孤独のグルメseason8 11話 あらすじとジンギスカンどぅーの店情報!

スポンサーリンク

11話のタイトルは「神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン」。いまどきのタワーマンションが立ち並ぶ武蔵小杉で、昔ながらの店を探していた井之頭五郎(松重豊)が出会った店は、ジンギスカン専門店「ジンギスカンどぅー」でした。

スポンサーリンク

 孤独のグルメSeason8 11話のあらすじと店情報

ドラマ24『孤独のグルメ Season8』第11話 主演:松重豊|テレビ東京

 

【第11話の放送日時】12月13日(金)
毎週金曜日 深夜0時12分〜0時52分
※テレビ大阪のみ 翌週月曜日 深夜0時12分〜0時52分

 

孤独のグルメSeason8第11話は「神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン」。今回のゲストは女優の水野真紀さんと、総合格闘家でタレントの高田延彦さんです。

 

高級タワーマンションやおしゃれなショッピングモールが立ち並び、近年ではすっかり人気の街になった武蔵小杉。井之頭五郎(松重豊さん)も、久しぶりに訪れた武蔵小杉の景色に驚きを隠せない様子です。

 

五郎は、そんな高級タワーマンションの高層階に、一週間前に越してきたという主婦・村井美咲(水野真紀さん)から、リビングのインテリアを依頼されました。

 

しかし、美咲は優柔不断な上に、少し意見をするとすぐにへそを曲げるという厄介なタイプで、なかなか話が前に進みません。

 

結局、後日、ご主人同席で話し合おうということになったのですが、美咲の熟考に付き合っていたおかげで、すっかり夕飯時になってしまいました。流行りのショッピングモールではなく、昔ながらの店を求め歩き回っていた五郎が見つけたのは、呑兵衛さんが集まりそうな一角でした。

 

ジンギスカンののぼりと、店内から漏れてくる美味しそうな匂いに辛抱たまらず、五郎は「ジンギスカンどぅー」に入店します。

 

食べ方の説明が書かれたメニューや、壁に貼られたポスターを頼りに五郎が選んだのは「チャックロール(ラムの肩ロース)のネギ塩焼き」と、ラムの骨付き「ハム」、チャックロール、もも肉、ショルダーと三種類の肉が楽しめる「ジンギスカンセット」です。

 

武蔵小杉で生まれ育った店主(高田延彦)が、北海道の羊肉に惚れ込んで始めたという、このお店。たれ、野菜、肉の一体感を味わえる一人ジンギスカンは、一人飯の極致だと結論付けるほどに、五郎もこの店の味にすっかり満足したようです。

 

孤独のグルメSeason8 11話メニューとジンギスカンどぅーの店情報

孤独のグルメseason8 11話 ジンギスカン どぅーで五郎が食べたメニュー

  • ジンギスカンセット
「チャックロール(ラムの肩ロース)のネギ塩焼き」、ラムの骨付き「ハム」、チャックロール、もも肉、ショルダーと三種類の肉が楽しめるセット♪

 

【店名】ジンギスカン どぅー

【住所】神奈川県川崎市中原区小杉町33-430 伊藤ビル1F

【TEL】044-733-2730

【営業時間】
[月~金] 17:30~23:00
[土・日・祝] 17:00~22:30

【定休日】不定期

【アクセス】
武蔵小杉駅から徒歩約2分

 

 

ジンギスカン どぅー ツイッターの口コミ

 

 

 

 

孤独のグルメSeason8 11話の感想と見どころ

ここ数年は、住みたい街ランキングの常連となっている武蔵小杉。高級タワーマンションが立ち並び、ショッピングにも便利なおしゃれな街という印象が強いのですが、五郎が見つけた一角には、いまだ昭和の香りが漂っておりました。

 

「ジンギスカンどぅー」は、武蔵小杉駅前のセンターロードにあります。武蔵小杉出身のご主人が、北海道のジンギスカンに惚れ込み、十数年前に開店したというこのお店。「東京ウォーカー」の東京・神奈川ジンギスカンランキングで堂々の3位に輝いたという、味にも定評のある人気店です。

 

レアで食べられるほどに新鮮な羊肉を、まずは、メニューに書かれている食べ方の通り、網焼きで味わう五郎。

 

サッと炙った肉に、別添えの刻みネギを載せ、塩をふりかけて食べるのですが、見ているだけでも相当に美味しそうなこのシーン。
五郎も「これはもうニヤけちゃう」と言っておりましたが、焼きながら舌なめずりするその姿からも、いかに美味しいかが伺い知れます。

 

定番のジンギスカンの他に、五郎は、羊肉のハムも味わっています。骨のついたハムはそのまま食べても良いのですが、油がぶくぶくするまで網で焼いて食べるのがお薦めだそうです。
熱々の骨付きハムに豪快にかぶりつき、一人で食すには少々忙しない感があるジンギスカンを、最後の一切れまで堪能する五郎が、とても羨ましくなる第11話でした。

 


スポンサーリンク

孤独のグルメSeason8の12話の予想や見どころ

日本のみならず、海外にもファンの多いこのドラマ。そのファン達が、待ち望んでいた最新シリーズが、このSeason8でした。
早いもので、次の第12話で、もう最終話となってしまいました。

 

その第12話のタイトルは「東京都台東区三ノ輪のカツ丼と冷やし麻婆麺」。
ゲストは俳優の浅利陽介さんと、同じく俳優の春海四方さんです。
しかも、今回、井之頭五郎(松重豊さん)にちょっとしたピンチが訪れるそうなのです。

 

三ノ輪のクリスタルアート店を訪れた五郎。イベントの協力をお願いすると、経営者の広瀬省吾(浅利陽介さん)は快諾してくれるのですが、その代わり、五郎は大きな代償を払うことになってしまいました。
五郎が払うことになった大きな代償とは、いったい何なのでしょう?

 

五郎が入ったお店は「カラッと最高の油でどうぞ!ロースとんかつ定食」といううたい文句の、下町の風情溢れる定食屋。
カツ丼に願掛けする五郎は、餃子と冷やし麻婆麺から、パワーをもらえるのでしょうか?

 

孤独のグルメSeason8 11話のまとめ

第11話のタイトルは「神奈川県川崎市武蔵小杉の一人ジンギスカン」です。おしゃれに変わった街にだって、昔ながらの通りと店が必ず残っているはず…。そう言う五郎さんが探し当てたのは、まさにそんなお店でした。

 

北海道愛に溢れた店主が、地元武蔵小杉に開店した「ジンギスカンどぅー」。ジンギスカン専門店というだけあって、ラム肉は、レアで食べられるほどの新鮮さです。そのラム肉を、ジンギスカンだけでなく、網焼きでも味わえる上、様々なラム肉メニューが揃っています。

 

じゅうじゅうと肉を焼く音までもが美味しそうで、食欲を刺激されまくりの第11話でした。

タイトルとURLをコピーしました