ためしてガッテン!目覚めが悪い人必見の西野式睡眠方法【10月23日】

スポンサーリンク

寝つきの悪いさやたっぷり寝たのに目覚めが悪い…、と悩んではいませんか?NHKためしてガッテンで最高の睡眠をとる方法を紹介していました。著名なスタンフォード大学教授の西野精治先生の寝つきの90分がカギ!について簡単にまとめています!

 

スポンサーリンク

良質の睡眠は最初が大切なわけ

nhkためしてガッテン最高の睡眠
アメリカ、スタンフォード大学の医学部精神科教授の西野精治先生は、最高の睡眠をとる方法について著書も書かれていて、著名な先生なわけですが、なんと、先生の就寝の様子を放送してくださったりして、とてもわかりやすかったです。

 

スタンフォード式最高の睡眠では、帯に、

 

究極の疲労回復と最強の覚醒ともたらす超一流の眠り方

 

と書いてあり、思わず読みたくなりますよね。アマゾンでは、200件以上のレビューがあり、実践して眠りの質がよくなったとよろこびの書き込みもあります。

 

 

 

まず、先生が21:40にベッドへ横になると、時々起きては水を飲んだりトイレへ行ったりしている様子で、世間的には、夜中に何度も起きると良い睡眠がとれなと聞きますので、これが本当に最高の睡眠をとる方法なの!?と疑問がわきました。

 

一方で、ためしてガッテンのスタッフさんで、たっぷり寝ても目覚めが悪い男性がいて、素人的には、夜中に何度も起きる西野先生よりスタッフさんの方がぐっすりたっぷり寝ているので、スタッフさんの方が質の良い睡眠をとっているように見えましたが、そうではないことがわかりました。

 

スタッフさんは睡眠時間は長いのですが、寝つきがすっごく悪くてなかなか眠ることができなかったのです。

 

西野先生は夜中に何度も起きましたが、寝つきがよくて、ベッドに横になって3分で寝てしまったのです。

 

つまり、最初が肝心で、最初の90分に深い睡眠をとることができると最高の睡眠がとれるということです。

 

なぜ最初の90分が大切なのか

夜、寝ている間に免疫力が高まるとか、お肌に良いとか聞いたことはありませんか?

 

22時から深夜2時までがゴールデンタイムだと聞いたこともあると思いますが、西野先生が仰るには、最初の90分がカギとのことです。

 

この90分の間に、成長ホルモンが分泌されるからです。

 

成長ホルモンは、子供のみでなく、大人や老人も量は少なくはなるけど、ちゃんと分泌されているとのこと。

 


スポンサーリンク

気持ちよく目覚めるための入浴方法

質の良い最高の睡眠をとるためには、入浴方法もポイントになります。就寝する1時間半前には入浴を済ませていることです。

 

湯船につかると、体温は上昇していき、お風呂から出ると体温は下がっていき、入浴前よりも下がるんです。

 

その体温が下がった時が就寝にベストなタイミングなのです!

 

なお、お湯の温度は40℃くらい、湯船につかるのは15分くらいがおすすめ。もし、就寝直前に入浴する場合は、湯船でなく、シャワーにすることだそうです。その理由は、就寝直前に湯船につかると体温が上昇して就寝することになり寝つきが悪くなるからです。

 

就寝の1時間前までに入浴を済ませることはわかったけど、寝るまでの1時間半はどう過ごせばいいのか?と疑問がわきませんか?1時間半もあるとメールをチェックしたり、スマホをさわりたくなりますが、それはNGです。

 

では、どのように過ごすのがベストなのか紹介していきます。

 

気持ちよく目覚めるための夜の過ごし方

入浴後は、薄暗い部屋で、というと不気味ですが、間接照明がいいです。気持ちが安らぐ音楽を聴いたり、ボーとしたりして過ごします。

 

そうすると、徐々に眠くなってくるので、眠くなった時が就寝するチャンスです!

 

西野精治先生は、ちょっとした書類へのサインも絶対にせず、翌朝にすると奥様が仰っていました。

 

就寝のベストなタイミング

お風呂から出て、薄明かりで過ごしていると徐々に眠くなると書きましたが、薄上がりじゃなくても、眠くなる時ってありますよね?西野先生が仰るには、眠くなった時こそが最高の睡眠がとれるベストなタイミングだそうです。

 

そこで、ゲストのマチャミこと久本雅美さんが、いい質問をしてくださいました。

 

やることがまだたくさんあったり、お風呂にも入らなきゃいけないし、けど眠い時ってありますけど、寝た方がいいんですか?

 

久本さんのような経験ってお持ちですよね?

 

私はなんどもあるので、久本さん、いいこと質問してくれた!と思いながら、西野先生の答えをしっかりと聞きました。

 

眠い時は寝るべきで、翌朝にすればいい。徹夜で仕事をする人もいるけど、いい仕事はできないはず、と仰っていました。

 

つまり、まだお風呂に入っていなくても、やるべきことがあっても、眠気を感じたら寝てしまい、翌朝すればいいということです。

 

さらに、最高の睡眠をとってスッキリ目覚めるための生活習慣についても書いておきます。

 

スッキリ目覚めるための生活習慣

朝起きたら、朝食をとり、しっかりと噛むこと。そして、朝日を浴びること。日中は体を動かし、夜は静かに過ごして、昼と夜のメリハリをつけることです。

 

西野先生の一日のスケジュールを紹介していたので書いておきます。

 

5:00 起床

6:00 朝食

6:30 出勤

9:00 ジムでトレーニング

16:00 帰宅

20:00 薄暗い部屋で音楽を聴いたりボーとする

21:30 就寝

 

まとめ

NHKためしてガッテンで放送された、スタンフォード大学教授の西野精治先生の最高の睡眠方法についてまとめました。

 

最高の睡眠をとる方法は寝つきの90分がカギで、そのためには、

 

・就寝前の1時間半前までに入浴をすませること

・就寝までの1時間半は薄明かりで音楽を聴いたり静かに過ごすこと

・昼は活動的に夜は静かに過ごすこと

・朝食はとりしっかり噛むこと

・朝日を浴びること

・眠くなった時がチャンス

 

目覚めの悪いさに悩んでいた、ためしてガッテンのスタッフさんは西野先生の方法を実践したら、3分以内に寝ることができて、翌朝もスッキリとお目覚めになっていました^^

タイトルとURLをコピーしました