スカーレット104話ネタバレあらすじと感想!八郎にとって喜美子は…

スポンサーリンク

草間は喜美子に大きなヒントを与えると、幼い時に聞いた慶乃川の言葉を思い出しました。八郎は、穴窯をやめて欲しい理由を喜美子に打ち明けます。スカーレット104話のネタバレあらすじと感想をまとめています♪

 

スカーレットはオンデマンドで配信中です。オンデマンド見るならU-NEXTがおすすめです。

 

▼▼▼今すぐスカーレットを見る▼▼▼

 

スポンサーリンク

スカーレット104話ネタバレあらすじ

スカーレット104話 ネタバレ あらすじ

 


 

喜美子を心配するマツの依頼で、草間が川原家を訪れます。

 

マツからの手紙には、「喜美子の頑張っている姿を見に来て欲しい。」と書かれていたそうで、草間は喜美子の成長を楽しみにしていました。居合わせた八郎は、草間に挨拶をして早々に帰っていきます。

 

その後、喜美子は草間に、穴窯で自身が望む色を出すための仮説を説明します。それは2週間、窯焚きを続けるという、あまりにも過酷なものでした。「窯が崩れるかもしれん。次が最後の挑戦になる…。」と告げ、やりぬく覚悟を示します。

 

挑戦を後押しする草間は、以前、信楽で知り合った陶芸家の慶乃川のことを思い出します。草間は慶乃川が土を掘っていたことを喜美子に伝えます。土の配合のヒントになるかもしれないと、喜美子は慶乃川と同じ場所で土を掘ってみます。

 

土を掘ってみると、ザラッとしてあたたかい感触でした。「信楽の土はええ土や。」という慶乃川の言葉を思い出した喜美子は、この土を使って作品を作ることに決めました。

 

後日、信作と百合子の結婚写真の話題で盛り上がる中、信作は八郎に喜美子の計画を伝えます。「1.150度」の高温で2週間、窯焚きを続けるという、危険を伴う計画を知った八郎は喜美子を呼び出します。

 

八郎は、以前、喜美子から、「同じ陶芸家やのに、なんで気持ちがわからへんの?」と言われた話をし、

 

「僕にとって喜美子は女や。陶芸家やない。今までも、これからも。だから危ないことはせんといて欲しい。やめて欲しい。」

 

と喜美子を止めますが、喜美子の挑戦する意思は固く、ひとり不安が募ります…。

 

スカーレット104話の感想

マツは、喜美子を励まして欲しくて、草間に手紙を書いたとは。みんな喜美子を応援している。反対しているのは八郎だけ。しかも、八郎は心の底からやめろと反対している。草間と喜美子が楽しそうに話すなか、八郎はよそよそしい。八郎がとても孤立しているように見えます。成人してから信楽に来た八郎は川原家や信楽に受け入れられて馴染んでいるように見えましたが、結局は、よそ者で、なぜ八郎が反対するのか誰も真剣に知ろうとしないし、聞こうとしない。八郎が気の毒に思えました。

 

八郎が川原家から帰ろうとしたとき、マツが「カステラ包む?」と声をかけたら、「そんなん食べへんし」と、そんなものいらないと答えた八郎を見て、今、八郎が欲しいのは、喜美子との生活。それ以外は、何もいらない。という八郎の気持ちをマツと八郎のセリフで表したのかも、と思いました。

 

喜美子は八郎に対して、既に他人行儀ですね。八郎は穴窯を続けることに反対する理由をはっきりと言いましたが、喜美子はどう思ったのだろう!?喜美子としては、八郎と三津が仲良さげだったことでも、八郎に対して冷めたところがあるのかもしれない。けど、武志が可哀想です。大人にとても気を使っています。武志は我慢しているけど、心は泣いているはずです。

 


スポンサーリンク

スカーレット104話ツイッターの口コミ

 

スカーレット104話見逃し配信

スカーレットはオンデマンドで動画配信中!U-NEXTからオンデマンドの視聴ができます。登録するとスカーレット以外のドラマやアニメ、映画などの見放題がたくさんあるのでがっつり視聴することができますよ。なんと配信作品は13万本以上も!スカーレット104話はぜひ動画でご覧ください!

 

▼U-NEXTの公式サイトをクリックする▼
タイトルとURLをコピーしました