クリスマスプレゼントは24日?25日のどっちに渡す?【子供】

 

大人になるとクリスマスという日が薄れてくる人も多いのではないでしょうか?

 

でも、子供にとってのクリスマスプレゼントは本当に特別な物です。

 

子供にとってはサンタクロースからの夢のプレゼントですからね。

 

ですので、子供に渡すプレゼントは正しい日に贈りたいものです。

 

でも、贈ると言っても、「クリスマスプレゼントは24日と25日どっちの日に渡せばいいんだろう?」と迷っていませんか?

 

お父さんやお母さんが迷わないように子供にクリスマスプレゼントを贈る正しい日をご紹介します。

 

 

クリスマスプレゼントを渡す日

 

クリスマスプレゼント-女児

 

 

子供に「プレゼントは今日渡すね」なんて事は言えません。

 

24日はクリスマスイヴで25日はクリスマスですよね。

 

この2日間は両方にクリスマスがつくので「23日は?」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

でも、やはり23日は早すぎますし25日の夜にプレゼントを渡すのは遅すぎます。

 

昼間にプレゼントを渡すのも悪くはありませんが、子供達が昼間に遊んでいたりする中で渡すより、夜に渡すほうが喜ぶでしょう。

 

サンタさんは夜に来る」と思っている子供のほうが多いですしね。

 

絶対にこの日でないとダメという訳ではありませんが、子供にクリスマスプレゼントを渡すのは「24日の夜」に贈るのが良いです。

 

24日の「クリスマスイヴ」は、25日のクリスマスの前の日になるので前夜祭のような印象がありますが、クリスマスイヴの「イヴ」には「夜」や「晩」という意味があるのです。

 

ですので、クリスマスイヴは「クリスマス夜」や「クリスマス晩」という意味になります。

 

そうすると、25日のクリスマスより24日のクリスマスイヴのほうが、正式なクリスマスのような感じになります。

 

一般的にもクリスマスパーティーなど行う時は24日に行う事が多いので、24日の夜に渡すのがベストです。

 

クリスマスプレゼントを枕元に置くベストなタイミング

 

サンタクロース

 

 

クリスマスプレゼントの定番の渡し方と言えば、朝起きると枕元に置いてあるのが定番で子供の夢ですよね。

 

お子さんのいる家庭で、お子さんがサンタを信じているのでしたら、クリスマスプレゼントを枕元に置くのは12月24日の夜、お子さんが寝た後がベストです。

 

25日の朝起きたらプレゼントが枕元にあるというのが、クリスマスプレゼントの一般的な渡し方で、小さなお子さんが1番喜ぶ瞬間ですね。

 


スポンサーリンク

諸外国のクリスマスプレゼントを渡す日

 

クリスマス

 

もちろんクリスマスは日本だけではありません。

 

日本でクリスマスが根付いてまだ100年足らずなのです。

 

そんな諸外国のクリスマスプレゼントはいつ渡すのか気になった事はありませんか?

 

ヨーロッパのドイツやオランダでは「12月26日」なのです。

 

「なぜ12月26日なの?」と思っていましますよね?

 

「聖ニコラウス」という男性が4世紀ごろに生存していたと言われています。

 

この「聖ニコラウス」がサンタクロースのモデルになって、聖ニコラウスの誕生日が「12月26日」である為、クリスマスは12月26日となっているのです。

 

日本とは違うので、驚きますよね。

 

まとめ

 

子供にとってのクリスマスは、やっぱり夢があるものです。サンタクロースからのプレゼントを楽しみにしています。

 

せっかくのプレゼントですから、たくさん喜ばせたいですよね。

 

その子供の夢を壊さない為にも、クリスマスプレゼントを渡す日と渡すタイミングは大切です。

 

クリスマスプレゼントを贈るなら正しい日にしましょう。

 

本来のクリスマスは24日から25日にかけてですので、この期間に贈るようにしましょう。

 

24日のクリスマスイヴは「クリスマス夜」という意味があるので、24日に贈るのが正しいと言えます。

 

また、枕元にプレゼントをベストなタイミングは「24日」の子供が寝た後です。

 

クリスマスの期間は「12月24日の日没から12月25日の日没まで」となっている事もあり、24日の夜がベストなタイミングであり、25日の朝にプレゼントがあるとお子さんも嬉しいのです。

 

クリスマスプレゼントは直接渡す方法や、寝ている間にそっと枕元に置くなど渡す方も様々です。

 

1番喜ばせる贈り方でクリスマスプレゼントを渡してあげましょう。

 

子供もきっと忘れない思い出になります。

 

プレゼントを選ぶ親も大変ですが、やっぱり子供の喜ぶ顔を見るのは幸せですね。