)と一緒にいました!とても長いスパンの伏線だったのですね。

 

伏せんは第1回と2回目の放送にありました。

 

 

右京と皆藤、二人の天才の対決も見どころでしたね。最後、皆藤の独白とそれに答える右京のシーンは、とても見ごたえがありました。皆藤役の中村育二さん、見た目もいかにも科学者という感じで、とても素敵な演技をされる方だなと思いました♪

 

今回のストーリーは、科学技術とその使い道や可能性が大きなテーマになっていましたね。皆藤が研究している遠隔操作技術がキーポイントになりますが、「技術は人を幸福にする」という皆藤の言葉はとても心に響くものがありました。

 

ちょうど最近、日本人がノーベル化学賞を受賞するというタイムリーな話題がありましたね。世の中を便利で平和にするために今もたくさんの人たちが研究をしている一方で、使い方によってはその技術が人を不幸にしてきた歴史が現実にあるのだという、とても考えさせられる内容でした。

 


スポンサーリンク

相棒season18の第10話の予想や見どころ

第10話は今年最後の放送、タイトルは「杉下右京の秘密」です。右京の“新しい家族”を冠城が目撃!?そんな中、3億円の金塊が見つかる事件が起こり…、ゲストは遊井亮子さん、鳥越壮真さん、渋谷謙人さん、石井愃一さんです。

 

season18では行方不明になったり一時的に失明したり災難続きの右京さんでしたが、新しい家族ができるという明るい話題…、といいたいところですが、なにか訳ありのようです。右京と母子の関係やどこで知り合ったのかなど、とても気になりますね。

 

右京はバツイチで現在は独身、元妻は「花の里」の初代おかみだった宮部たまき(益戸育江さん)です。ちょうど先週のスペシャル前篇で、冠城に離婚の理由を聞かれていましたね。私生活は謎に包まれている右京のプライベートが、少し見られるかもしれません。

 

そして、私が気になっているのがゲストの遊井亮子さんです。右京と“家族”になるシングルマザーを演じる遊井さんですが、もしかして花の里の新しいおかみになるのでは?という気がしています。

 

花の里は、season17で2代目おかみの月本幸子(鈴木杏樹さん)が辞めて以来、season18ではいまだに登場していません。今まで右京の元妻のたまきや事件で右京と知り合った幸子がおかみだったこともありますし、遊井さんの雰囲気も小料理屋のおかみにピッタリだと思います。今年最後の放送で、ビッグサプライズがあるのではないかと予想します!

 

相棒 season18 9話のまとめ

前後篇にわたって放送されたスペシャル。とても考えさせられる内容で、事件の真相も意外で見ごたえがありましたね!結末にいたるまでの展開は、一体どうなるのかとドキドキしました。

 

ストーリーの大きなテーマは科学技術に関することでしたが、冠城と桝本の友情や、人々のために研究に情熱を注ぐ皆藤など、人と人とのつながりについても考えさせられる話でした。

 

次回が相棒season18今年最後の放送となります。早いもので、season18ももう折り返し地点です。今年の見納めにふさわしい、面白い話になるのを期待しています!

タイトルとURLをコピーしました