赤ちゃんの寝相が悪いのはレム睡眠の影響!?気をつけること!

赤ちゃんを育てていると不思議に思うことがたくさんありませんか?

 

私は、最近わかっていてもついつい思ってしまうことがあります。

 

「そんなに眠いなら泣き続けずに眠ればいいのに・・・。」
「布団かけてもかけてもすぐに蹴ってるなー。」
「あれ?寝た時は隣にいたはずなのに、いつの間にそんなところで寝てるの!?」

 

のように、赤ちゃんの寝相って特にすごいですよね?

 

赤ちゃんの寝相についてまとめてみましたので、気になる方は是非読んでみてください!

 

赤ちゃんの寝相が悪い原因はレム睡眠の方が多いから!?

赤ちゃんの寝相が悪い原因-1

 

以前、私自身が眠れないなと思った時に『レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)』について調べたことがありました。

 

人が眠っている時にはこの2種類の眠りがあり、浅い眠りと深い眠りを繰り返しますよね。

 

赤ちゃんはレム睡眠の方が多いようです。

 

だから、身体は寝ていても脳が動いているので、寝た状態で散歩してもよい刺激になるとかいうのも正解なんですね。

 

そして、浅い眠りが多いので、例えばママがちょっとトイレで部屋を出た場合でも気づいたり、少しの物音でも気づいたりするようです。

 

また、不快を感じても起きたりするので、室温や湿度などにも気を付けてあげたいものです。

赤ちゃんの寝相が悪い時に気をつけてあげること!

とくに対策とかはないようですが、自由に寝返りをうてるように、赤ちゃんが寝ている周辺の安全対策は必須ですね。

 

うちも、ベッドガードを付けたり、なるべく広くスペースをあけています。

 

そうでない場合は、ベッドではなく、布団にして家族で川の字で寝ているというおうちも多いですよね。

 

川の字ならいきなり起きて動き出して安心ですしね。

 

また、冬になるとスリーパーを着せておくのも必要なのかなーと最近購入しました。

 

これだけ自由に動いていると、布団を着ないので風邪ひかれてもこまるし、エアコンいれててもいいのですが、冬だと寒いですよね。

 

いろいろなタイプのスリーパーがあるので、うちは、足が出るものを購入して着せてみることにしました。

 


スポンサーリンク

赤ちゃんの寝相別性格判断

 

寝相で性格判断するって聞いたことないですか?

 

赤ちゃんの場合も寝相によって、どんな性格なのかわかるみたいですよ。

 

赤ちゃんの寝相【大の字】

 

両手を広げて寝ている赤ちゃんは、寒くないのかと気になりますが、どうやら放熱するために両手両足をあげて寝ているようですね。

 

赤ちゃんの寝相が悪い原因-2

 

先日、足もとに布団をかけて寝せたら、汗をかいて気持ち悪かったみたいで起きたことがありました。

 

難しいですね・・・。

 

赤ちゃんの体温調節の邪魔をしないようにしたいものです。

 

性格としては、開放的で精神的に安定しているようです。うちも子もこの寝相が多いので安心しています。

 

赤ちゃんの寝相【うつ伏せ】

 

うつ伏せ寝をするようになったら、ちゃんと呼吸しているか心配になるので気を付けたほうがいいよと言われていたのですが、うちの赤ちゃんは全くしないですね。

 

たまーにしているくらい。

 

性格としては、常に周囲に気を配れるような赤ちゃんのようです。うちの子は自分が中心となりたいような感じなので、うつ伏せをしないのかもしれません^^;

 

赤ちゃんの寝相【横向き】

 

うちの子は、最近たまに横向きで寝ていることがあります。

 

今までは私の方を向いて寝てくれていたのに、くるっと反対側を向いているなーと驚き、様子を見てみたりしております。どうやら性格としては、これも安定しているようで、ほっとしました。

 

ちょっと前までは、大の字だったのに、最近は、横向きが多くて寝相がかわってくることがあるようで、寝ている時でも成長を感じることができます。

 

また、ストレスを感じたり、疲れを感じたりしていると体を丸くして寝たりするようなので、胎児のころに戻りたくなるのかもしれないですね。

 

自分の子がどういう様子で寝ているのか、寝姿で性格判断できるって面白いですよね。

 

まとめ

 

赤ちゃんの寝相が悪いのには、室温や湿度、その日一日うけた刺激などでもかわるようです。

 

不快を感じて寝相が悪いこともあれば、深い眠りと浅い眠りを繰りかえすので寝相が悪くなるようですね。

 

先日も夜中に起きてふらっと起き上がり、身体を折って寝ていたことがありました。正直怖いですけどね・・・。

 

寝相が悪い時に気を付けてあげたいのは、自由に寝返りができるスペースをあけてあげることが大切です。

 

赤ちゃんの寝相別で性格も変わるようなので、自分の子がどんな風に寝ていて、どういう性格なのか気にしてみるのも面白いですよ。