紅白2019の感想と見どころ!話題になったシーンや歌手はだれ!?

スポンサーリンク

紅白2019年は70周年ということもあって、豪華な出演者と演出が盛りだくさんでした。例年では、朝ドラのコーナーなどありますが、2019年は日頃テレビに出演しないミュージシャンや外国のロックスターがステージに立つなど見どころ満載でした。紅白2019年の感想と見どころをまとめました!

 

紅白2019年を見逃してしまった。録画を忘れた。もう一度見たい!と思われた方は、オンデマンドで配信中ですが、U-NEXTからもオンデマンドを見ることができます。1月15日までの期間限定の配信なので気になったら今すぐU-NEXTをチェックしてください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼

 

スポンサーリンク

紅白2019の感想と見どころ

紅白 2019 感想

 

 

紅白2019年はラグビーワールドカップで活躍された日本代表選手がゲストに招かれていて観客席で観覧されながらも、時々マイクを向けられたりしていました。

 

女子ゴルフの渋野日向子選手がゲスト審査員だったり、2020年開催のオリンピックを意識したシーンもあり、例年よりもスポーツ色が多かったです。

 

チコちゃんは『チコちゃんに叱られる』の番組で、「紅白に呼ばれていない」と言っていましたが、絶対に登場すると思っていた通り、岡村さんと度々登場して楽しませてくれました。

 

 

出場歌手では、年代によって楽しみにしている歌手が違うと思いますが、2019年での見どころは、

 

KISS、ビートたけし、竹内まりや、松任谷由実、松田聖子、欅坂46のステージを楽しみにしていた方が多かったのではないでしょうか。

 

紅白2019感想|KISSとYOSHIKIのコラボ

外タレが、しかも、中継でなくて紅白のステージに出演するってかなり珍しいです。今までもシンディー・ローパーが来日して出演したことはありますが、まさかKISSが来日してステージに立つなんて想像を超えています。

 

KISSは1973年に結成されて、1975年には大ブレイクして、メンバーチェンジはしていますがずっとロックスターとして君臨しているロックバンドです。コアなファン層は55歳以上くらいだと思います。KISSが出演したのも、YOSHIKIさんのおかげかと思うと、YOSHIKIさんの偉大さを痛感しました。YOSHIKIさんが嬉しそうに穏やかな顔でピアノをひかれていて、とても嬉しかったんだろうな、と思いました。憧れだったスターと紅白で共演できてすごいなとも思いました。

 

KISSは来年のツアーを最後に活動を休止すると宣言していますので、日本では紅白2019年のステージが見納めになる可能性大です。まさに見どころです。

 

 

紅白2019紅白|松田聖子

2018年の紅白では、低い音程で歌い、がっかりしたという声が多かったので、今年はスイートボイスの聖子ちゃんボイスを聞けるのか、低音なのか気になっていた方も多かったと思います。

 

また、聖子さんはまさにアイドル!って曲と、しっとり聞かせる大人の曲も素敵なので、どちらなのか楽しみにしていましたが、2019年はアイドル聖子ちゃんでした。

 

松田聖子さんの楽曲は「Seiko Best Single Medley」となっていて、以下の曲が含まれていました。

 

  • 時間の国のアリス
  • Rock’n Rouge
  • チェリーブラッサム
  • 夏の扉

 

音程は、昨年より高かったですが、アイドル黄金期と比べると若干低かったです。ですが、2018年ほど低音ではなかったこともあって、可愛さ健在でSNSでもとても評判がよかったようです。

 

また、聖子さんは髪型や衣装も注目されますよね。紅白2019年では、前髪ありで全体に大きめのカール、衣装は白と薄いピンクのレースのフリフリロングドレスで衣装もアイドルでした。

 

歌の途中で、ステージの後ろにハートの中にSEIKOと書かれたマークが降りてきて、松田聖子さんのコンサートのような演出でした。NHKさんがこのようなVIPな演出をするのも、聖子さんは視聴率が取れるからでしょうね。

 

 

紅白2019感想|松任谷由実

松任谷由実さんは2018年に続き2年連続の紅白出演でした。2019年はラグビーW杯で盛り上がりましたよね。松任谷由実さんはラグビーをテーマにしたノーサイドという曲を35年前に作っていて、紅白2019年で披露しました。なんと、ノーサイドをTVで歌うのは初めてでした。

 

ほとんどの日本国民は、ラグビーという競技があることは知っていたものの、2019年のラグビーワールドカップで初めてゲームを見て、競技に興味を持った人がほとんどだと思いますが、松任谷由実さんは35年も前にラグビーをテーマにした曲を作っていたことにもびっくりしました。

 

松任谷由実さんは、あまりテレビに出たがらないミュージシャンとしても有名ですが、ワールドカップ日本代表選手の活躍のおかげて、ノーサイドを聴くことができました。

 

紅白2019感想|竹内まりや

竹内まりやさんもシンガーソングライターとして君臨して長いですが、なんと、紅白初出場でしたので、とても楽しみにしちいた方も多かったと思います。楽曲は、2008~2009年放送の連続テレビ小説「だんだん」の劇中で挿入されていた「いのちの歌」でした。

 

竹内まりやさんは人生相談もされる方なのですが、歌詞を聞いていても、メッセージが込められているのがわかります。

 

また、ステージの演出では、竹内まりやさんの後ろに写真が2枚登場しました。1枚は、夫の山下達郎さん、大瀧詠一との3ショット写真。大瀧詠一さんは竹内まりやさんがバンド「シュガー・ベイブ」を結成した時、将来夫になる山下達郎さんと大瀧詠一さんがプロデュースした縁や個人的に深いご縁を感じていました。

 

2枚目はアイドルだった岡田有希子さんとのツーショット写真でした。岡田有希子さんはポスト松田聖子といわれていたほど将来有望なアイドルでしたが、デビューして間もなく自ら命をたちました。竹内まりやさんは岡田有希子さんに楽曲を提供していたのですが、紅白のステージでツーショットを取り上げたということで、とても強い思いがあったのだと思います。

 

岡田有希子さんは自ら命をたったと報道されていますが、飛び降りたビルの屋上は、女の子が一人で柵を乗りこえるには不自然だとの意見もあります。若くして不審な死をとげたアイドル、ミュージシャンだけでなく人生相談をされている竹内まりやさんの作詞は心に響きました。紅白のステージから竹内まりやさんの人間性が伝わってきて素晴らしいステージでした。

 

 

紅白2019感想|ビートたけし

ビートたけしさんは、応援者として紅白にチラリと登場されたことはありますが、歌を披露するのは2019年が初めてで、芸人としての下積み生活を曲にした「浅草キッド」をツービートなどの映像をバックに歌いました。その目にはうっすらと涙!?

 


また、歌とは別に、2019年4月に『天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い』で祝辞を述べたことと絡めたのか、70回目の紅白で表彰状を述べました。たけしさんらしくギャグも盛り込まれていたので、慌てて司会の内村さんがストップをかけていて面白かったです。

 

ビートたけしさんの羽織がコマネチだったことには気がつきませんでした。たけしさんらしいですね。

 

 

紅白2019感想|欅坂46

大御所に負けじと注目だったのは欅坂46でした。特にセンターの平手友梨奈さんに注目が集まりました。2017年は、歌い終わった瞬間に倒れ、2018年は怪我で登場せず、2019年は歌い終わり、カメラの撮影が終わったところで倒れこみ、メンバーに担がれて舞台を去りました。

 

平手さんの憑依パフォーマンスと「僕は嫌だ」に涙するファン続出でした。

 

テレビカメラの撮影が終わったところで倒れたと聞いて心配しましたが、メンバーに運ばれている写真を見て安心しました。笑っているメンバーもいたし、周りに男性スタッフもいたので、本当に倒れていたらメンバーじゃなくて、男性スタッフが運びますからね。

 

 

 

紅白2019で一番面白かったコーナーは!?

紅白のお笑いコーナーといえば、お笑い芸人の方達が応援に駆けつけるコーナーがあって、お笑い担当は芸人さんってイメージがありましたが、2019年では、綾瀬はるかさんの「はるかカッター」が面白かったです。

 


 


スポンサーリンク

紅白2019見逃し動画

紅白の見逃しはオンデマンドで配信中です。

 

前半:放送翌日 2020年1月1日(水) 10時~
後半:放送翌日 2020年1月1日(水) 12時~

 

2020年1月15日(水)までの期間限定配信です。

 

オンデマンドを見る方法は2種類あります。一つはNHKのオンデマンドへ登録。二つ目はU-NEXTへ無料登録してからオンデマンドを登録して視聴する方法です。U-NEXT経由で登録すると、オンデマンド以外の動画、国内ドラマ、アニメ、海外ドラマ、映画、も視聴できるうえに、漫画、電子書籍も読むことができます

 

下記のU-NEXTの画像をクリックすると公式サイトへ移動しますので、無料登録してご覧ください!

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました