ドクターX 6話のあらすじと感想!輸血できない危機に未知子は…

スポンサーリンク

ドクターX 6話のゲストは平岡祐太、宝辺花帆美。神原名医紹介所に皆月むつみの手術を頼みにやって来た青年実業家の六角橋翔でしたが、むつみの手術中に大門未知子と城乃内博美が仲違いしてしまいます。そんな中六角橋が倒れてしまいます。手術はどのように成功するのか…!?

 

ドクターXは、今ならU-NEXTで配信中です!あらすじにはネタバレを含みますので、知りたくない…、と思ったら動画を見てくださいね。特殊な血液型の患者に輸血できない危機を未知子はどう対処したのか?伏せんに気づくのも楽しいですよ。登録はもちろん無料です^^*

▼▼▼いますぐU-NEXTをチェックする▼▼▼

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スポンサーリンク

ドクターX第6話のあらすじ

ドクターX 6話 あらすじ 感想

 

【第6話の放送日時】2019年11月21日(木)21:00~21:54

 

【ゲスト】
六角橋翔(平岡祐太)
青年実業家で神原名医紹介所に皆月むつみの手術を頼みにやって来ます。子どもの夢を応援したいと言いますが、実際は自分の売名行為に子どもを利用していました。【ゲスト】
皆月むつみ(宝辺花帆美)
別の病院で治療していましたが効果がなく、神原名医紹介所に六角橋とともに手術を頼みにやって来ます。

 

麻雀をしている大門未知子(米倉涼子)達でしたが、未知子がお肉を食べに行きたいからお金を貸してほしいと神原晶(岸部一徳)に頼むと、六角橋翔(平岡祐太)を見習うように一喝されてしまいました。

 

そんなところに六角橋が皆月むつみ(宝辺花帆美)とむつみの母親と一緒に手術を頼みにやって来ます。

 

むつみは他の病院で治療をしていましたが、効果がありませんでした。

 

それをインターネットに上げたところ六角橋が支援してくれることになったのです。晶はむつみの手術は未知子がすることを勧めました。

 

お金を落とした城乃内博美(内田有紀)は六角橋に拾ってもらい、六角橋はクレジットカードで食堂にいるみんなのお昼をおごりました。

 

むつみの手術をしているところに六角橋が見学にやって来ます。

 

手術は2回に分けて行う予定でしたがそのまま続けようとする未知子に博美が注意しますが、そのまま続行されました。

 

手術が終わった後、未知子は博美に子どもの負担を考えていないと注意されます。怒る博美はご飯の無料クーポンを見せてくる未知子をよそに帰ってしまいました。

 

博美は六角橋にむつみのお礼を言われて食事に誘われます。そこは夢が叶う料理と話題のお店でした。

 

貧乏生活だった六角橋は5円からお金を増やしていくのが夢でした。それを実現した今は1食100万円のお肉を食べています。

 

その頃、未知子と晶は牛丼を食べていました。六角橋のSNSを見ると未知子が食べたかったお肉の写真に博美が写っていました。それを見た未知子は怒ります。

 

帰り道、六角橋が倒れてしまい東帝大学病院でCT検査をします。六角橋の病室に来た未知子は肝細胞がんだと告げて手術をさせてくれないか六角橋に言います。

 

そこに海老名敬(遠藤憲一)も来て手術をさせてほしいと頼みます。六角橋が博美に意見を求めると海老名を執刀医に指名しました。

 

村崎公彦(藤森慎吾)もオペを志願するとニコラス丹下(市村正親)は海老名でいいと言います。ニコラスは六角橋の会社に関する資料を見ていました。

 

術前カンファレンスでは海老名と博美が六角橋の血液型が珍しい血液型の為、自己血輸血を行い、貯血が必要だと言います。

 

未知子は執刀医が失敗したら貯血じゃ足りないと言います。それに対して博美は未知子にはやらせないと言い、未知子もやらないと言いました。

 

六角橋のもとに六角橋の病気がバレていると情報が入ります。蛭間重勝(西田敏行)は海老名に未知子にオペを頼むように言いました。

 

海老名は博美を夕食に誘います。そこはワインもワンコインで飲めるというお店で博美にワンコインの100円メニューから選ぶように言います。ケチな海老名はワインをさらに水で薄めて飲んでいました。

 

ネットのニュースでは六角橋のマイナスな記事が書かれて中傷もありました。未知子は飯野加奈(川瀬莉子)とむつみと六角橋のもとにやって来ました。むつみは六角橋の力になりたいと500円をプレゼントします。

 

未知子と晶が卓球をしている頃、六角橋の体調が悪化して緊急手術することになりました。その最中、海老名の失敗により出血してしまいます。ところが、神原名医紹介所や晶には連絡が通じません。

 

出血場所が見つからないまま輸血をすることになりました。ニコラスは手術をやめるように言いますが、博美に怒られます。博美が執刀医を変わるように言うと未知子が現れました。

 

出血場所を見つけやすくする為に血を抜いてその血を輸血に使うことになりました。そのままでは少ないので希釈式自己血輸血をして血を薄めて増やすことになります。海老名が手術をやめた方が良いと言っても未知子と博美は拒否しました。

 

ニコラスは六角橋ががんを克服したことを発表する前に、買いに動くように鮫島有(武田真治)に言います。

 

六角橋の手術は成功し、博美は一緒にいてほしいと言われますが、気持ちだけ受け取りました。

 

蛭間のところに晶が手術の報酬を請求しにやって来ます。額が大きいと言う蛭間に晶は、海老名が命を救ったのだと言い、蛭間の名前が売れると話すと蛭間は納得しました。

 

ニコラスに会った晶はマスコミに六角橋の病気をバラしたのはニコラスではないかと疑います。

 

ニコラスに頼まれた鮫島は株を空で売り、六角橋が手術成功の発表をする前に買ったのでした。しかし六角橋の手術が成功しない方が利益が大きかったようです。

 

無事に退院できた六角橋はお金の大切さに気づいたようで、お肉が食べたい未知子の夢は叶わなかったみたいです。

 

ドクターX第6話の感想と見どころ

むつみの手術中に未知子と博美がケンカをしてしまいましたが、患者の負担を考えるようにいう博美と一度に終わらせた方が患者の負担が少ないという未知子はどちらも正しいようで難しい問題だなと思いました。

 

今回のケースはまだ小さい子どもだったので、子どもがいる博美はむつみのことを思っての言葉だったと思いますが、未知子のいうこともその通りだなと思いました。

 

一方で肝細胞がんの六角橋は、すごく珍しい血液型で自分の血でしか輸血できない為、難しい手術だなと思いました。限られた血の中で絶対に失敗はできない緊張感のある手術シーンでした。

 

未知子と博美が喧嘩してしまったから未知子をスルーして博美が率先して手術をリードするという珍しいケースでしたが、博美が海老名を選んだのは間違いだったと思います。海老名の手術シーンは頼りなさげでヒヤヒヤしてしまいました。

 

早く未知子が来てほしいと思ってしまいました。

 

海老名は出血したところを見つける前に輸血をしてなおさら場所がわかりにくくなってしまいましたが、未知子が血を抜いて出血場所を見つけるという方法はさすがだなと思いました。

 

確かに血を抜いたら分かりやすくなりますよね。でも足りなくなった血はどうするんだろうと思ったら、自分の血を薄めるという方法でクリアしていました。

 

まさかこんな方法があるんだなとびっくりしました。これは海老名と博美がご飯を食べに行った時に海老名がワインを薄めて飲んだのが伏線になっています。

 

この話では配分を間違えたら患者の命が危ないというところから、麻酔科医の重要さが改めてわかりました。執刀医との信頼のおける関係で成り立っているのだなと、未知子と博美の関係性がよくわかった内容でした。

 

あと博美と六角橋は結構お似合いだったと思います。博美に幸せになってほしいなと思いますが、未知子と一緒に仕事する博美も好きなので、その活躍をずっと見ていたいと思いますね。

 


スポンサーリンク

ドクターX 7話の予想や見どころ

セブン・ゴールドバーグ(アラン・ロワ)と妻のナタリー(アナンダ・ジェイコブズ)が植毛を頼みに東帝大学病院にやって来たところ、未知子に失礼なことを言われたセブンが怒ってしまいます。そんな中、セブンは倒れてしまい病気がわかりました。

 

未知子による手術は拒否されて加地秀樹(勝村政信)による手術が行われることになりましたが、問診で加地と原守(鈴木浩介)は聞き間違いをしてしまいます。

 

ナタリーは未知子に頼みに神原名医紹介所にやって来ますが、セブンは納得しません。さらにセブンの容態が悪化して聞き間違いをしたまま加地による手術が行われようとしていました。

 

第7話は外国人の方がゲストです。

 

外国人の方ですから問診は英語で行われると思いますが、聞き間違いは怖いなと思いました。手術に繋がる問診なので、ちょっとしたことでも絶対に間違えてはいけない、とても重要なことだと思われます。

 

未知子だったら英語も得意だと思うし、絶対に聞き間違いはしないと思いますが、植毛する人に対して失礼なことを言ってしまうのは良くなかったですよね。悩んでいる人にとっては大きな問題ですから、大学病院をたずねてきたのには理由があると思います。

 

加地によるオペが行われることになりますが、ナタリーが未知子に頼みに行き、未知子もまたセブンと直接話をしようと東帝大学病院にやって来ます。

 

未知子は口が悪いですが、手術の腕は本物です。なのでナタリーからも説得して初めから未知子が手術をした方が絶対に良いとは思います。

 

未知子は患者を見てすぐに最適な手術方法が思い浮かぶと思いますから、加地達が手術しているところに乗り込んで上手く手術を成功させるはずです。

 

ドクターX 6話のまとめ

六角橋に連れられて神原名医紹介所にやって来たむつみの手術を行っている最中に、患者の体の負担を考えずに手術を続ける未知子に博美が怒り、未知子は食べたかった五つ星レストランの料理を食べていた博美に怒ります。

 

そんな中、六角橋が肝細胞がんだとわかりますが、博美は未知子を拒絶して未知子もオペはやらないと言い出します。

 

六角橋はとても珍しい血液型の為、他の人からの輸血ができません。博美により執刀医に選ばれたのは海老名でしたが、執刀ミスにより患者の輸血が足りない状況になってしまいます。ところが、未知子が輸血した血を抜いてその血を体内で薄めたことで手術は成功しました。

 

ドクターXはU-NEXTで動画配信中です。ワインを薄めることがヒントになってオペは無事に成功した伏せんも楽しみたいならぜひ動画をご覧くださいね!登録すると600ポイントがもらえるうえに、過去のドクターシリーズは見放題です。

▼▼▼U-NEXTで今すぐドクターXを見る▼▼▼

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

タイトルとURLをコピーしました