赤ちゃんの肌をあせもから守る対策とオススメの保湿ローション!

暑い日が続くと、赤ちゃんのあせもに悩んでいませんか?赤ちゃんは、大人と同じ数の汗腺があって新陳代謝もよいため、たくさん汗をかきます。だから汗腺がつまりやすく、そこにホコリなどの汚れがついてあせもになってしまうこともあり、あせもをこじらせてしまうこともあるようです。ではどうすれば良いのでしょう?実際に使ってみて良かったローションと赤ちゃんのあせもの対策について紹介していきます。

赤ちゃんのあせもにオススメのローション

赤ちゃんのあせも対策のローション-3

 

ローションといっても、いろいろな商品があって、どれがあせもの対策にいいのか迷いませんか?

 

軽度のあせもの場合、桃の葉ローションがオススメです。桃の葉は、古くから保湿効果や抗菌作用があると知られており、あせもなどの皮膚のトラブルに多く用いられてきました。保湿クリームだと夏はベタベタするのでローションタイプがオススメです。さらっとしていて赤ちゃんも気持ちよさそうです。

 

お風呂上がりの肌で少ししっとりしているくらいの時にぬるとさらっと保湿できます。またお風呂上がりにきちんと保湿すると乾燥を防いで肌のバリア機能を高めてくれます。

 

夏こそ保湿は大切ですね。日焼けした肌にぬっておくのも良いようで、ベビーカーで散歩した後に使ってます。

 

私が購入して現在使っている商品が、無添加でとろみのあるテクスチャーと口コミの多かったピジョンの薬用ローションももの葉です。

 

赤ちゃんのあせも対策ローション-1

 

低刺激なので肌の弱い赤ちゃんから大人まで使用できます。ママ友にも勧められたので、思わず検索して口コミを調べたところ評判も良かったので購入しました。

 

透明でとろみがあって保湿力が高いです。

 

赤ちゃんのあせも対策のローション-2

 

他にも桃の葉ローションはいろいろな会社が販売しているようなので、赤ちゃんの肌や状態にあったものを使ってあげると安心ですね。

 

赤ちゃんのあせも対策には早めの予防が大切!

汗をかいたまま放置しないことが鉄則のようですが、汗をよくかく赤ちゃんだったらどうすれば良いのでしょう?全く外出せずにいるわけにもいきませんし、お昼寝しただけでも汗かいちゃいますよね。

 

あせもにならないための対策をご紹介しますね。

 

■通気性のよい肌着
こまめに汗をかいたら着替えさせたりオムツ交換をするとよいです。また、衣類も通気性の良いものや肌触りの良いものにしてあげると汗をかいても吸収してくれたりします。

■肌を清潔にする
汗をかいた後はシャワーで流してあげたり、すぐに流せない時はホットタオルで拭いてあげたりして汗を拭き取ってあげましょう。また、シャワーで流すときは、1日1回だけベビーソープは使うようにして、それ以外はぬるま湯で流すくらいにしておきましょう。

 

必要な皮脂まで洗い流してしまうので、ベビーソープは1日1回が基本です。ボディソープも同じです。必要以上に使ってしまうと余計に肌の乾燥をまねき、肌トラブルにつながることもあるからです。

 

お風呂上がりもしっかり拭き取りましょう。汗をかいていることもあるので気をつけてあげましょう。

 

また、寝る時や授乳後、離乳食後など背中や首に汗をかいてそれがあせもになることもあるので、ガーゼなどを背中に入れてあげて、寝入ったあとにとってあげたり、タオルに変えてあげたりするのも良いです。

 

もちろんエアコンを上手に使って冷えすぎない程度に室内を冷やすのも汗をかかないようにするのにオススメです。


スポンサーリンク

まとめ

暑い夏、汗っかきの赤ちゃんはどうしてもあせもができてしまいがちです。しかも、かゆいと爪で引っ掻いてしまい、ママの知らない内に悪化させてしまいます。

 

そうならないように、なるべく汗をかいたらシャワーやタオルで汗を拭いてあげたりして、その後通気性吸水性の良い衣服に着替えさせましょう。

 

その際に、桃の葉ローションなどでケアしてあげることが大切です。低刺激なので、赤ちゃんも大人も使えます。ただし医薬部外品なので、あせもが悪化するようだったら病院で診察してもらいましょう。ウチも様子を見て考えますが、今のところ、桃の葉ローションが合っているようです。