タイタニックのラストシーンの意味は!?あらすじと考察!

スポンサーリンク

 

本当に大切なのは人の中身なんだ!と思える映画で、最後の沈没の瞬間は、自分の事より大切な人の事を思いながら、大切な人を救おうとする場面に感動します。

 

また、なんといっても永遠の愛に感動します。

 

特にラストシーンは愛の深さに身震いします。

 

年代によって解釈や感動にも変化がありますので、繰り返し観ると新たな感動を発見できる映画です。

 

タイタニックのあらすじや見所ポイントなどを紹介します。

 

また、「ラストシーンの意味がわからない・・・。」という方もいらっしゃるので、参考として監督や私の解釈を書いておくことにします。



スポンサーリンク

タイタニックのあらすじ

タイタニック

 

英国客船タイタニック号が沈没してから84年後の1996年に、トレジャー・ハンターの「ブロック・ロベット」は、海底に沈んだままのタイタニックを調べていました。

 

ブロック・ベットの目的は、1912年のタイタニック沈没事故で海に沈んだという「碧洋のハート」を探すことでした。

 

「碧洋のハート」は、最高峰のダイアモンドと言われているものでした。

 

調査をしていると、上流階級の女性が使用していたと思われる船室にたどり着きました。

 

その部屋は1等客室で部屋の中から金庫を1つ発見するのでした。

 

「碧洋のハート」の発見ではないかと金庫をこじ開けると、中にあったのは古ぼけた紙切れが1枚だけ入っていました。

発見した紙切れを綺麗に洗い直してみると、裸体の女性が浮かび上がってきたのでした。

 

浮かび上がった裸体の女性は胸に、「碧洋のハート」のようなダイヤを身につけていたのです。

 

トレジャーハンターのブロックは、浮かび上がった1枚の絵画をテレビで放送しました。

 

すると、偶然その放送を見ていたある老女は、とても驚きました。

 

驚きを隠せずブロックに連絡をする事にしました。

 

その老女は年齢100歳を超えていて、なんとタイタニック沈没事故から奇跡的に生還した絵のモデル本人だったのです。

 

電話を受け取ったブロックはその老女と連絡を取り、老女と孫娘達は調査団の船に向かいました。

 

そして老女は、あの豪華客船タイタニックの中で起こった出来事を静かに語り始めました。

 

1912年4月10日、

 

当時、史上最大の豪華客船だった「タイタニック」は、イギリスのサウサンプトン港イギリスからニューヨークへ向けて出航しました。

 

上流階級の令嬢「ローズ・デウィット・ブケイター」は、婚約者の「キャルドン・ホックリー」と未亡人の母親と一緒に乗船しました。

 

婚約は強制されたもので、ローズの心は晴れやかではありませんでした。

 

ローズ家は破産寸前だったため、大富豪のホックリー家の財産を目的に母親が婚約を強引に決めていたのでした。

 

タイタニックに乗船していた画家志望の「ジャック・ドーソン」は、ギャンブルで稼ぎながら旅をしており、故郷のアメリカへ帰るため、出港前にポーカーで稼ぎタイタニックへの乗船チケットを手に入れたのです。

 

友人の「ファブリッツィオ」もジャックと一緒にポーカーで乗船チケットを手に入れました。

多くの見送りや見物人に見送られながらタイタニックは午後0時00分正午きっかりにサウサンプトンを出航しアメリカへ向かうのでした。

 

タイタニックに乗船したジャックは、船旅でイギリスの上流階級の「ローズ・デウィット・ブケイター 」と出会うのです。

 

この出会いが2人の運命的な出会いとなり物語は進みます。

 

貧しいジャックと上流階級のローズには、身分や境遇の違いがありましたが、それでも二人はお互いに惹かれ合い恋に落ちていきます。

 

1912年4月14日午後11時40分、
航海の途中、見張りを担当していた船員が、ぼんやりと「白い影」を発見します。

 

水平線の向こうに巨大な氷山があったのです。

 

見張りの船員は、「針路正面に氷山!」と叫びました。

 

それは航海の針路を塞ぐかのように立ちはだかっていたのです。

 

見張りをしていた船員は、船長の代わりに指揮をしていた当直士官で、一等航海士の「マードック」に「直進すると氷山に衝突する」と報告するのです。

 

マードックはその氷山を避けようと「取舵一杯!後進全速!」の号令をかけるのですが、タイタニックは避ける事が出来ず、横を擦るようにして衝突してしまうのです。

 

衝突によってタイタニックは船体を破損してしまいました。

 

そして、破損箇所から海水が浸水して船体が徐々に傾いて沈み始め、船全体がパニックに陥ってしまいました。

 

船から脱出をする為、優先的に女性や子供達の救助が始まりましたが、ローズはジャックを探す為に船に戻ってしまうのです。

 

全員を救助する事が出来ず、船の上にはまだ乗客が残ったままでしたが船は傾いていき、次第に船は沈み始めました。

 

ジャックとローズは船の先端へ逃げ、手すりに捕まっていましたが、船が沈むとともに重さに耐え切れなくなってしまい、二人は海に落ちてしまいます。

二人は海中に沈んだのですが、命は取り留めました。

 

ですが、周りは冷たい海と暗い闇に包まれており、救助が来るとは思えない状況でした。

 

ローズは船の壊れた破片の上に乗り、ジャックはローズが乗る破片に捕まって、何とか浮いている状態でした。

 

ジャックは極寒の海中に浸かっていので、次第に冷たい海水に体力を奪われていきます。

 

氷山が浮かぶ海ですから、相当冷たいです・・・。

 

ジャックはついに力尽き、冷たい海の底に沈んで行きました。

 

ローズはジャックとの約束を守る為にも生きる事を決意します。

 

ローズは気力を振り絞って警笛を鳴らし、自分の居場所を知らせる事で何とか救助してもらう事が出来ました。

 

救助されたローズは自分の名前を「ローズ・ドーソン」と名乗りました。

 

ジャックの姓を名乗る事でジャックと共に生きていくことを明かすと決めたのです。

 

老女の正体は、タイタニック沈没事故の生存者であるローズと言う事がわかりました。

 

ローズは全てを語り終えると、隠し持っていた「碧洋のハート」を海に捨ててしまうのです。

 

そして、ローズはジャックと再会できる事を願いつつ静かに眠るのでした。

 

タイタニックのラストシーンは意味が深い!

 

タイタニックはとても感動的な映画ですが、ラストシーンについては色々な意見があります。

 

最後に、おばあちゃんになったローズは、ジャックと大切な思い出の品ダイヤのネックレス「碧洋のハート」を海に捨ててしまうシーンとその後のシーンです。

 

大切なはずなのに、海に捨ててしまうなんて考えられない。という意見や、語り終わってジャックとのことに踏ん切りがついたから、という意見もあります。

 

私の感想ですが、シーンだけ見れば海に捨ててはいますが、捨てたのではなくてジャックの元へ届けたのだと思います。

 

年老いて死も近づいているし、ジャックが眠る海に届けることで、

 

「あなたの元へ行くわ。いつもあなたのことを愛していて想っているけど、これからも私達は永遠に一緒よ。」

 

という気持ちの表れだったのかな、と思いました。

 

結婚指輪に使われる宝石ってダイヤモンドですよね。

 

ダイヤモンドの石言葉は『永遠の愛』なので、結婚指輪に選ばれました。

 

そうです、ローズは永遠の愛という石言葉を持つダイヤモンドをジャックが眠る海へと届けたのです。

 

だから、捨てたんじゃなくて、とてもロマンチックなシーンなのです。

 

そして、ローズはベッドに横になり目を閉じます。

 

眠りについたのか、亡くなったのかは映画では表現されていません。

 

ハリウッド映画には珍しいですよね。

 

監督は、「観ている人に任せたい」と答えていましたが、監督自身もローズは永遠の眠りについた、と解釈しているとも答えていました。

 

ダイヤのネックレスを海に投げ入れることでジャックの元へ行くことを表して、その後、眠りにつきジャックの元へ旅立ったのかと思うと、とても感動的なラストシーンだな、と思いました。

 


スポンサーリンク

タイタニックのおすすめポイント

 

タイタニックと言えばやっぱり船の先端でジャックがローズを後ろから抱きしめる瞬間です。

 

誰もが1度は憧れる光景です。

 

実際には旅行などで船に乗る機会があればやってみたくなります。

 

また、やはり一番感動するシーンはラストです。奥が深いです。

 

恋人同士の人にはもちろんですが、家族や大切な人と一緒に見るのも良い作品です。

 

子供でも楽しめますし、大人になってから観るとラストシーンにも感動するので、年代に関係なく感動できる映画です。



タイタニックの基本情報

 

『タイタニック』は1997年のアメリカ映画で監督、脚本はジェームズ・キャメロンです。

 

1912年に起きた英国客船、タイタニックの沈没事故を作品にしたもので、実話です。

 

日本では、1997年12月20日に公開となり、大ヒットしました。

 

映画の中で主人公のディカプリオが船の先端に立ち、ローズ役のケイト・ウィンスレットを背後から支え、両手を広げるシーンに憧れてマネをした人がたくさんいました。

 

タイタニック号の沈没場所と時間

 

カナダ、ニューファンドランド島のセント・ジョーンズ港から南へ約600km。

1912年4月14日、23時40分に氷山を発見し、2時間40分後に沈没。

 

 

タイタニックのキャスト

 

ジャック・ドーソン(レオナルド・ディカプリオ)

主人公

貧しい身の上で、ギャンブルで稼いで世界を旅している。

タイタニックにはポーカーで切符を手に入れて乗船してローズと出会う。

 

ローズ・デウィット・ブケイター (ケイト・ウィンスレット)

ヒロイン

上流階級の令嬢だが、実家が破産寸前だったので母から婚約を強要されている。

タイタニックでジャックと出会い恋に落ちて行く。

 

キャルドン・ホックリー (ビリー・ゼイン)

アメリカの大富豪の御曹司でローズの婚約者

お金や物で人を動かそうとするタイプ。

純粋な愛情とは思えない為、ローズの心は離れていく。

沈没事故の生存者だが破産して自殺をする。

 

 ルース・デウィット・ブケイター (フランシス・フィッシャー)

ローズの母親

裕福のように見えるが、実は破産寸前で強引に娘とホックリーとの婚約を進める。

 

まとめ

『タイタニック』の映画を初めて見たのは、旅行から帰ってきた翌日でした。

 

船旅だったこともあり、船の先端でのタイタニックのポーズが楽しそうだと思い、いつかタイタニックのような豪華客船に乗りたいと思いながら観ました^^

 

住んでいる世界が違う男女が、少しずつ惹かれて行く姿がとても良いです。

 

とても沈没するとは思えないほどの豪華客船タイタニックですが、実際に起きた実話なんですよね。

 

身分の違う男女が船の上で少しずつ惹かれ合っていく物語で、本当に大切な人を最後まで守りたいと思う気持ちが強く伝わってきます。

 

そして、大切な人を亡くした後もその人を思い続ける愛の深さを感じる事ができる感動の作品です。

 

タイタニックはU-NEXTで観ることができますよ。

 

>>U-NEXT



タイトルとURLをコピーしました