まだ結婚できない男のあらすじ第3話!桑野が週刊誌デビュー!?

スポンサーリンク

まだ結婚できない男第3話では、桑野が隣人の女優、早紀と早紀の元彼と週刊誌に載ってしまいます。元彼から守るために彼氏のフリをした桑野ですが、さらに早紀から芝居の練習相手を頼まれます。もしかして新たな恋が始まるのでしょうか!?まだ結婚できない男のあらすじ第3話を紹介していきます♪

 

スポンサーリンク

まだ結婚できない男のあらすじ第3話

まだ結婚できな男あらすじ第3話

 

 

【第3話の放送日時】20191022日(火)21:0021:54

 

まだ結婚できない男第2話のあらすじはこちらをクリックしてください

 

吉山弁護士事務所で吉山まどか(吉田羊)と話す桑野信介(阿部寛)は、やっくんのブログを書いている人物が海外の事業所を通して日本のブロバイダにアクセスしていることを知り、引き続きまどかに仕事を頼みます。

 

当のやっくんのブログは6位になり順位は下がっていたのでした…。

 

桑野のマンションの隣の部屋に住む戸波早紀(深川麻衣)が、毎晩セリフの練習をしているのを知った桑野は、まどかを驚かせようと、お隣さんが青酸カリを使って殺害計画を立てているのを聞いたと冗談のつもりでウソをつきますが、まどかは信じて知り合いの刑事に話してしまいます><

 

結局ウソだとバレて桑野は怒られてしまいました。その帰り道、まどかに送ってもらう途中、早紀を見かけます。

 

飼っている犬がいなくなったとのことで、3人で手分けして探します。犬を見つけた桑野はタツオと呼びますが反応がありません。

 

ところが、ケンと呼んだら振り返ったのを見て、桑野は「生まれ変わりか?」と呟いたのでした。

 

職場では桑野がお隣さんの殺害計画のウソをついて、まどかに迷惑をかけたことが話題になっていました。

 

さらにお隣さんが女優の卵だということもバレて職場のみんなはスマホで早紀のことをリサーチします。そこに住宅プロデュース会社の森山桜子(咲妃みゆ)がやって来て、村上英治(塚本高史)に依頼主から依頼した内容と違うとクレームがあったことを話します。

 

桑野に助けを求めますが「甘えるな。」と突き放され、まどかに相談することを決めたのでした。

 

夜、タツオと散歩中の早紀ですが、何やらタツオが嫌がっている様子。首輪がきつくて嫌がっているのを桑野は見抜きました。

 

一緒に帰る2人ですが、桑野は駆け出しの女優なのに何で高級マンションに住めるのか訪ねると、父親が借りていたマンションなのでした。

 

歩いて行く先に早紀の元彼の人気俳優、野村信吾(平田雄也)が現れ、早紀によりを戻そうと迫りますが、とっさに桑野が彼氏のフリをして逃れたのでした。

 

ところが、翌日、週刊誌に桑野と早紀と野村が口論していたところが載っていたのです!

 

職場の英治や横田詩織(奈緒)、家族、現場の人達みんなに知れ渡っていました。

 

その日、桑野がマンションに帰ると、部屋の前に早紀が座り込んでいて、下手なマネージャーの代わりにお芝居の稽古相手を頼まれます。

 

1度は断りましたが、部屋で朗読の練習をした桑野は、早紀の練習に付き合うことになります。もう週刊誌に撮られないように、自分だけ後ろ歩きをしてすれ違う他人を装いながら早紀とBROUN CLOVERに向かいます。

 

そこで練習しようとした2人ですが、英治達がやって来ます。クレームの件でまどかに相談するためでした。

 

早紀がみんなに聞いてもらいたいだろと思った桑野は、セリフを読見始めるのですが、脚本の古さが気になり、セリフを訂正していきます。そのうち「どういうメソッドで演技しているのか?」と聞かれた早紀は泣いてしまいます。

 

「辞めた方が良いのかな」とこぼす早紀に桑野は「辞めろ。」と突き放します。

 

そんなに簡単に口に出せるくらいなら、それくらいの気持ちなのだ。という桑野の仕事に対する熱い思いを聞き、英治はクレームを受けた依頼主と改めて話す決意をし、早紀もやる気が湧いてくるのでした。

 

桑野を追いかけたまどかは話を聞いて見直したことを伝えますが、義弟の中川良雄(尾美としのり)から知識と財力で年上の男は勝てると聞いた桑野は、知識をひけらかしてみただけなのでした。

 

さらに憎まれ口を叩かれて怒ったまどかは、ゲーセンのモグラ叩きでストレスを発散します。家のベランダで黄昏れる桑野はふと視線を感じ目を向けると、その先にはタツオがいました。

 

まだ結婚できない男第3話の感想と見どころ

 

3話は桑野が隣人の麻衣と関わりが多い回でした。

 

早紀の元彼が現れて彼氏のフリをしたり、口論している様子が週刊誌に載ってしまう展開が見どころでした^^

 

週刊誌を職場の人や現場の人や家族など色んな人に見られてしまうのも面白かったです。早紀とマネージャーのセリフ読みのシーンは早紀だけでなく、マネージャーも下手だったので笑ってしまいました。

 

その後、桑野とも練習しますが、桑野も棒読みだったので面白かったです。本当はもっと上手だと思うのですが、阿部寛さんの下手な芝居の演技はとても上手でしたね。

 

さらに、女優を辞めようか迷っている早紀に対して、仕事に対する真剣な桑野の気持ちを聞くことができて、さすが仕事に関しては真剣なのだとカッコイイなと思いましたが、その後、義弟から聞いた話を元にアウトプットしただけだったとはちょっと残念な気持ちに…。

 

せっかくまどかが少し見直したと言っていたし、すごく良いシーンだったのですが、あんなに正直に憎まれ口を叩かなくても良いのになと思います。でも正直に話してしまうのが桑野の良さでもあるのですよね。悪いところでもありますが。

 

でも、早紀はやる気が出たし、英治もクライアントと話す勇気が出たので、結果的には良かったのではないでしょうか。結果的に上手いことまとめた桑野さんはなんだかんだスゴイなと思いました。

 

あと、早紀が飼っているパグにタツオと呼びかけても返事をしなかったのに、ケンと呼んだら返事をしたのも運命的な感じがしました。

 

ベランダから桑野の方に顔を覗かせているパグが可愛かったです♪

 


スポンサーリンク

まだ結婚できない男の第4話の予想や見どころ

4話では桑野の母親の育代(草笛光子)の家が水漏れして、桑野の妹の中川圭子(三浦理恵子)の家に避難していたのですが、ケンカをしてしまい桑野の家にやって来ます。

 

ところが母を追い返したい桑野は、まどかに相談して、仮住まいを探せないか依頼します。

 

母親のことをやっかみながらもさりげなく優しいところがある桑野は、結局家に住まわせてあげるのではないかなと思います。そして母親から結婚のことを色々うるさく言われてしまいますが、うんざりしながらも一応話だけは聞いていると思います。でも母親が来たら、家がバタバタしそうで大変だなと思いました。

 

それから育代の誕生日が近い為、圭子から誕生日会を頼まれる桑野ですが、一体どんな誕生日会になるのかワクワクします。

 

まさか丁寧に家を飾り付けしたり、ケーキを用意したり、クラッカーを鳴らしたりするのかどうかまだ分かりませんが、もしそうなったら面白くなりそうです。まどかや田中有希江(稲森いずみ)を呼んだりするのかどうかも気になります。

 

意外とみんなでわいわいする誕生日会になったらそれも楽しそうですよね。

 

まだ結婚できない男第4話のあらすじと感想は以下をクリックしてください

 

 

まだ結婚できない男第3話のまとめ

桑野のマンションの隣人の早紀がセリフ読みをしているのを聞いた桑野は、殺害計画をしているとまどかにウソの相談をしたり、桑野とまどかは早紀のペットを一緒に探したり、桑野は早紀のセリフの練習に付き合ったりします。

 

そして、早紀と元彼の野村と桑野が口論しているところを週刊誌にスクープされてしまい、職場の人達や家族に知られてしまいますw

 

早紀が女優を辞めようかなとこぼした時に桑野はアウトプットながらも真剣に向き合い、早紀だけじゃなく、クレームがあった英治も励まされたのでした。

タイトルとURLをコピーしました