母の日に贈る義理の母へのプレゼントの予算!高くても安くてもダメ!

結婚して、初めての母の日、私は義理の母の好みを知らなくて何を贈ったらいいのか悩みました。それもそのはずです、好みを知っていると思っている実母に贈る時でも、悩んでいました。今回は、義理の母への贈り物の予算の相場や、どんなものを贈ると喜ばれるか、その時メッセージを添えるとすると何と書くべきかなど紹介していきますね。

 

母の日|義理の母への予算の相場

義理の母 相場2

 

義理の母への予算は、高価すぎても気を遣わせてしまうし、低すぎると喜んでもらえなそうだし、悩むところです。ですので、義理の母へは高すぎず低すぎない相場にしておけば無難です。

 

サラリーマンの月額のお小遣いが3万7千円ですので、その中からちょっと買えるくらいの金額が妥当です。

 

アンケート調査によると、母の日のプレゼントの予算の平均は約6,000円ですが、3,000円から5,000円くらいが一番多く、相場となっています。

 

無理して高価なプレゼントをすると、生活費を節約しているのかしら?息子にちゃんと食事を作ってくれているのかしら?と余計な心配をかけてしまうことにもなりかねません。

 

品物より気持ちが喜ばれますので、高価な贈り物をする必要はありません。

 

私は結婚当初、母の日や義理の母のお誕生日などにちょっと無理して贈り物をしていました。初めての母の日は、ちょうどワークショップをしていたこともあり、自分が作ってみたかったので、ブリザーブドフラワーでちょっとしたアレンジメントを贈りました。手作りです。金額はプライスレスでした^^

 

予算はその時に無理しない程度の金額で、大体3,000円くらいから5,000円くらいにしていましたが、世間の相場と同じだったので、やはりこのくらいの金額が負担もないので妥当だと思います。

 

母の日|義理の母へプレゼントすると喜ばれるもの

母の日 義理の母 相場3

 

私が、実の母にいろいろと送ってきたものは、エプロンやミニバラ、ブリザーブドフラワーなどありますが、喜ばれたのかどうかはわかりません。好みがわかっているはずの実の母ですらそんな状態なのに、義理の母へプレゼント何がいいのでしょうね。

 

まず、義理の母の好きなものや好きな色のリサーチをしておきたいですね。でも、リサーチが間に合わない場合、お花とスイーツのセットなどいかがでしょうか?

 

お花を贈って喜ばない女性はいないですよね。そして、甘いものが嫌いな女性もいないですよね。ただ、お花もいろいろあるので、好きな色くらいはわかっているといいですよ。また、カーネーションも花の色によって花言葉が違うので、気を付けたいですね。

 

カーネーションの色別の花言葉については別の記事でまとめて紹介しています。

 

↓こちらからご覧になれます。

≫カーネーションには色別に花言葉がある!意味を知ってから贈ろう!

 

私が結婚した当初、義理の母に贈ったものは、ワークショップに参加して作ったブリザーブドフラワーのリースでしたが、花は枯れることはないし、喜んでもらえたと思います。でも、お花はその一回で終わりました。

 

男の子しか育ててこなかった義理の母は、今まで母の日に贈られたことがなくて、どうしたらいいのかわからないので、もういいといわれてしまったからです。

 

それからは、どこかへ旅行に行ったらお土産を買って帰るようになりました。義理の母は、ストールをいろいろと集めているようだったので、肌触りのよいものを選んで贈りました。また、紅茶も好きということなので、珍しい紅茶を見つけては贈っていました。

 

義理の母の好みをリサーチ!

 


スポンサーリンク

母の日|義理の母のプレゼントに添える感謝のメッセージ

義理の母-相場-1

 

素直な気持ちを言葉にして、日々の感謝のメッセージを送ってみたらいかがでしょうか?

 

といっても、そんなに義理の母と仲良くない場合だと言葉に悩みますよね。いちばん無難なメッセージはやはりこれではないでしょうか。

 

お母さんへ いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

実の叔母のところに、お嫁さんが二人もきたのでいろいろな話を聞きました。長男のお嫁さんは、長い休みがあると子供を連れて遊びに来てくれたり、お誕生日だとか、母の日だとかいろいろなプレゼントをしてくれるそうです。

 

そして、必ずお手紙がついているそうです。叔母は、やはりそれはうれしいと話してくれました。

 

次男のお嫁さんは、お仕事もバリバリしているキャリアウーマンでそこは子どもをつくらないと決めているらしく、まったく連絡してこない。休みがあっても息子だけが帰ってくると・・・。

 

やはり、影で何かを言われていることもあるんですね・・・。

 

こういう話を聞くと

 

日ごろの感謝の気持ちを込めてほんの気持ちですが、贈ります。お母さんいつもありがとう

 

なんて言葉とともに、贈っておいたほうがいいのかもしれないなと思いますね。

 

まとめ

 

母の日のプレゼント、実の母への贈り物だったら趣味や好みがわかっているので、選びやすいですよね。でも、義理の母への贈り物は好みがわかってないとむずかしいですよね。

 

何を贈ったらよいかわからない時は、花とスイーツのセットを贈りましょう。洋菓子好きか和菓子好きか、わかっておくといいですね。

 

そして、プレゼントに添えるメッセージもあると感謝の気持ちが伝わりやすいですよね。

 

お母さんへ いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

など言葉を添えて贈るといいですね。

 

結婚して初めての母の日贈り物をするのもよいですし、ご主人と三人でお食事にいくとかでもいいですね。少しずつ仲良くなって義理の母のことをリサーチしておくと今後の母の日のプレゼント選びにも参考になりますよ。