新幹線に長時間乗る時の過ごし方!移動中も時間を有効活用する方法!

新幹線に長時間乗る時ってどのような過ごし方をしていますか?移動中も貴重な時間ですので有意義に使いたいものですよね。新幹線での快適な過ごし方。寝る方法についてご紹介しますので是非参考にして下さい!
スポンサーリンク

新幹線に長時間乗る時の快適な過ごし方

新幹線過ごし方-1

 

新幹線の移動時間は、ゆっくりと自分の時間を過ごせる場所ですよね。人によって過ごし方は色々とあると思いますが、快適な時間の過ごし方をご紹介します。

 

体を休めて疲れを回復

普段疲れている体をほんのちょっとだけ休めることも良いことですよ。座っている状態でも仮眠をとることも出来ます。寝過ごすことのないようアラームを忘れないで下さいね。

 

もし、持ち運べる大きさのスーツケースなどがあればそれを横にして上に足を乗せておくのもいいですよ。ただし、自分の座席からはみ出さないよう注意して下さいね。

 

本・雑誌や新聞を読む

読書タイム

 

移動時間だからこそ、ゆっくりと雑誌や新聞を読めますよね。本なら、種類にもよりますが1、2冊読むこともできます。日頃、本を読むまとまった時間をとるのが難しい場合は、貴重な読書タイムになります。

 

お弁当を食べる

駅弁

 

忙しいと座ってゆっくり食事をとることが出来ない事もあるのではないでしょうか?新幹線の移動時間にゆっくり座って食事をするのもいいですよ。地方の美味しいお弁当を食べるのも楽しみに加えてみて下さい。

 

新幹線で寝る方法

 

新幹線で長時間移動していると眠くなってしまって、気付くと眠ってしまっている!なんて事もありますよね。

 

まとまった仮眠をとることができるので、睡眠不足だったり疲れている時は新幹線の移動中に体を休めましょう

 

とは言っても、すぐに眠れるといいのですが、なかなか眠れないこともあります。

 

眠れないのにはいくつか理由があります。

 

人によっては他にも理由があると思いますが、移動中に眠れない主な理由は以下の4つ。

 

・周囲が明るい
・雑音が気になる
・周囲は知らない人たちばかり
・寒いもしくは暑い

 

寝る方法として、

 

・アイマスクを用意しておく
・イヤホンを用意しておく

 

新幹線の中で眠ろうとしても、どうしても周りの明かりが気になります。アイマスクがあれば明かりを気にせず休むことが出来ますよ。

 

アイマスク

 

明かりと同じく周囲の音が気になり、なかなか休めないこともあるでしょう。イヤホンをして周囲の音を遮断しましょう。音をなくすことでゆっくり休めます。

 

この二つを用意しておくことで眠れるようになります。この他にも用意しておくと良い物もありますが、この二つが持ち運ぶのに比較的用意しやすい物です。

 

寝過ごさないことと貴重品に注意して下さいね。

 


スポンサーリンク

隣の乗客とヒジが当たらない方法

 

座席に座ると肘掛けに肘を乗せたいですよね。隣も乗客の方がいると、どうしても肘が隣の人と当たってしまうこともあります。

 

読み終わった新聞や雑誌を肘掛けの間に挟んでおくのも一つです。隣の乗客と肘が当たらないので、ゆっくりと休むことが出来ます。

 

新幹線の窓際と通路側どっちの席がいい!?

新幹線過ごし方2

 

窓際の席に座ることが出来るのであれば窓際に座るほうが快適です。窓際に座るとコンセントがあるので電源がとれます。携帯電話やパソコンなど充電もできますよ。

 

新幹線の移動中はくつろぎタイム

 

以前、ホリエモンさんが、新幹線のグリーン車に乗っている時、前の席のお客が「席倒していいですか?」と聞いてきて「勝手に倒せや」とツイートしたことが話題になりましたよね。

 

テレビでも取り上げれたし、賛否両論ありましたが、それくらい新幹線の移動中はくつろぎタイムというわけです。

 

ホリエモンさんのような忙しい人にとってはとくに貴重な時間だということがわかった出来事でもありました。

 

 

まとめ

忙しいからこそ新幹線の移動時間は無駄せず、有効活用しましょう。

 

自分の仕事をする事や、ちょっとした自分の趣味の時間に使うことも出来ますし、体を休める時間など様々な過ごし方があります。

 

新幹線の移動時間、限られたスペースと時間ですが以下のように有意義に楽しく過ごせますよ。

 

  • 疲れをとる
  • 本を読む
  • 食事をする
  • 仮眠をとる

 

あらかじめ行き先はわかっている状態で新幹線に乗ることでしょう。移動時間を見てその時の自分に一番合った時間を過ごしてみて下さい。

 

もし、移動時間を利用して仮眠をとる時には注意も必要です。貴重品には十分に注意して下さいね。