孤独のグルメSeason8 8話 鳥取 まつやホルモン店営業時間

スポンサーリンク

第8話は「鳥取県鳥取市のオーカクとホルモンそば」。ゲストは女優の渡辺えり、伊藤修子、俳優の遠山俊也、お笑い芸人の田中章です。今回の出張編の舞台、鳥取は原作の作画担当者・谷口ジローさんの故郷で、原作へのオマージュ回にもなっています。孤独のグルメseason8 8話 鳥取のまつやホルモン店の営業時間や五郎が食べたメニューあらすじ感想を紹介しています!

 

スポンサーリンク

孤独のグルメ 8話 まつやホルモン店 営業時間 アクセス

孤独のグルメseason8 8話 店

 

孤独のグルメseason8 8話で五郎が食べたメニュー

  • オーカク(塩)
  • ホルモンそば
  • ごはん(中)

 

【店名】まつやホルモン店

【住所】鳥取県鳥取市吉方温泉4-432

【TEL】0857-23-3050

【営業時間】
11:30~13:30(L.O.13:15)
17:00~22:00(L.O.21:30)

【定休日】
日曜・祝日・火曜日の昼 祝日は営業の場合有り
(詳しくは店舗へ確認してください)

【アクセス】
JR鳥取駅から徒歩17分

孤独のグルメSeason8のあらすじ 8話

【第8話の放送日時】11月22日(金)
毎週金曜日 深夜0時12分〜0時52分
※テレビ大阪のみ 翌週月曜日 深夜0時12分〜0時52分

 

 

第8話のタイトルは「鳥取県鳥取市のオーカクとホルモンそば」です。

 

ゲストは、演出家、劇作家、作詞家としても活躍されている女優の渡辺えりさん。独特な声と空気感で人気上昇中の女優、伊藤修子さん。名バイプレイヤーとして多くの作品に出演されている遠山俊也さん、お笑いコンビ・プリンプリンの田中章さんです。

 

今回は、原作で作画を担当していた故・谷口ジローさん(2017年2月11日、没)の生まれ故郷、鳥取県鳥取市が舞台となっています。原作を忠実に再現したシーンも盛り込まれているという、原作へのオマージュ回でもあります。

 

第8話は、原作にも登場するアテンダー・吉川賢一(遠藤俊也さん)に誘われ、井之頭五郎(松重豊さん)が鳥取砂丘を歩くシーンから始まります。砂丘と日本海、情緒的な風景に刺激されたのか、五郎は小腹が空いてしまいます。

 

吉川お勧めの関西風だし汁で食べるラーメン「スラーメン」で軽く腹ごしらえした後、五郎は輸入雑貨のコンベンションパーティーに出席します。下戸の五郎は、勧められた地ワインを断りきれず、乾杯だけお付き合いすることに…。

 

千鳥足でベットに倒れ込んだ五郎は、子供の頃の夢を見ます。この夢は原作を忠実に再現したシーンが描かれており、ファンにとっては永久保存版にしたい場面です。

 

寝坊してしまい、予定をキャンセルした五郎が腹ごしらえのために入った店は、鉄板焼き屋「まつやホルモン」です。

 

お店のお母さん(渡辺えりさん)と娘(伊藤修子さん)が甲斐甲斐しく働く店内には、常連客(田中章さん)の姿もあります。

 

今回は、孤独のグルメシリーズの中でも毎回人気の高い出張編です。鳥取のソウルフードを満喫する五郎の姿が楽しめる第8話です。

 


スポンサーリンク

孤独のグルメSeason8 8話 感想と見どころ

孤独のグルメSeason8第8話、タイトルは「鳥取県鳥取市のオーカクとホルモンそば」です。

 

タイトル通り鳥取出張編となっている今回は、原作で作画を担当した故・谷口ジローさん(2017年2月11日、没)の生まれ故郷、鳥取県鳥取市が舞台となっています。

 

第8話は、アテンダー・吉川賢一(遠山俊也さん)と共に、井之頭五郎(松重豊さん)が鳥取砂丘を歩くシーンから始まります。

 

このアテンダー・吉川は原作にも登場する人物なのですが、原作を再現した場面は、実はまだあります。

 

下戸の五郎が、パーティーの席で飲まされた地ワインに酔って夢を見るのですが、その夢が、まさに原作をそのまま再現したシーンとなっているのです。

 

五郎が「スラーメン」を味わった食堂は、地元の人達から半世紀以上の長きにわたり愛されてきましたが、先月25日に惜しまれつつも閉店してしまったそうです。しかし、その食堂の在りし日の輝きは、このドラマの中に永遠に刻まれました。

 

また、五郎が「オーカク」や「ホルモンそば」など、鳥取のソウルフードの味に感動した鉄板焼き屋「ホルモンまつや」。この場面にはゲストの渡辺えりさん、伊藤修子さん、田中章さんだけではなく、お店のご主人もご本人役でご演なさっています。

 

孤独のグルメファンの聖地となっている鳥取でのロケと、原作の再現シーン、そして、今はもうない食堂の姿までもが映像の中に留められている今作品。

 

原作へのオマージュが散りばめられたこの第8話は、きっとファンにとって永久保存版となることでしょう。

 

孤独のグルメSeason8 9話の予想や見どころ

第9話のタイトルは「東京都千代田区御茶ノ水の南インドのカレー定食とガーリックチーズドーサ」です。

 

今回のゲストはお二方です。大人計画の俳優、近藤公園さんが商談相手の下倉を。五郎が訪れる店の店主を女優の石橋けいさんが演じます。

 

井之頭五郎(松重豊さん)は、得意先から「壊れたバイオリンを修理してインテリアにしたい」と依頼され、お茶の水にあるバイオリン店の下倉(近藤公園さん)の元へ向かいます。

 

工房での打ち合わせ中に、弦に使う馬の尾がとある食べ物に見えてきた五郎は、すっかりお腹が空いてしまいました。

 

店を求め、土地勘のない路地を歩き回るのですが、どの店もあいにく準備中…。

 

しかし、路地を抜けると、そこには「南インド料理」の看板が。そして、メニューには「定食・軽食」と書かれています。その響きに惹かれ、五郎は店に入ります。

 

第9話では、ミールスやガーリックドーサといった、五郎が初めて出会う味「南インド料理」を堪能します。

 

 

孤独のグルメSeason8 8話のまとめ

第8話のタイトルは「鳥取県鳥取市のオーカクとホルモンそば」でした。

 

今作では、原作を再現したシーンも描かれています。原作の作画を担当した故・谷口ジローさんの生まれ故郷である鳥取県鳥取市が物語の舞台となっており、この鳥取出張編はまさに原作へのオマージュ回でもあります。

 

五郎が鳥取で味わうのは、関西風だし汁のラーメン「スラーメン」、そして鳥取のソウルフード「オーカク」と「ホルモンそば」でした。街並みも、料理も、お話も、どこか郷愁の漂う第8話でした。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました