都内の子育て中に車は必要!?不要!?持っていると便利な理由

都内に住んでいると電車やバスの乗り継ぎが便利なので、車を持っていなくても不便だと思うことはありませんが、子供が生まれると車があった方が便利かなと思ったりしますよね?子育て中に車は必要なのか必要ないのか?意見が分かれるところです。都内で子育て中に車を所有するメリット・デメリット、子育て中に車を持っていると便利なことを説明していきます。

 

都内で車を所有するメリットとデメリット

都内で車必要

 

都内在住の子育て世帯に車があると便利なことはなんでしょうか?考えられることをあげていきますね。また、車を持つデメリットについても説明していきます。

 

メリット1|急な体調不良のとき

都内 子育て 車2

 

急な子供の発熱や体調不良のとき車があると便利です。特に、夜中に急に子供の体調が急変したとき、車があるとすぐに夜間受付病院へ連れていくことが出来るのでとても便利です。

 

≪経験1≫
我が家でも、夜中に子供の鼻血が止まらなくなったことがあり、車で病院へ連れて行ったことがあります。注射を打ってもらい鼻血が止まったので、すぐに病院へ連れて行くことができてよかったです。

 

≪経験2≫
また、お隣のお子さんが体調が急変した時、ご主人が仕事でいなかったため、我が家の車で病院へ連れて行ったこともありました。

 

いざとなれば救急車を呼ぶこともできますが、重症ではない場合、119番していいものか迷いますし、子供の場合、お医者さんに診てもらい手当を受ければ治ることも多いため、車があると便利です。

 

メリット2|大きな買い物をするとき

 

特売で乳幼児用の紙おむつを大量に購入したときに持ち帰りのとき、車があると楽です。

 

子供が小さいと、定期的におむつなどを買いますので、子供連れでおむつを自宅まで持ち運ぶとき車があると便利です。

 

メリット3|外出するとき

 

東京都内は、電車、バスなどの公共交通機関が発達しているため、交通手段には困りませんが、子供がいると車があった方が便利です。

 

昼間の混んでいない時間帯であれば、ベビーカーで出かけても比較的スムーズに移動することができますが、帰宅が遅くなったりして乗客が増えてくると人混みの中ではベビーカーだと危険なときもあります。

 

また、子供が敏感に反応したり、泣き出したりすると子供にもストレスになりますが、車であれば子供もストレスなく移動することができます。

 

また、休日に家族でちょっと遠出をするときにも車があると便利です。

 

子供をいろいろなところへ連れていくこともできますし、車の中では泣いても、食事を与えても、おむつをかえることも自由にできます。

 

次に、車を保有するデメリットを説明します。

 

デメリット1|経費がかかる

都内 子育て 車3

 

車を所有すると固定費が必要になります。毎年自動者税の納付が必要です。

 

また、東京都23特別区は月極駐車場賃料が高額です。千代田区・中央区・港区・渋谷区・目黒区・新宿区の住宅地の月極駐車場賃料が4万円~5万円と高額です。家賃に相当する賃料が掛かるケースもあり、年間で支払う金額は50万円~60万円に至ることもあります。

 

さらに、車を持っていると車検・の故障・外出時の駐車スペースの確保に手間と費用が必要になります。

 

車検は2年に1回(新車は除く)義務化されています。

 

税金を含めた費用が12万円~20万円ほど掛かります。定期的に洗車もする必要があります。

 

ガソリン代がかかりますし、任意加入自動車保険への加入でも必要です。加入者の年齢と補償内容によって保険料の変動がありますが、年額4万円~20万円の負担が必要です。

 

東京都23特別区で自家用車を保有する最大なデメリットは、駐車場賃料が高額であることです。

 

カーシェアリングのメリットとデメリット

 

都内であっても、子育て中は車を持っていた方が便利ですが、経費を考えると大きな出費になりますよね。

 

最近利用者がどんどん増えている「カーシェアリング」や「レンタカー」を利用する方法もあります。

 

車を保有しないので高額な支出をすることがないところは最大のメリットです。

 

カーシェアリングやレンタルのデメリットとしては、小さな子供がいると車内で食事を与えたり、お菓子を食べたりする機会も多いため、汚さないように利用しなければなりません。

 

また、借りたいときにいつでも借りられるわけでもない点が不便です。

 

手元に自家用車があると気分的に安心感を得ることができますし、予約・制限時間が無く自由に使用できますよ。

 


スポンサーリンク

東京都内で車を保有すべき地域とは

 

東京都は東西に長く東は千葉県に隣接する江戸川区、西は山梨県に隣接する奥多摩町と広域です。また、南部には大島・新島・八丈町・小笠原諸島があります。

 

都内といっても広いですから、公共交通機関が整備されていない地域にお住いの場合は車は必須です。

 

まとめ

 

車を持つ一番のメリットは、行きたいところへいつでも周囲の気兼ねなく行くことができることです。

 

特に小さな子供がいると、急な発熱で病院へ連れていったり、休日に家族でお出掛けするときも自家用車なら自宅と同じようにリラックスして移動することができるので、親子ともども公共機関で移動するより楽です。

 

「カーシェアリング」「カーリース」「ライドシェアリング」の活用が流行り始めていますが、子育て中の小さな子供がいると汚れを気にしたり、いつでもすぐに利用できないなど不便な点もあります。

 

お金はかかりますが、子供が小さなうちは車を持っていた方が便利なことは確かです。