鉄のフライパンがひっつくのはなぜ!?2つの原因と対策!

スポンサーリンク

料理中、鉄のフライパンがひっつくことはありませんか?料理がこげつきそうで、ためらってしまいますよね?鉄のフライパンがひっつく原因と対策について紹介しておきますね!原因がわかれば対策をたてることができ、鉄のフライパンでおいしくお料理を食べることもできます!

 

スポンサーリンク

鉄のフライパンがひっつく2つの原因

鉄のフライパンがひっつく原因

 

鉄のフライパンを使い始めると、せっかくの料理がこげついてしまい、使うのがイヤになり、キッチンの棚にそのままなんてこともありますよね。

 

そうならないように、まずは、鉄のフライパンに料理が焦げ付く2つの原因を紹介します。

 

使い始め

まず、鉄のフライパンを購入してまずにするべきことは、空焼きです。

 

最初についている樹脂コーティングを焼き切るためです。

 

これが、甘く終わっているとこげつきの原因になります。臭いがくさいくらい焼くことが必要だと言われています。

 

ただ最近はそういった面倒な手間を省いた商品もあるようなので、そちらを使い始めに利用してみるのもよいかもしれないですね。

 

 

使った後

二番目の原因として、一度使った後にきちんとその汚れがとれているか?ということです。洗わずに使い続けていませんか?一度使った後は、しっかりと水で汚れをとって二回目を使いましょう。汚れが残っているとそこがそのままこげつきの原因になってしまいます。

 

使い終わった後はすぐに水やお湯などで、しっかりと汚れをとり、火にかけて水分を飛ばしましょう。自然乾燥はダメです。錆の原因にもなるし、こげつきの原因になります。

 

鉄のフライパンは、その種類にもよりますが、水とたわしでごしごし洗うイメージがあります。

 

しかし最近はやわらかいスポンジと洗剤を使って洗っても大丈夫なフライパンが多くでてきています。このようなフライパンを使ったら、楽しい料理生活が過ごせそうですね。

1

 

ところで、鉄のフライパンの保管方法はご存知ですか?

 

実は、使わないとき、どこに保管するか?も大切なんです。鉄のフライパンの保管方法については別記事にまとめていますので、こちらも是非読んでみてください!

 

 

鉄のフライパンがひっつく|対策

鉄のフライパンがひっつく原因

 

さて、鉄のフライパンがひっつく場合、どのような対策を考えればよいのでしょうか?

 

一つ目の「空焼きをする」というのは、使い始めにコーティングをしっかりと高温で焼き切ることなんです。そして、料理をする時に少しフライパンを火にかけて温めましょう。お料理をする前に、予熱をすることも必要なんです。

 

また、材料を室温に戻しておくことも大切です。フライパンの温度を低くしないためにも必要なんです。フライパンの温度が低いと焦げ付きの原因になるからです。

 

予熱をすることと、材料を室温に戻しておくことでフライパンの温度が低くなることを避け、フライパンに大切な食材がひっつくことを避けることができます。

 

二つ目の汚れをしっかりと取れているのか?ということに対してですが、使うフライパンによっては洗い方が違いますが、使い終わってすぐに水や重曹などで汚れをゴシゴシととり、再び火にかけて水分をとばすまでが工程になります。

 

ただし、洗剤を使って洗ってはいけない鉄のフライパンもあります。そのフライパンは、油返しをする必要があるフライパンです。

 

その場合、洗剤を使ってはよくないといわれていますが、その理由は、少しずつなじんだ油がはがれてしまうからです。

 


スポンサーリンク

鉄のフライパンのこびりついた汚れをとる方法

鉄のフライパンがひっつく

 

こびりついた汚れを取る場合は、お湯などでその汚れが浮くのを待ってみましょう。

 

油がなじんだフライパンじゃないと、焦げ付くことがあります。

 

ただし、毎回油返しをするのは面倒だなと思ったら、揚げ物をするのもよいでしょう。たっぷりの油を使うので、コーティングできます。

 

まとめ

使い始めの時に、空焼きをしっかりとしておくことが必要です。これをしっかりとしておけば、焦げ付くことも減ります。

 

鉄のフライパンに料理が焦げ付くと、楽しい気分が半減してしまうので、原因と対策をしっかりと知って、使っていきましょうね^^

 

また、最近は洗剤で洗える鉄のフライパンも売っているので、洗い方も違うため、買う前に確かめて、自分にとって使い勝手の良い鉄のフライパンを選ぶのもアリですね!

 

以下のフライパンは、最初の油ならしと空焼きが不要なので、鉄のフライパン初心者にも手軽に使いこなせる優れものと大人気です♪これなら鉄のフライパンに食材がひっつく心配もありません^^*

 

タイトルとURLをコピーしました