グッドワイフ アメリカ版の感想と日本版と違うところ!

2019年1月13日からTBSの日曜劇場で、ドラマ『グッドワイフ』が始まりました。

 

日本版にリメイクされ、常盤貴子さん主演で、その美しさが人気になっています。

 

アメリカ版では、ジュリアナ・マルグリーズさん主演でシーズン7まで放送されました。

 

日本版とアメリカ版の見どころや違いなどをご紹介していきますね。原作がアメリカで、なんと韓国でもリメイクされている作品です。

 

スポンサーリンク

ドラマ『グッドワイフ』

 

放送時間:21:00~22:00
テレビ局:TBS
脚本:篠崎絵里子
演出:塚原あゆ子、山本剛義、松木 彩

 

グッドワイフの主題歌

BUMP OF CHICKENの「Aurora」

 

番組プロデューサーの東仲恵吾さんとドラマの監督の塚原あゆこさんがボーカルでギターの藤原基央さんにお願いして作られた新曲です。

 

こちらから曲を聴くことができます↓

 

 

グッドワイフ 日本版のキャスト

蓮見杏子:常盤貴子

多田征大:小泉孝太郎

円香みちる:水原希子

朝飛光太郎:北村匠海

佐々木達也:滝藤賢一

神山佳恵:賀来千香子

脇坂博道:吉田鋼太郎

蓮見壮一郎:唐沢寿明

 

 

 

『グッドワイフ』アメリカ版を見たきっかけ

 

私がアメリカ版を見ようと思ったきっかけは、主演の旦那様役が気になっていたからでした。主人公の女性は『er』で長年見てきた人だし、どんなドラマかなとシーズン1を見てみると、なかなかリーガルドラマだけではない、女性の頑張っている姿に共感してしまいました。

 

だって、10年以上も旦那様をフォローするために専業主婦をしていたのに、旦那様のセッ●●スキャンダルと逮捕ってすごいですよね。

 

それで働かなくてはいけなくなり、かつての同窓生ウィルを頼って法律事務所で弁護士として復帰を果たすのですが、本採用ではなく、仮採用で、ケイリーと一つの椅子を争うことになります。

 

ってここまでは、ほぼ日本版も一緒なのですが、第1話にしてアメリカ版と違うところがあってビックリしました。

 


スポンサーリンク

『グッドワイフ』日本版が第1話からアメリカドラマと違う

 

日本版でウィル役に当たる多田先生(小泉考太郎)は、既にロースクールの頃から杏子(常盤貴子)のことを想っていたようで、本人以外にはバレバレなのに、杏子本人が気づいてない様子にびっくりです。

 

そんなやりとりが、どう展開していくのか気になって日本版を見ることにしました。

 

『グッドワイフ』第1話のあらすじ

旦那様の贈収賄疑惑での逮捕拘留、しかも不倫報道まで出てしまい、16年ぶりに弁護士復帰をする蓮見杏子。

 

頼ったのは司法修習時代に仲の良かった多田くんのいる事務所。でも、実は仮採用で、ライバルは20代の朝飛先生。

 

初めての裁判は、女児が誘拐されたと言っていたママさんが、実は、自分で殺害してスーパーに一緒にきたと嘘をついたと報道され、自殺までしてしまった。その旦那さまが、相手方を名誉棄損で訴えているというものでした。

 

その、裁判の勝敗は、報道したジャーナリストのネタ元がなになのか?真実はどこにあるのか?というところにかかっていたのですが・・・。

 

『グッドワイフ』第1話の感想と見どころ

 

旦那様の逮捕そして、女性スキャンダルによって、10年以上専業主婦をしていた蓮見杏子は、働かないといけなくなり、昔の同窓生多田の法律事務所にとりあえず雇ってもらい、二人で初仕事に向かう。

 

この状況がもうすでに、胸キュンでしたね~(#^。^#)ポッ

 

多田くんの恋心が垣間見えました。

 

そして、今回の裁判相手が武田鉄也演じるジャーナリスト。

 

しかも、

 

行方不明になって誘拐されたといっていた奥さんのことを殺して、スーパーに連れてきたなんてデマをネットニュースで報道してしまい、さもそれが真実だと言い続けるあたりこれは見どころです。

 

しかも、裁判に負けてしまう杏子たち。しかし、ラストに待っていたのはとても素敵なエンディングでした。ぜひドラマを見てください。

 

『グッドワイフ』今後の展望

 

私は、アメリカ版はシーズン5まで見てウィルが死んでしまい、あまりのショックに次のシーズンは見ていません。日本版でいう多田先生(小泉孝太郎)です。

 

しかも、原作では、アリシアとウィルが恋仲になってからの死亡だったので余計にショックでした。そのあたりは、日本版ではどのように描かれていくのか気になってしまいます。

 

正直なところ、アメリカ版の方が、ピーター(唐沢演じる夫の蓮見壮一郎)は、アリシア(常盤演じる妻の蓮見杏子)を愛しているようでした。もちろん、日本版なりには愛しているのでしょうが、この辺はどうやらオリジナル要素で描かれていくようです。やはり唐沢さんが演じるからでしょうか。

 

そしてアメリカは、夫婦で会見なども出席して円満ぶりをアピールしたりしますが、日本はそうではない。アメリカ版とは大きく違いますねぇ。これは国のちがいなのかな?このへんも今後の展開に大きく影響してくると思うのですが、どうなっていくのでしょう?

 

日本も議員選挙などに出馬すると、家族円満アピールのため、家族で選挙活動してたりしますが、アメリカはもっとすごいですよね。大統領選にまで出馬しようとするピーターなので。日本版ではどこまで描かれていくのか楽しみです。

 

まとめ

アメリカ版が原作で、日本や韓国でもリメイクされた『グッドワイフ』。日本語に訳すと『良妻賢母』でしょうかね?

 

でも、ドラマの内容は、ある日突然ご主人が贈収賄疑惑で逮捕され、生活に困って働きに出ることになる専業主婦のお話です。

 

女性のキャリアアップが叫ばれている現代に、こういうドラマはどう展開していくのか楽しみです。家事と育児を完璧にこなしてしかも仕事が弁護士ってすごいですよね。

 

アメリカ版では、セレブがたくさんカメオ出演していたことでも有名でした。日本版ではどんな人が出てくるのかとても気になりますね。今後が楽しみです。

 

グッドワイフのアメリカ版をシリーズ1から見る方法

 

日本版を見ると、オリジナルも見たくなりませんか?

 

オリジナルのアメリカ版はU-NEXTでシーズン1から4まで見ることができます。U-NEXTには無料と有料動画があるんですが、グッドワイフは見放題です。

 

2019年1月27日時点なので、U-NEXTのサイトで確認してくださいね。

 

アメリカ版と日本版の違いなどを見比べるてみるのも面白いですよ。

 

以下をクリックするとU-NEXTの公式サイトを見ることができます。

 

▼ドラマ観るなら<U-NEXT>▼